前交叉韧带完全断裂 自愈的案例 32

注目

前十字韌帶斷裂自然癒合在線治療

前十字韌帶斷裂自癒病例個案總記錄

前十字韌帶自然癒合FB社區

小红书

患者信息:

38岁,男性,日本人

受伤机制:

2022年9月11日,在一场足球比赛中,对手从左边撞了过来。当时,他用右脚支撑时,右膝不自然地扭曲了。他当天去了医院,第二天进行了MRI检查,得到以下诊断:

右膝前交叉韧带断裂(中间部分断裂,断端分离Ihara分类Ⅲ))

受伤后的进展:

9月15日,他去了另一家医院。拉赫曼测试结果为阳性。9月19日,通过关节穿刺提取了关节液。此后没有肿胀,膝盖可以弯曲到90度。

10月3日,他来到我们的诊所。拉赫曼测试阳性,杠杆臂测试阳性,轴移测试阴性。他开始了进化发展练习疗法,并在家中每天继续进行。10月18日再次进行了MRI检查。

确认前交叉韧带自然愈合。他继续进行自然化运动,并在12月15日和次年1月19日再次进行了MRI检查。

前交叉韧带的连续性得到了充分确认,松弛情况也有所改善。

讨论:

患者是前日本国家沙滩足球队的顶级运动员。他希望继续在竞技水平上踢足球,并频繁进行MRI检查,以密切监测愈合过程。尽管医生和所有相关的足球人员都建议手术,他选择了自然愈合,这是一个大胆的决定。根据影像诊断,受伤后四个月的愈合水平为II级。尽管担心他能否重返高水平足球,他经过康复治疗,在几个月后重返足球场。

参考文献:

A Professional Footballer’s Natural Healing of ACL Tear -case 32

注目

ACL Online Therapy for natural healing

The case reports of ACL natural healing

Patient Information:

38-year-old male, Japanese

Mechanism of Injury:

On September 11, 2022, during a soccer match, an opponent collided with him from the left. At that time, he twisted his right knee unnaturally when he braced with his right foot. He went to the hospital the same day and had an MRI the next day, receiving the following diagnosis:

ACL tear (mid-section tear with retracted ends (Ihara Classification III)

Post-Injury Progress:

On September 15, he visited another hospital. The Lachman test was positive. On September 19, joint fluid was extracted through joint aspiration. After that, there was no swelling, and the knee could flex up to 90 degrees.

On October 3, he visited our clinic. Lachman test was positive, lever arm test was positive, and pivot shift was negative. He started Evo-Devo exercise therapy and continued it daily at home. Another MRI was performed on October 18.

Natural healing of the torn anterior cruciate ligament was confirmed. He continued the naturalization exercises, and MRIs were performed again on December 15 and January 19 of the following year.

The continuity of the anterior cruciate ligament was sufficiently confirmed, and the looseness was also improved.

Discussion:

The patient was a former top athlete in the Japanese national beach soccer team. He wished to continue playing soccer at a competitive level and frequently had MRI scans to closely monitor the healing process. Despite recommendations for surgery from doctors and all related soccer personnel, he chose natural healing, which was a bold decision. The healing level as per imaging diagnosis was Grade II four months post-injury. Although there were concerns about his return to high-level soccer, he underwent rehabilitation and returned to soccer after several months.

References:

元日本代表選手の前十字靭帯断裂の自然治癒 ケース32

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

38歳、男性、日本人

受傷機転:

2022年9月11日、サッカーの試合中に、相手が左からぶつかってきた。その時、右足で踏ん張った時に、右膝が不自然な方向へ捻じれた。当日に病院へ行き、翌日にMRI撮影を行い、以下の診断を得た。

右膝十字靭帯断裂(中間部での断裂、かつ断端同士が離開しているIharaの分類Ⅲ))

受傷後の経過:

 9月15日に、別の病院を受診した。ラックマンテストの結果は陽性であった。9月19日に、関節穿刺によって関節液を摘出した。その後、腫脹は無く、膝屈曲90度まで可能であった。

 10月3日に、当院に来院した。ラックマンテスト陽性、レバーアームテスト陽性、ピボットシフト陰性であった。ナチュラリゼーション運動療法を開始し、自宅でも毎日継続した。10月18日に再度MRI検査を行った。

 断裂した前十字靭帯の自然癒合が確認された。その後もナチュラリゼーションを継続し、12月15日と翌年1月19日にMRI検査を行った。

 前十字靭帯の連続性も十分に確認でき、弛みも改善していた。

考察:

 患者は、元ビーチサッカーの日本代表選手というトップアスリートであった。まだ現役レベルでサッカーをやりたいという希望があり、頻繁にMRI撮影を行い、その治癒過程をつぶさに確認してきた。医者のみならず、周囲のサッカー関係者全員が手術を勧める中、自然治癒療法を選択したことは英断であった。画像診断による治癒レベルは、受傷後4カ月目に於いてグレードⅡであった。ハイレベルでのサッカーへの復帰は心配されたが、リハビリを重ね、数ヶ月後にはサッカーへ復帰していった。

参考文献:

2024年7月21日の新宿ナチュラリゼーションのご案内 Tokyo Evo-Devo Exercises seminar on July 21,2024

注目

7月21日(日)新宿ナチュラリゼーションEVOセミナー

ナチュラリゼーションEVO.のスタジオレッスン。あらゆる競技のアスリートから体にお悩みのある一般の方までご参加頂けます。

会場:Rental Studio My lesson Cスタジオ  新宿御苑前駅 2番出口 徒歩1分 

①13:00~14:50(110分)Cスタジオ
②15:00~16:50(110分)Cスタジオ

受講料(税込)
プライベートレッスン 
110分:30,000円

キャンセルは7日前までは無料です。6日〜前日はレッスン料の半額、当日は全額のご負担をお願い致します。悪天候等により中止になった場合は、この限りではありません。

ご予約は下のボタンをクリックしてください。

July 21st (Sun) Shinjuku Naturalization EVO Seminar

Evo-Devo EX. studio lesson. Anyone from athletes of all sports to ordinary people with physical problems can participate.

Place: Rental Studio My lesson C studio 1 minute walk from Shinjuku Gyoenmae Station Exit 2

①13:00-14:50 (110 minutes) C studio
②15:00-16:50 (110 minutes) C studio

Tuition (tax included)
Private lesson
110 minutes: 30,000 yen

For booking the session, please click the button below.

前十字韌帶斷裂癒合 變形癒合 案例9

注目

前十字韌帶斷裂自然癒合在線治療

前十字韌帶斷裂自癒病例個案總記錄

前十字韌帶自然癒合FB社區

小红书

患者信息:

30岁,男性,香港人

受伤机制:

2023年8月20日,在一场足球比赛中,他在带球过人的时候扭伤了左膝。当时听到了一声撕裂声。

受伤后的过程:

第二天,他去看了家庭医生,被认为需要进行MRI检查。9月12日,他进行了MRI检查,得到了以下诊断:

左膝前十字韧带断裂(近端断裂,断端分离Ihara分类III
内侧副韧带损伤 I级
外侧副韧带损伤 I级

在MRI检查后,他在理疗师的指导下继续进行了八天的功能恢复训练。规定的运动包括健身车、膝关节伸展运动和深蹲。从9月23日,他开始在我们诊所的线上自然愈合疗法。12月27日,他进行了第二次MRI检查。

根据MRI图像,撕裂的断端已经与后十字韧带粘合。12月28日,他在香港进行了面对面的会诊,拉赫曼测试和轴移测试均为阴性。之后,在第二年2月2日和4月27日进行了后续的MRI检查。

根据4月27日的MRI,影像诊断医生认为撕裂的前十字韧带显示出纤维重建的松弛和弱化的结构。5月4日,患者重新开始踢足球,但在比赛中滑倒时听到了一声无痛的撕裂声。

讨论:

该病例的结果是前十字韧带与后十字韧带粘合的畸形愈合。推测导致畸形愈合的原因有两个。一个是撕裂的断端不仅分离,而且不清楚。另一个是,在开始自然愈合疗法之前,已经进行了手术准备的康复训练。涉及膝关节完全伸展的运动被认为会阻碍自然愈合。未来,我们计划比较进行膝关节完全伸展运动的组与不进行的组的愈合结果。

参考文献:

Degenerative Healing of an ACL Tear – Case 9

注目

ACL Online Therapy for natural healing

The case reports of ACL natural healing

Patient Information:

30 years old, male, Hong Kong resident

Injury Mechanism:

On August 20, 2023, during a soccer match, while dodging an opponent’s tackle while dribbling, he twisted his left knee. At that moment, he heard a tearing sound.

Post-Injury Course:

The next day, he visited a family doctor and it was determined that an MRI was necessary. He underwent an MRI on September 12, receiving the following diagnosis:

ACL complete Tear (proximal tear with retraction of the ends (Ihara classification III)
Grade I MCL injury
Grade I LCL injury

After the MRI, he continued functional recovery training instructed by a physical therapist for eight days. The prescribed exercises included an exercise bike, knee extension exercises, and squats. From September 23, he began the online therapy online with Jun Matsumoto. On December 27, he had his second MRI scan.

Based on the MRI images, the torn ends had adhered to the PCL. On December 28, he had an in-person consultation in Hong Kong where both the Lachman test and pivot shift test were both negative. Subsequent MRIs were performed on February 2 and April 27 of the following year.

According to the radiologist’s opinion on the MRI from April 27, the torn ACL displayed a loose and weakened structure with ligament fiber reconstruction. On May 4, the patient resumed playing soccer but heard a painless tearing sound when he slipped during play.

Discussion:

The outcome of this case was deformity healing with adhesion to the PCL. Two possible causes for the deformity healing are proposed. One is that not only were the torn ends separated, but they were also unclear. The other is that rehabilitation for surgery had already been implemented before starting the natural healing therapy. Exercises involving full knee extension are considered to hinder natural healing. In the future, we plan to compare the healing results between groups that performed full knee extension exercises and those that did not.

References:

前十字靭帯断裂の変形治癒 ケース9

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

30歳、男性、香港人

受傷機転:

 2023年8月20日、サッカーの試合中に、ドリブルで相手のタックルをかわした時に、左膝を捻った。その時に断裂音を自覚した。

受傷後の経過:

 翌日、ファミリードクターを受診し、MRI検査が必要と判断された。9月12日にMRI検査を受け、以下の診断を得た。

左膝前十靭帯断裂(近位部での断裂、かつ断端同士が離開しているIharaの分類Ⅲ))
内側側副靭帯損傷 GradeⅠ
外側側副靭帯損傷 GrageⅠ

 MRI検査後、理学療法士から指導された機能回復訓練を8日間継続した。指導された運動メニューは、エアロバイク、膝伸展運動やスクワットなどが含まれていた。9月23日より、当院のナチュラリゼーション療法をオンラインにて開始した。12月27日に二回目のMRI検査を受けた。

 MRI画像から判断すると、断裂した両断端と後十字靭帯が癒合していた。12月28日に香港にて対面で面会し、ラックマンテスト及びピボットシフトテストを行ったが、両方ともに陰性であった。その後、翌年2月2日と4月27日にMRI検査を行った。

4月27日のMRIに対する画像診断医の見解では、断裂した前十字靭帯は、靭帯繊維の再構成を伴う、緩んで弱った形態を呈していた。5月4日、患者はサッカーのプレーを再開したが、プレー時に足を踏み外してしまい、その時に痛みを伴わない断裂音を聞いた。

考察:

 本症例の結果としては、後十字靭帯への癒着を伴う変形治癒であった。変形治癒に至った原因を推測し、2つの原因をここに挙げる。一つは、断裂端同士が離開しているだけではなく、断裂端が不明瞭であった。もう一つは、自然治癒療法の開始前に、手術へ向けたリハビリを既に実施していたことが挙げられる。膝の完全伸展を伴う運動は、自然治癒の妨げになると考えている。今後、症例を更に重ね、膝完全伸展運動を行った群と行わなかった群との治癒成績の比較検証を行うつもりである。

参考文献:

前十字韌帶斷裂癒合 變形癒合 案例8

注目

前十字韌帶斷裂自然癒合在線治療

前十字韌帶斷裂自癒病例個案總記錄

前十字韌帶自然癒合FB社區

小红书

患者信息:

55岁,女性,日本人

受伤机制:

2022年3月7日滑雪时摔倒,右滑雪板插入雪中。

受伤后的过程:

事故当天被送往急救医院,X光显示没有骨折。次日,她去看了当地的骨科医生,通过关节穿刺抽取了关节液。3月15日的MRI显示以下诊断结果:

右膝前十字韧带断裂(近端1/3处断裂,断端分离,根据Ihara分类为III型)。

2022年4月18日起,她在我院开始在线自然疗法。她进行了四个月的定期在线治疗,并于8月17日进行了随访MRI。在此期间,她没有佩戴任何功能性支具。

第二次MRI没有显示前十字韧带的明显愈合。然而,胫骨侧的紧张表明可能在非原位愈合。治疗继续进行,第三次MRI于11月11日进行。

第三次MRI也没有显示前十字韧带的明显自然愈合。然而,对矢状面和冠状面的图像进行综合检查后,判断胫骨端已愈合到股骨外髁内侧面。在线治疗停止,开始PRP注射治疗。2023年8月31日进行另一项MRI检查。

由于前十字韧带已愈合到股骨外髁内侧面,无法确认其自然愈合到原始位置。

讨论:

在这个病例中,断裂的前十字韧带未能以理想的方式自然愈合。结果是愈合到股骨外髁内侧面。功能上,关节稳定,患者报告在日常生活中没有问题。尽管未建议本患者使用支具,但此后我们建议所有患者使用支具。

参考文献:

Degenerative Healing of an ACL Tear – Case 8

注目

ACL Online Therapy for natural healing

The case reports of ACL natural healing

Patient Information:

55 years old, female, Japanese

Mechanism of injury:

On March 7, 2022, while skiing, she fell with her right ski stuck in the snow.

Progress after injury:

She was taken to an emergency hospital on the day of the accident, where X-rays showed no fractures. The next day, she visited a local orthopedic clinic, where joint fluid was removed through aspiration. An MRI on March 15 revealed the following diagnosis:

Complete ACL tear of the right knee (proximal 1/3 tear with separation of the torn ends, classified as Type III according to Ihara’s classification).

From April 18, 2022, she started online therapy with Jun Matsumoto. She received regular online treatments for four months, and a follow-up MRI was conducted on August 17. During this period, she did not wear any functional braces.

The second MRI did not show clear healing of the torn ACL. However, the tension in the tibial side suggested possible healing at a non-original location. Therapy continued, and a third MRI was conducted on November 11.

The third MRI also did not show clear natural healing of the torn ACL. However, a comprehensive examination of the sagittal and coronal images suggested that the tibial end had healed to the lateral wall of the intercondylar notch. Online treatment was stopped, and PRP injection therapy was started. Another MRI was conducted on August 31, 2023.

Since the ACL had already healed to the lateral wall, natural healing to its original location could not be confirmed.

Discussion:

In this case, the torn ACL could not heal naturally in an ideal manner. The result was a deformed healing to the lateral wall of the intercondylar notch. Functionally, the knee joint was stable, and the patient reported no issues in daily life. Despite not recommending braces for this patient, braces are now recommended for all subsequent patients.

References:

前十字靭帯断裂の変形治癒 ケース8

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

55歳、女性、日本人

受傷機転:

 2022年3月7日、スキー中に転倒した際、右スキー板が雪に刺さったまま倒れこんだ。

受傷後の経過:

 事故した当日に救急病院へ運ばれ、X線撮影を行ったが骨折は無かった。翌日、地元の整形外科を受診し、関節穿刺によって関節液を抜かれた。3月15日にMRI撮影を行い、以下の診断を得た。

右膝前十字靭帯断裂(近位1/3での断裂、かつ断端同士が離れている。(Iharaの分類Ⅲ))

 2022年4月18日より、当院のナチュラリゼーション療法をオンラインで開始した。4ヶ月間、定期的にオンライン治療を受診し、8月17日に再度MRI撮影を行った。尚、この期間、機能的装具は装着していなかった。

 2回目のMRI検査では、断裂した前十字靭帯が癒合している様は確認できなった。しかしながら、脛骨側の断端が緊張していることから、本来の位置ではない箇所に癒合している可能性があった。その後もナチュラリゼーションを継続し、11月11日に3回目のMRI撮影を行った。

 3回目のMRI検査でも、断裂した前十字靭帯の自然治癒は明確には確認できなかった。しかしながら、矢状面と前額面の写真を総合的に精査すると、脛骨側の断端が大腿骨外顆内側面に癒合している判断した。その後、オンライン治療は中止し、PRP注射による再生医療を開始した。翌年の2023年8月31日に再度MRI撮影を行った。

 既に、大腿骨外顆内側面へ癒合していたことから、本来の位置へ自然治癒することは確認できなかった。

考察:

 本症例では、断裂した前十字靭帯が理想的な形態で自然治癒することは出来なかった。結果としは、大腿骨外顆内側面へ癒合という変形治癒であった。機能的には、関節は安定しており、患者曰く、日常生活には問題ないレベルまで回復した。患者へは、装具の装着を指示しなかったが、本症例以降、全ての患者へ装具装着を指示している。

参考文献:

前十字韌帶斷裂癒合 變形癒合 案例7

注目

前十字韌帶斷裂自然癒合在線治療

前十字韌帶斷裂自癒病例個案總記錄

前十字韌帶自然癒合FB社區

小红书

患者資料:

年齡:13歲
性別:女性
國籍:日本人

受傷機制:

受傷日期:2023年6月10日
細節:在籃球練習比賽中扭傷了左膝。

受傷後的經過:

MRI日期:2023年6月12日
診斷:左前十字韌帶完全撕裂,兩端鬆弛(Ihara分級II)。

雖然影像顯示是新鮮外傷,但患者過去兩年內曾多次感覺膝蓋脫位,但症狀很快消失。檢查時沒有進行關節穿刺取液。受傷後,沒有出現膝蓋崩潰的情況。沒有進行醫院康復治療,患者於2023年6月24日開始我們的自然化療法,持續四個月。2023年10月25日進行了隨訪MRI檢查。

結果:

第二次MRI顯示前十字韌帶撕裂沒有自然癒合的跡象。

討論:

在這個案例中,沒有觀察到自然癒合,且其他結構如後十字韌帶的黏連變形也很少。儘管撕裂的形式通常允許自然癒合,但失敗的確切原因尚不清楚。可能的兩個原因是:
1. 研究表明,年輕女性的韌帶自然癒合成功率低於成人或同齡男性。
2. 上學通勤問題。雖然建議避免長距離步行或騎自行車,但家庭情況有時無法避免。因此,患者並不能總是避免這些活動。
未來需要改進治療方法和生活環境,以提高年輕患者的癒合率。

参考文献:

Degenerative Healing of an ACL Tear – Case 7

注目

ACL Online Therapy for natural healing

The case reports of ACL natural healing

Patient Information:

Age: 13 years
Gender: Female
Nationality: Japanese

Mechanism of Injury:

Date of Injury: June 10, 2023
Details: Twisted the left knee during a practice basketball game.

Progress after injury:

MRI Date: June 12, 2023
Diagnosis: Complete rupture of the left anterior cruciate ligament (ACL) with curved ends (Ihara Classification II).

Despite fresh trauma being confirmed by imaging, the patient had felt the knee dislocate several times over the past two years, but these symptoms quickly resolved each time. No joint fluid was aspirated during the examination. Post-injury, there were no knee collapses. Without undergoing hospital rehabilitation, the patient started our natural therapy on June 24, 2023, continuing for four months. A follow-up MRI was performed on October 25, 2023.

Results:

The second MRI showed no signs of natural healing of the ruptured ACL.

Discussion:

In this case, natural healing was not observed, and there was minimal deformity or adhesion to other structures like the posterior cruciate ligament. Despite having a tear pattern that typically allows for natural healing, the exact reasons for the failure remain unclear. Two potential reasons are:
1. Research indicates that younger females have a lower success rate of natural ligament healing compared to adults or males of the same age.
2. The issue of commuting to school. Although advised to avoid long-distance walking or cycling, family circumstances sometimes prevented this. Thus, the patient was not always able to avoid these activities.
Future improvements in treatment methods and living environments are necessary to enhance healing rates in younger patients.

References:

前十字靭帯断裂の変形治癒 ケース7

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

13歳、女性、日本人

受傷機転:

 2023年6月10日、バスケットボールの練習試合中に自力で転倒し、左膝を捻った。

受傷後の経過:

 6月12日にMRI撮影を行い、以下の診断を得た。

左膝前十靭帯断裂(断端同士が弛んでいる。(Iharaの分類Ⅱ))

 画像から新鮮外傷と確認できるが、二年前から膝が外れるたように感じたことが数回あった。しかし、直ぐにそのような症状は消失していた。今回の診察時に関節穿刺による関節液採取は行われなかった。受傷後、膝崩れは無かった。病院でのリハビリは受けず、当院のナチュラリゼーション療法を6月24日から開始した。当院のナチュラリゼーション療法を4ケ月間継続し、10月25日に再度MRI撮影を行った。

結果:

 二回目のMRI検査では、断裂した前十字靭帯の自然治癒は確認できなかった。

考察:

 本症例では、自然治癒は確認できず、更に、後十字靭帯等へ癒着による変形治癒も殆ど確認できなかった。十分に自然治癒可能な断裂形態にもかかわらず、自然治癒が成功しなかった理由は正確には分からないが、考えられる2つの理由を挙げる。一つは、低年齢女子の靭帯は、成人や同年代の男子に比べて自然治癒の成功率は低いという研究報告がある。二つ目は、通学時の移動手段の問題である。長距離の徒歩や自転車での通学を控える旨を伝えているが、家庭の事情により、送迎が出来ない場合がある。同症例の場合は、常に送迎が出来る環境ではなかった。今後、低年齢層の治癒率を向上させるために、治療法や生活環境に新たな工夫を施す必要性がある。

参考文献:

 

前十字韌帶斷裂癒合 變形癒合 案例6

注目

于2024年4月27日在上海治療課程

于2024年5月4日在桃園治療課程

前十字韌帶斷裂自然癒合在線治療

前十字韌帶斷裂自癒病例個案總記錄

前十字韌帶自然癒合FB社區

小红书

患者資訊:

46歲,女,匈牙利人

損傷機制:

2023年1月6日,我在下坡滑雪時,不慎跌倒在冰坡上,摔倒了。 由於無法站立,他被救援隊救起。

傷後進展:

我從斯洛伐克回到匈牙利,諮詢了一位骨科醫生。 透過關節穿刺術去除關節液。 1月9日進行了MRI掃描,得到以下診斷。

右膝前十字韌帶斷裂(斷裂殘端翻轉(Ihara分類III))
右膝內側副韌帶損傷
右膝外側副韌帶損傷

1月16日,他再次去看骨科醫生。 拉赫曼測試呈陽性。 然後,開始進行一系列包括全膝伸展在內的運動練習。

1月20日,我們開始線上治療,開始進化發展練習。

2月17日,又進行了一次核磁共振檢查。 這些影像是在膝蓋完全伸展的情況下拍攝的。 在此 MRI 影像中無法確認自發性癒合。 事實上,樹樁之間的距離已經擴大並且惡化了。 脛骨殘端仍處於翻轉位置且沒有改善。

此後,他繼續進化發展練習,並於 5 月 18 日進行了第三次 MRI 掃描。

這次核磁共振掃描並未證實患者自行康復,但醫師進行的拉赫曼測試顯示陰性結果。 此後,進化發展聯係停止,並在匈牙利開始物理治療。 9月18日,進行了第四次MRI檢查。

這次 MRI 顯示沒有重大變化。 患者右膝活動範圍有限,有殘餘膝關節功能障礙。 他正在繼續運動療法以改善他的功能障礙。 第五次 MRI 於 2024 年 2 月 27 日進行。

診斷影像專家的報告確定前十字韌帶撕裂,但一些纖維仍然相連。 儘管患者能夠過著正常的日常生活,但右膝活動範圍仍然有限,目前正在接受物理治療。

考慮:

在這種情況下,撕裂的前十字韌帶不僅根本沒有癒合,而且還存在明顯的功能性損傷,自然癒合可以說是失敗了。 我認為失敗的可能原因有四種。 第一個是撕裂遠端翻轉,使其難以自然癒合。 其次,透過關節穿刺術去除血液。 第三,受傷後早期進行包括完全伸展在內的物理治療。 第四,在受傷後早期以完全伸展位置進行了第二次 MRI 檢查。 基於這些結果,我們希望努力改進未來的治療方法。

参考文献:

Degenerative Healing of an ACL Tear – Case 6

注目

ACL Online Therapy for natural healing

The case reports of ACL natural healing

Patient information:

46 years old, female, Hungarian

Mechanism of injury:

On January 6, 2023, while skiing downhill, she fell on an ice slope and fell down. She was unable to stand up and she was rescued by rescue teams.

Progress after injury:

She returned to Hungary from Slovakia, where she consulted an orthopedic surgeon. She had her joint fluid removed by arthrocentesis. She had an MRI done on January 9th, and she received the following diagnosis.

Complete ACL tear (displaced stump (Ihara classification III))
Medial collateral ligament injury
Lateral collateral ligament injury

On January 16th, she visited the orthopedic surgeon again. The Lachman test was positive. She then began range of motion exercises, including full knee extension.

On January 20th, she started online therapy with Jun Matsumoto and began Evo-Devo Exercises.

On February 17th, she had another MRI scan. The images were taken with the knee fully extended. The latest MRI images did not confirm her spontaneous recovery. In fact, the distance between the stumps had widened and worsened. The tibial stump remained in a displaced position and had not improved.

After that, she continued Evo-Devo Exercises and had a third MRI scan on May 18th.

Spontaneous recovery was not confirmed in this MRI scan, but the Lachman test conducted by the doctor showed negative result. She then discontinued Evo-Devo Exercises and started physical therapy in Hungary. On September 18th, her fourth MRI was performed.

This MRI showed no major changes. The patient had limited range of motion in his right knee and had residual knee dysfunction. He is continuing exercise therapy to improve his functional impairment. The fifth MRI was performed on February 27, 2024.

The diagnostic imaging specialist’s report determined that the ACL was torn, but that some of the fibers were still connected. Although the patient is able to lead a normal daily life, she still has limited range of motion in his right knee and is currently undergoing physical therapy.

Consideration:

In this case, not only did the torn ACL not heal well, but there was still clear functional impairment, and natural healing could be said to have failed. There are four possible causes of failure. The first is that the distal end of the stum had turned over, making it difficult for it to heal naturally. Second, blood had been removed by arthrocentesis. Third, physical therapy including full extension was performed early after the injury. Fourth, a second MRI was taken in the fully extended position early after the injury. Based on these results, we would like to strive to improve future treatment methods.

References:

前十字靭帯断裂の変形治癒 ケース6

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

46歳、女性、ハンガリー人

受傷機転:

 2023年1月6日、スキーの滑降時にアイスバーンの上で転倒し、転げ落ちた。立ち上がれず、レスキュー部隊に救助された。

受傷後の経過:

 スロバキアからハンガリーに戻り、整形外科を受診した。関節穿刺によって関節液を抜いた。1月9日にMRI撮影を行い、以下の診断を得た。

右膝前十字靭帯断裂(断裂した断端が翻転(Iharaの分類Ⅲ))
右膝内側側副靭帯損傷
右膝外側側副靭帯損傷

 1月16日、整形外科を再度受診した。ラックマンテストは陽性であった。その後、膝完全伸展を含む関節可動域訓練を開始した。

 1月20日、当院のオンライン治療を開始し、ナチュラリゼーション療法を開始した。

 2月17日、再度MRI撮影を行った。膝完全伸展位での撮影であった。今回のMRI画像では、自然治癒は確認できなかった。むしろ、断端同士の距離は広がり悪化していた。脛骨側の断端は、翻転位のまま改善されていなかった。

 その後もナチュラリゼーション療法を継続し、5月18日に三回目のMRI撮影を行った。

 今回のMRI撮影でも自然治癒は確認されなかったが、医師によるラックマンテストでは陰性を示していた。その後、ナチュラリゼーション療法を中止し、ハンガリー国内で理学療法を開始した。9月18日、4回目のMRI撮影を行った。

 今回のMRIでも、大きな変化は無かった。患者は、右膝の可動域制限を有しており、膝の機能障害が残存していた。機能障害を改善するために、運動療法を継続している。2024年2月27日に5回目のMRI撮影を行った。

 画像診断医によるレポートでは、前十字靭帯は断裂しているが、僅かに一部の線維が繋がっているという診断であった。患者はは、日常生活をそれなりに送れているが、右膝の可動域制限は残存しており、現在も理学療法を継続している。

考察:

 今回のケースは、断裂した前十字靭帯が殆ど癒合しないばかりか、明らかな機能障害が残存しており、自然治癒は失敗したと言える結果になった。考えられる失敗の原因としては4つあると考える。一つ目は、末梢の断裂端が翻転しており、そもそも自然治癒しにくい形態であったこと。二つ目は、関節穿刺によって血種が抜かれていたこと。3つ目は、受傷後早期に完全伸展を含む理学療法を行っていたこと。4つ目は、受傷後早期に2回目のMRIを完全伸展位で撮影したこと。今回の結果を踏まえ、今後の治療法の改善に努めていきたい。

参考文献:

前十字韌帶斷裂癒合 變形癒合 案例5

注目

前十字韌帶斷裂自然癒合在線治療

前十字韌帶斷裂自癒病例個案總記錄

前十字韌帶自然癒合FB社區

小红书

患者資訊:

52歲,日本人,女 損傷機制: 2022年11月3日,在一場沙灘排球比賽中,她受攻擊後左腿著地,扭傷同側左膝並倒地。

傷後進展:

受傷後,他在另一家骨科診所接受了電療等治療。 11月21日,他去看了骨科醫生,並拍了X光片,但沒有發現骨折。 此時,透過關節穿刺術移除關節液。 我於 11 月 26 日進行了 MRI 掃描,並得到以下診斷。

前十字韌帶撕裂
撕裂的肢體不清楚(Ihara分類IV

治療開始:

12月3日開始在本院進行線上治療,並繼續在家中進行歸化運動治療,每日3次。 治療開始 4 個月後進行了第二次 MRI。 請注意,功能性牙套並非每天佩戴。

從MRI影像來看,無法確認撕裂的前十字韌帶的殘端已經融合在一起。 遠端前十字韌帶殘端與後十字韌帶融合。 此時,醫生對拉赫曼測試的評估為陰性。 隨後,他進行了關節活動度練習和肌力訓練,能夠恢復到日常生活沒有任何問題的程度。 同年7月,他逐漸恢復打沙灘球。 打球時,由於身體過度向左扭轉,他感到膝蓋不穩定,所以他帶著膠帶和支撐物打球。

7月30日,我在打沙灘球時,再次扭傷左膝。 我的膝蓋腫了好幾天,所以我就放輕鬆了。

10月9日,我會見了患者並進行了手動檢查。 它們是樞軸移位測試(±)和拉克曼測試(-)。

12月9日,進行了第三次MRI檢查。 第三張 MRI 影像與第二張相比沒有顯示出重大變化,並且認為隨著畸形的癒合,形態保持固定。

考慮:

在這個案例中,患者接受了大約一年的治療和支持,但沒有獲得預期的結果。 我們假設有三個原因導致了這種畸形的癒合。 第一種是透過關節穿刺去除血液。 其次,我沒有每天配戴功能性矯正器。 第三,前十字韌帶斷裂形態不明確,難以自然癒合。 此病例發生後,患者被指導配戴功能性矯正器。

参考文献:

Degenerative Healing of an ACL Tear – Case 5

注目

ACL Online Therapy for natural healing

The case reports of ACL natural healing

Patient information:

52 years old, Japanese, female

Mechanism of injury:

On November 3, 2022, during a beach ball volleyball game, when she landed on his left foot after an attack, her ipsilateral left knee twisted and she collapsed.

Progress after injury:

After her injury, she received treatment including electrical therapy at another orthopedic clinic. She visited an orthopedic surgeon on November 21st, and X-rays were taken, but no fractures were found. At this time, she had her synovial fluid removed with an arthrocentesis. She had an MRI scan on November 26th, and she received the following diagnosis.

anterior cruciate ligament tear
The torn limb is unclear (Ihara classification IV)

Treatment plan:

She started online treatment with Jun Matsumoto on December 3rd and continued her Evo-Devo Exercise therapy three times daily at her home. She had a second MRI scan 4 months after starting treatment. She still did not wear her functional brace on a daily basis.

Follo-up and Outcomes

Her MRI images showed no clear connection between the stumps of her torn ACL. Her distal ACL stump was connected with the PCL. At this time, her doctor’s evaluation of the Lachman test was negative.

She then performed range of motion exercises and strength training, and her condition recovered to a level where she had no problems in her daily life. She gradually returned to playing beach ball in July of the same year. When she played, she twisted excessively to her left and felt instability in her knee, so she played with tape and a brace on.

On July 30th, while she was playing beach ball, she twisted her left knee again. Her knee was swollen for several days, so she was kept on bed rest.

On October 9th, Jun Matsumoto met with the patient and performed a manual examination. He had a pivot shift test (±) and a Lackman test (-).

On December 9th, her third MRI was performed. Her third MRI image showed no major changes compared to the second, suggesting that its morphology remained fixed as the degenerative healing.

Consideration:

In this case, the patient had been treated and supported for about a year, but the expected results were not obtained. I hypothesized that there were three causes that led to this deformity healing. The first is the removal of blood and edema by arthrocentesis. Second, she did not wear a functional orthosis on a daily basis. Third, the rupture pattern of the ACL was unclear, making it difficult for it to heal naturally. After this case, the later patients were instructed to wear a functional orthosis.

References:

前十字靭帯断裂の変形治癒 ケース5

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

52歳、日本人、女性

受傷機転:

 2022年11月3日、ビーチボールバレーの試合中に、アタック後の着地を左片足で行った時に、同側左膝を捻って崩れ落ちた。

受傷後の経過:

 受傷後、他の接骨院にて電気治療等の治療を受けた。11月21日に整形外科を受診し、レントゲン撮影を行うも骨折は無し。この時、関節穿刺にて関節液を抜いた。11月26日にMRI検査を行い、以下の診断を得た。

前十字靭帯断裂
断裂した断端が不明瞭(Iharaの分類Ⅳ

治療開始

 12月3日より当院のオンライン治療を開始し、ナチュラリゼーションの運動療法を毎日3回、自宅で継続した。治療開始から4ヶ月後に2回目のMRI撮影を行った。尚、機能的装具は日常的に装着しなかった。

 MRI画像から、断裂した前十字靭帯の断端同士の癒合は確認できなかった。末梢の前十字靭帯断端は後十字靭帯と癒合していた。この時点で、医師によるラックマンテストの評価は陰性であった。その後、関節可動域訓練や筋力トレーニングを行い、日常生活では全く問題を生じないレベルまで回復していた。同年7月からビーチボールを段階的に復帰した。プレー時に、過度に左に体を捻ると、膝に不安定性を感じていた為、テーピングとサポーターを装着し、プレーを行っていた。

 7月30日、ビーチボールのプレー中に、再度左膝を捻った。膝は数日間腫脹したので、安静を保った。

 10月9日、患者と対面し、徒手検査を行った。ピボットシフトテスト(±)、ラックマンテスト(-)であった。

 12月9日、三回目のMRI撮影を行った。

 3回目のMRI画像では、2回目と大きな変化はなく、変形治癒のまま形態は固定していると考えられる。

考察:

 今回のケースでは、患者を約一年間に渡り治療とサポートをしてきたが、期待した通りの結果は得られなかった。今回の変形治癒に至った原因が3つあると推測した。1つ目は、関節穿刺検査による血種の除去。2つ目は、機能的装具を日常的に装着しなかったこと。3つめは、前十字靭帯の断裂パターンが不明瞭で、自然治癒が困難な状態であったことである。このケースを境に、患者には機能的装具の装着を指示している。

参考文献:

前十字交叉韧带断裂愈合 变形愈合 案例4

注目

前十字韌帶斷裂自然癒合在線治療

前十字韌帶斷裂自癒病例個案總記錄

前十字韌帶自然癒合FB社區

小红书

患者信息:

33岁,男性,马来西亚人

损伤机制:

2022年7月21日,患者在打羽毛球时,右脚向前伸去捡起落在自己面前的羽毛球,结果右侧倒地。 他当天去了医院,但无法立即进行核磁共振扫描。 未进行膝关节穿刺术。 随后,患者接受了几次针灸治疗和两周的物理治疗,包括全膝伸展。 我于 9 月 8 日接受了 核磁共振检查,诊断如下。

前十字交叉韧带完全断裂
(近端部分撕裂,分类为I型,撕裂端相对)
内侧副韧带扭伤
外侧半月板撕裂

2022年9月17日起,他跟松本淳开始了网上自然治疗。 患者连续 3 个月没有佩戴限制活动范围的功能性护膝。 2023 年 5 月 9 日,他接受了第二次 核磁共振检查。

核磁共振检查结果

断裂的前十字交叉韧带已经退化,无法确认明显的连续性。

考虑:

虽然这种类型的前交叉韧带断裂往往会自然愈合,但并未获得预期的结果。 列出导致失败的三个原因。 第一,他没有佩戴功能性支架。 其次,治疗开始得有点晚,是在受伤两个月后才开始的。 第三,在开始治疗之前进行物理治疗以完全伸展膝盖。 基于这次失败,我们将重新考虑未来的治疗计划。

参考文献:

前十字靭帯断裂の変形治癒 ケース4

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

33歳、男性、マレーシア人

受傷機転:

 2022年7月21日、患者はバドミントンのプレー中に、 目の前に落ちたシャトルを拾おうと右足を前に出したところ、右側に倒れた。 同日中に病院に行ったが、すぐにはMRI検査を受けられなかった。 膝関節穿刺検査は行われなかった。 その後、患者は数回鍼治療を受け、膝の完全伸展を含む2週間の理学療法を受けた。 9月8日にMRI検査を受け、次のように診断された。

前十字靭帯完全断裂
(近位部が断裂し、I型に分類され、断裂端が向かい合った状態)
内側側副靭帯捻挫
外側半月板断裂

 2022年9月17日から、当院のオンラインでのナチュラリゼーション治療を開始した。可動域を制限する機能性膝装具を装着せずに3か月間継続した。 2023年5月9日、2回目のMRI検査を受けた。

考察:

 このタイプの前十字靭帯断裂は、自然治癒し易いにもかかわらず、期待された結果は得られなかった。 失敗に至った原因を 3 つ挙げる。 1つ目は、彼が機能的な装具を着用していなかったということ。 次に、治療開始が受傷から2か月後と少し遅かったこと。 第三に、治療開始前に膝を完全伸展させる理学療法を実施したこと。 今回の失敗を踏まえて、今後の治療計画を再検討していく。

参考文献:

Degenerative Healing of an ACL Tear – Case 4

注目

ACL Online Therapy for natural healing

The case reports of ACL natural healing

Patient information:

33 year old, male, Malaysian

On July 21st, 2022, he was playing badminton. When he put his right foot forward to pick up the shuttlecock that was falling in front of him, he fell to his right side. He went to the hospital but was not referred for an MRI immediately. No joint fluid was extracted through knee arthrocentesis. He underwent acupuncture several times and participated in two weeks of physiotherapy, including knee extension. On September 8, he was scanned for the MRI and diagnosed as:

a complete ACL tear
(ruptured at the proximal part, classified as type I, in which the torn ends are facing each other)
MCL sprain
Lateral meniscus tear

Starting September 17, 2022, he engaged in Evo-Devo Exercises with Jun Matsumoto, continuing for three months without wearing a functional knee brace restricting the range of motion. On May 9, 2023, he was scanned for the second MRI.

MRI evaluation:

The torn ACL had degenerated and no clear continuity could be confirmed.

Consideration and reflection:

Even though the type of the ACL tear is easier to heal naturally, the expected healing failed. There are three possible causes. The first was that he did not wear a functional brace. Second, treatment started two months after the injury, which was relatively late. Third, before starting treatment, physical therapy with full knee extension was performed. Based on this failure, future treatment plans will likely be reconsidered.

References:

前十字韌帶斷裂自然愈合 案例 31

注目

在香港進化發展運動課程於 2023 年 12 月 28 日

前十字韌帶斷裂自然癒合在線治療

患者信息:

國籍:俄羅斯
性別:男
年齡:16歲

受傷經過:

2022年4月4日,患者在踢足球時扭傷右膝,當天進行了核磁共振掃描。

診斷:

前十字韌帶完全断裂(中間部分,類型2),半月板無損傷跡象,後十字韌帶有輕微損傷。

治療方法:

患者於2022年5月10日開始與松本淳進行線上療法。治治療計畫僅包含4個月的進化發展運動。在此療程中,患者被指示不得進行其他形式的運動。此外,在治療過程中他沒有使用膝部支具。治療三個月後,進行了下一次核磁共振掃描。

核磁共振掃描評估:

断裂的前十字韌帶恢復了連續性,但其纖維很薄。 根據 井原分類,該病症屬於 3級。 在 Lachman 試驗中,膝關節不穩定性評分為 2 分(滿分 3 分)。 然而,股四頭肌恢復良好。 基於這些混合結果,決定繼續保守治療。

意外:

2022年11月8日,患者不顧父親的勸告,開始打籃球。大約遊戲開始15分鐘後,他突然聽到膝蓋有點擊聲,隨後出現劇烈疼痛,立即停止遊戲。隨後,他的膝蓋開始腫脹。11月27日進行的核磁共振顯示前十字韌帶沒有完全斷裂,並且與前一次核磁共振結果沒有顯著變化。

前十字韌帶重建手術:

鑑於患者年輕,膝部仍有不穩定性,以及再次受傷的恐懼,最終決定進行前十字韌帶重建手術。

考慮:

治療期間不使用膝部支具可能會對癒合過程產生負面影響。此外,患者早期恢復運動,導致了意外的發生,這表明需要對受傷後恢復運動的方法更加謹慎。這些方面突顯了需要進一步研究和評估治療方案的必要性。

在香港進化發展運動課程於 2023 年 12 月 28 日

參考文獻

前十字靭帯断裂の自然治癒からの手術 – ケース31

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

  • 国籍: ロシア
  • 性別: 男性
  • 年齢: 16歳

受傷機転:

2022年4月4日、患者はサッカーをしている際に右膝をひねり倒れる事故に遭う。その日にMRI撮影が行われた。

診断:

  • 前十字靭帯(ACL)の完全断裂(中間部の断裂、タイプ2)
  • 半月板に損傷の兆候はない。
  • 後十字靭帯(PCL)にわずかな損傷がある。

治療:

患者は2022年5月10日に当院のナチュラリゼーション療法をオンラインにて開始した。この治療中、患者は他のリハビリ運動は禁止された。治療中に膝装具は使用しなかった。治療開始から3ヶ月後、再度MRI撮影を行った。

MRI評価:

断裂した前十字靭帯は、その連続性を回復したが、その繊維は細いものであった。状態はIhara分類では、gradeIIIに分類される。ラックマンテストでは、膝の不安定性は、3段階中の2と評価された。しかしながら、大腿四頭筋は順調な回復を示していた。これらの混在する結果を踏まえ、保存療法を更に継続することになった。

事故:

2022年11月8日、父の忠告に反して、患者はバスケットボールを始めた。ゲーム開始から約15分後、膝にクリック音と激しい痛みを感じ、直ちにプレーを中止した。その後、膝が腫れだした。11月27日に撮影されたMRIでは、前十字靭帯の完全な断裂は確認されず、前回のMRI結果から大きな変化が見られなかった。

前十靭帯再建手術:

患者はまだ若いこと、膝の不安定性が残存していること、再受傷への不安から、最終的に前十字靭帯再建手術を行うことを選択した。

考察:

治療中に膝装具を使用しないことが、治癒過程に悪影響をもたらすかもしれない。また、患者が早期にスポーツ活動を再開したことが、事故発生の確率を高めたと推測される。スポーツ活動の復帰に対して、より慎重なアプローチが必要であることを示唆している。今後、症例を更に重ねていき、装具着用の有無や競技開始時期について研究していく必要がある。

参考文献:

Natural Healing of an ACL tear – Healed but chose surgery – Case 31

注目

ACL Online Therapy for natural healing

The case reports of ACL natural healing

Patient Information:

  • Nationality: Russian
  • Gender: Male
  • Age: 16 years

Incident Description:

On April 4, 2022, the patient was playing football when he experienced a twisting and collapsing incident involving his right knee. An MRI was performed on the same day.

Diagnosis:

  • Primary Diagnosis: Complete tear of the Anterior Cruciate Ligament (ACL), specifically in the middle part, classified as Type 2.
  • Secondary Observations:
    • The meniscus showed no signs of damage.
    • A slight damage was noted in the Posterior Cruciate Ligament (PCL).

Treatment:

The patient commenced online sessions with Jun Matsumoto on May 10, 2022. The treatment plan involved a specific set of exercises known as “Evo-Devo Exercises.” During this therapy, the patient was instructed not to engage in any other forms of exercise. Additionally, he did not use a knee brace during the course of his treatment. After three months of the treatment, he took the next MRI.

MRI evaluation:

In the patient’s subsequent MRI, the healing of the ACL fibers did not progress as anticipated. The fibers appeared thin, and the condition was classified as Grade III. (Ihara’s ACL healing classification) During the Lachman test, the knee’s instability was rated as 2 out of 3. However, there was a positive note in that the quadriceps muscle showed signs of recovery. Given these mixed results, it was decided to continue with the conservative therapy approach.

Accident:

On November 8, 2022, despite his father’s advice against it, the patient began playing basketball. Approximately 15 minutes into the game, he suddenly heard a clicking sound in his knee, followed by severe pain, which led him to stop playing immediately. Subsequently, his knee became swollen. An MRI taken on November 27 showed that there was no complete tear of the ACL, and no significant changes were observed from the previous MRI results.

ACLR surgery:

Given the patient’s young age, the remaining instability in the knee, and the fear of reinjury, the decision was ultimately made to proceed with ACL reconstruction surgery. This choice was influenced by the need for a more stable and definitive solution to ensure the patient’s long-term knee health and functionality.

Consideration and reflection:

The approach of not using a knee brace during treatment raises questions about its impact on the healing process. Additionally, the patient’s early return to playing basketball, which resulted in the accident, suggests the need for a more cautious approach to resuming sports activities post-injury. These aspects highlight the necessity for further study and evaluation of treatment protocols.

References:

前十字韌帶部分斷裂自然愈合 案例 30

注目

前十字韌帶斷裂自然癒合在線治療

前十字韌帶自然癒合FB社區

患者信息

日本人,女性,40歲
2022年11月12日,在跆拳道練習中,他踢出一腳飛踢,左腳著地,扭傷了左膝。 隨後,他們繼續練習了大約一個小時。 病人感到膝蓋彎曲。 11月21日,患者接受了第一次核磁共振掃描,但這是舊的核磁共振掃描,分辨率較低,對診斷沒有幫助。 12月6日,患者使用新的核磁共振掃機器進行了第三次核磁共振掃描,並得到以下診斷。

前十字韌帶部分撕裂

患者在進行正常的日常活動時沒有遇到任何問題。 受傷後,她的膝蓋並沒有塌陷。 然而,在前面的抽屜測試中,卻發現膝蓋出現了鬆動。 隨後,患者不僅停止了跆拳道練習,還停止了所有其他運動。 不僅如此,她連膝蓋都沒有完全伸直。

12月7日,我們在我院網上開始了歸化治療,持續了5週。 隨後,2023年1月16日,進行了第三次核磁共振掃。

核磁共振掃描顯示

由於部分斷裂而下垂的纖維恢復了拉緊和筆直。

未來展望和考慮

儘管只治療了5週,受傷的前十字韌帶已經完全康復。 可能的原因是這是部分撕裂而不是完全撕裂。 另一個原因是受傷的韌帶沒有分離。 通過適當的治療,前十字韌帶已 部分撕裂可能會很快癒合。 與完全撕裂相比,您很有可能更快地恢復正常的日常生活甚至運動。

參考文獻

前十字靭帯部分断裂の自然治癒 – ナチュラリゼーション療法による手術しない治療 30例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

日本人、女性、40歳
 2022年11月12日、キックボクシングの練習中に飛び蹴りをし、左足で着地した際に、左膝をに捻った。 そして、その後も約1時間練習を続けた。 患者は膝が崩れる感覚を覚えた。 11月21日、患者は最初のMRIを受けたが、古いMRIで解像度が低く、診断に有効ではなかった。 12月6日、患者は3回目のMRIを新しいMRI撮影機で撮り、以下の診断を受けた。

前十字靭帯部分断裂

 通常の日常生活を送ることにおいては、患者は何の問題も感じなかった。受傷後は、膝崩れ起こさなかった。 しかし、前方引き出しテストでは、膝に緩みが確認された。 そして、患者はキックボクシングの練習だけでなく、他のあらゆる運動も中止した。 それだけでなく、膝を完全に伸ばすこともしなかった。

 12月7日より、当院のナチュラリゼーション療法をオンラインにて開始し、それを5週間続けた。そして、 2023年1月16日、3回目のMRI検査を行った。

MRIの評価:

 部分断裂により弛んでいた線維は、その緊張を取り戻し、かつ、その直線性も回復させていた。

今後の展望と考察:

 わずか5週間の治療期間にもかかわらず、損傷した前十字靱帯は十分な回復を示していた。 推測できる理由は、完全断裂ではなく部分断裂であったことである。 もう一つの理由は、損傷した靭帯が互いに離開していなかったことである。 適切な治療を行えば、前十字靱帯部分断裂は、早期に治癒していく可能性が高い。そして、完全断裂の場合よりも早期に通常の日常生活や、さらにはスポーツに復帰することができる可能性が高い。

参考文献:

Quick Natural Healing of an ACL partial tear – Healed Case 30

注目

ACL Online Therapy for natural healing

The case reports of ACL natural healing

Patient information:

Japanese, female, 40 years old
On Nov.12th, 2022, she did a jumping kick during kickboxing practice and twisted when she landed on her left foot. She continued her practice for about an hour right after that. She felt her knees give way.

On Nov.21st, she took the first MRI, but the old MRI didn’t show the good resolution for diagnosis. On Dec.6th, she took the second MRI, and it indicates:

Partial tear of ACL

She didn’t feel any problem in having the normal daily activities. She didn’t feel giving way on the knee. However, the injured knee was a bit loose through the anterior drawer test. Therefore, she stopped not only practicing kickboxing but also stopped any other form of exercise. Not only that, but she stopped fully extending her knees.

Starting Dec. 7th, she initiated online therapy with Jun Matsumoto and continued Evo-Devo Exercises for five weeks. On Jan. 16th, 2023, the third MRI scan was performed.

MRI indicates:

The fibers, which had become sagging due to partial rupture, regained their tautness and straightness.

Future Prospects and Considerations:

Despite only five weeks of treatment, her injured anterior cruciate ligament achieved spontaneous healing. The reason was that the anterior cruciate ligament was partially torn, not completely torn. Another reason may be that the injured ligaments were not separated from each other. With proper treatment, patients with partial anterior cruciate ligament rupture are likely to be able to return to normal daily activities or return to sport earlier than cases with complete rupture.

References:

前十字靭帯断裂の自然治癒 – ナチュラリゼーション療法による手術しない治療 29例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

41歳の日本人女性。2022年7月5日、バスケットボールの試合中に右足に力を入れた際に右膝が外れた感覚を経験し、動けなくなった。後に歩行可能になったが、事故の2日後に病院を受診。診察中に関節液は吸引されなかった。7月12日にMRIスキャンを受け、以下の診断を得た。

完全な右側前十字靱帯(ACL)損傷(上部1/3)
半月板損傷はなし。

IharaのACL損傷分類によれば、これは裂けて離れたタイプのタイプ2に分類される。負傷後、膝のぐらつきは報告されなかった。彼女は負傷後の膝伸展に関する物理療法を受けていなかった。13年前に左アキレス腱断裂の手術の既往歴があった。

7月28日から、当院のオンライン療法を開始し、5ヶ月間ナチュラリゼーション療法を続けた。そして、2022年12月12日に2回目のMRIスキャンが行われた。

MRIの評価:

MRI画像の評価から、断裂した前十字靭帯が連続性を回復し、自然に治癒していたことが示された。IharaのACL治癒分類によれば、これは細くなった治癒繊維であり、グレード3に分類される。

今後の展望と考察:

MRIにより自然治癒が確認できた後、膝関節の完全伸展トレーニングと筋力トレーニングを開始した。負傷後6ヶ月で、日常生活に問題がないレベルまで回復した。現在、レクリエーションレベルのスポーツに戻ることを目指して、さらなるリハビリを行っている。

参考文献:

前十字韌帶斷裂自然愈合 案例 29

注目

前十字韌帶斷裂自然癒合在線治療

患者信息

日本人,女性,41歲。 2022年7月5日,在一場籃球比賽中,當她用右腿用力時,感覺右膝關節脫位,無法移動。雖然後來她能走路,但在事故發生後的兩天內,她去了醫院。在檢查過程中沒有抽出關節液。 7月12日進行了核磁共振掃描,結果如下。

右膝前十字韌帶完全撕裂(近端1/3)
沒有半月板損傷。

根據井原對前十字韌帶損傷的分類,它被分類為類型2,即撕裂和破裂類型。受傷後,沒有報告膝蓋鬆動的情況。她在受傷後沒有進行任何涉及膝關節伸展的物理治療。她在13年前有過左側跟腱斷裂手術的病史。

從7月28日開始,她開始與松本淳進行線上治療,並繼續進行進化發展運動五個月。 2022年12月12日,進行了第二次核磁共振掃描。

核磁共振掃描顯示

核磁共振掃描圖像的評估顯示,破裂的前十字韌帶已恢復連續性並自然癒合。根據井原的自然癒合分類,它被分類為等級3,即已瘦身的癒合纖維。

未來展望和考慮

通過核磁共振掃描確認自然癒合後,她開始全膝關節伸展訓練和力量訓練。在受傷後的六個月,她恢復到在日常生活中沒有問題的程度。她目前正在進行進一步的康復治療,目標是回到娛樂級別的運動。

參考文獻

Natural Healing of an ACL tear – Healed Case 29

注目

ACL Online Therapy for natural healing

The case reports of ACL natural healing

Patient Information:

Japanese female, 41 years old. On July 5th, 2022, she experienced a sensation of her right knee dislocating while exerting force on her right leg during a basketball game, rendering her immobile. Although she was able to walk later, she visited a hospital two days after the incident. No joint fluid was aspirated during the examination. An MRI scan was performed on July 12th, revealing the following diagnosis:

Complete right Anterior Cruciate Ligament (ACL) tear (proximal 1/3)
No meniscal damage.

According to the Ihara’s ACL tear classification of ACL injuries, it was classified as a type 2, which is the torn and disrupted type. After the injury, no giving way of the knee was reported. She did not undergo any physiotherapy involving knee extension post-injury. She had a history of a left Achilles tendon rupture surgery 13 years prior.

Starting July 28th, she initiated online therapy with Jun Matsumoto and continued Evo-Devo Exercises for five months. On December 12th, 2022, a second MRI scan was performed.

MRI indicates:

The evaluation of the MRI images indicated that the ruptured anterior cruciate ligament had restored continuity and healed naturally. According to Ihara’s ACL healing classification, it was classified as grade 3, which is thinned healed fiber.

Future Prospects and Considerations:

Having confirmed natural healing through MRI, she initiated full knee extension training and strength training. By the six-month mark post-injury, she had recovered to a level where she faced no issues in daily life. She is currently undergoing further rehabilitation with the aim of returning to recreational-level sports.

References:

前十字靭帯断裂の自然治癒 – ナチュラリゼーション療法による手術しない治療 28例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

37歳、女性、カザフスタン人で現在はアメリカに在住。
 2022年2月26日にスキー中に左膝を捻った。MRI撮影により以下の診断を得た。

前十字靭帯完全断裂

 このタイプの前十字靭帯断裂は、Iharaの損傷分類によれば破断または不明なタイプ4に分類され、自然治癒するのが最も難しいタイプとされている​​。

 患者は負傷後、理学療法士の下で筋力を強化するためのリハビリテーションエクササイズや10分間のエアロバイクなどを行っていた。その後、2022年4月29日に当院のオンライン治療を通じてナチュラリゼーション療法を開始し、2ヶ月間のオンライン治療を継続した。この期間中、彼女は全ての強化トレーニングを停止し、ナチュラリゼーション療法に集中していた。2ヶ月後には再び筋力強化トレーニングを開始し、2022年11月18日に2回目のMRI撮影を行った。

MRIの評価

 2022年11月18日に2回目のMRIを受けた結果、前十字靭帯の明瞭な連続性が示された。この治癒タイプはIharaの治癒分類のグレードIに分類され、引き締まった直線型の治癒形態とされている​​。

今後の展望と考察:

 このタイプの前十字靭帯断裂は、自然治癒するのが最も難しいとされているにもかかわらず、最良の治癒形態にまで治癒していた​。その後、患者はリハビリを重ね、半年後にはハーフマラソンを完走することが出来た。

参考文献:

前十字靭帯断裂の自然治癒 – ナチュラリゼーション療法による手術しない治療 27例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

25歳、男性、インド人
 2022年4月13日、サッカーの試合中に右膝を捻った。4月15日にMRI撮影を行い、診断結果は以下の通りであった。

前十字靭帯完全断裂
外側半月板の前根部の損傷
内側半月板の中節部の損傷
内側および外側側副靭帯の損傷

 5月24日、当院のオンライン治療を通じてナチュラリゼーション療法を開始した。患者は初月に4回のオンライン治療を行い、その後3ヶ月間は自身でナチュラリゼーション療法を続けた。そして、10月2日に2回目のMRIを撮った。

MRIの評価:

 完全断裂した前十字靭帯は連続性を回復し、直線的かつ太い線維へと変化していた。この治癒形態は、Iharaの治癒分類ではタイプ1に分類される。前十字靭帯が最良の形態で治癒していたが、半月板の損傷はさらに進行していた。

今後の展望と考察:

 半月板の水平裂については、多くの場合無症状であるが、損傷が進行することは好ましくない。当患者については、更なるリハビリを継続してもらい、経過観察をしていく。

参考文献:

前十字靭帯断裂の自然治癒 – ナチュラリゼーション療法による手術しない治療 26例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

55歳、女性、日本人
 2022年3月7日、スキー中に雪の上で転倒。その際、右スキーが雪に固定され、身体が前方に押し出された。すぐに病院に運ばれてX線を撮影されたが、骨折はなかった。その時、医師によって右膝の関節液が抽出された。1週間後、MRIを撮影し、診断は次のとおりであった。

前十字靭帯完全断裂
他の靭帯の損傷なし
後部脛骨の骨挫傷

 受傷後、患者は膝崩れを経験していない。膝の完全伸展を含む理学療法も受けていなかった。2022年4月18日、当院のオンライン治療を通して、ナチュラリゼーション療法を開始した。患者はナチュラリゼーション療法を4ケ月間継続し、2回目のMRIを撮影した。

 2回目のMRIでは、患者は既に膝の不安定さを感じていなかったが、断裂した前十字靭帯の明確な自然治癒は示されなかった。患者はナチュラリゼーション療法をさらに3ケ月間継続し、さらに多くの画像を得るために別の病院で3回目のMRIを撮影した。

MRIの評価:

 1番目のMRIでは、前十字靭帯の明確な連続性は示されていないが、2番目のMRIでは連続性が示されている。3番目の冠状断では、その連続性を確認できるが変形しており、元の位置には固着していないことを示している。これが矢状断のMRIが明確な連続性を投影しない理由であろう。

今後の展望と考察:

 MRIでは、理想的な自然治癒を示していないが、断裂した前十字靭帯が部分的に連続性を獲得していることが確認できた。患者はさらなる自然治癒を期待してPRP注射を試す予定である。PRP療法は、血小板等の自然治癒を促進させる成分を血液から精製し、再度関節内へ注入する治療法である。受傷直後に注射で膝の関節液を抽出することは、自然治癒促進成分を抽出することを意味する。前十字靭帯の自然治癒を阻害する可能性があることから、この膝関節穿刺検査は慎重に行われるべきである。患者は既に、機能的には十分に回復しており、日常生活動作において不安は感じていない。

PRP注射後:

 患者は PRP 注射を合計3回試し、2023 年 8 月 31 日に再度 MRI を撮影した。矢状面断では、前十字靭帯の連続性にわずかな改善が確認できた。 この際、ラックマンテストを行ったところ、結果は陰性であった。。 予後は比較的良好で、通常通りの日常生活を送っている。

参考文献:

前十字靭帯断裂 自然治癒 25例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報と受傷機転:

44歳、男性、日本人
 2022年4月9日、柔道の練習の際、相手を投げようとしたときに、左膝を内側に捻じった。そのまま床に崩れ落ちて動けなくなった。その後、病院へ運ばれ、レントゲン撮影を行った。骨折の所見は無し。ラックマンテストは陽性であった。 膝崩れ現象あり。 4月19日にMRI検査を行い、診断は次のとおりであった。

前十字靭帯完全断裂
内側側副靭帯損傷

 患者は、手術を回避したく、代替の治療を探していたところ、当院の自然治癒療法に辿り着いた。2022年5月24日より、当院のオンライン治療を開始し、約6ケ月間継続した。そして、10月18日に2回目のMRI撮影を行った。

MRIの評価:

 断裂した前十字靭帯は連続性を示していた。 Iharaの治癒形態の分類では、グレードIIの「部分的薄化を有する直線線維」であった。担当医師は、断裂した前十字靭帯が自然治癒していると診断した。 内側側副靭帯における高信号は残存していた。

今後の展望と考察:

 上記の結果をふまえ、松本は、完全可動域訓練と筋力トレーニングを許可した。 11月17日、患者は酒に酔って歩行中に左膝を再び捻じってしまった。 幸い、前十字靭帯の再断裂は免れ、2週間程度で症状は回復していた。その後、日常生活動作は問題なく行えるようになったことから治療を終了し、その後のリハビリは患者自身で行っていくことになった。

参考文献:

前十字韌帶斷裂自然愈合 案例 28

注目

前十字韌帶斷裂自然癒合在線治療

患者信息

37歲,女生,哈薩克族,居住在美國
2022年2月26日,他在滑雪時扭傷了她的左膝。 她進行了核磁共振掃描,診斷如下。

前十字韌帶完全撕裂

根據 井原 的分類,這種類型的 前十字韌帶 斷裂被歸類為中斷或不明確類型。 而且,據報導,這種類型是最難自癒的類型。

受傷後,她一直在物理治療師的指導下進行一些康復運動,例如加強肌肉和10分鐘的固定自行車。

4月29日,她通過與松本淳的在線課程開始了進化發展 練習,並僅持續了兩個月的課程。 在這幾個月裡,她停止進行任何力量訓練並專注於 進化發展運動。 做了兩個媽媽後,她又開始了力量訓練。

11 月 18 日,她進行了第二次 核磁共振,如下所示。

核磁共振檢查表明

核磁共振 顯示 前十字韌帶 的清晰連續性。 這種癒合類型可以歸類為井原 的分類的I級,並且是繃緊的帶狀癒合類型。

未來展望和考慮

儘管據報導這種類型的 前十字韌帶 撕裂是最難自癒的類型,但它已達到最佳癒合類型。

參考文獻

ACL Healing without surgery – Healed Case 28

注目

ACL Online Therapy for natural healing

The case reports of ACL natural healing

Patient information:

37 years old, Female, Kazakh living in the U.S.
On February 26th, 2022, he twisted her left knee during skiing. She went through the MRI scan, and the diagnosis was:

Complete ACL tear

According to the Ihara’s classification, this type of ACL tear is classified as disrupted or unclear type. And, this type has been reported as the most difficult type to heal spontaneously.

After the injury, she had been doing some rehabilitation exercises such as strengthening the muscles and 10 min stationary bike under the supervision by a physiotherapist.

On April 29th, she started the Evo-Devo Exercises through the online sessions with Jun Matsumoto, and continued the sessions only for two months. During these months, she stopped doing any strength trainning and focused on the Evo-Devo EXercises. After doing two momths, she started strength training again.

On November 18th, she took the second MRI as poseted below.

MRI indicates:

The MRI shows the clear continuity of the ACL. This healing type can be classified as grade I of the Ihara’s classification, and it is the taut and straight band type of healing.

Future prospects and considerations:

Even though this type of ACL tear has been reported as the most difficult type to heal spontaneously, it has heald upto the best type of healing.

References:

前十字韌帶斷裂自然愈合 案例 27

注目

前十字韌帶斷裂自然癒合在線治療

患者信息

25歲,男性,印度人
2022年4月13日,他在打籃球時扭傷了右膝。 4 月 15 日,他進行了 核磁共振 掃描,診斷如下。

前十字韌帶完全撕裂
外側半月板前根撕裂
內側半月板體輕度 1 級撕裂
內側和外側副韌帶扭傷

前十字韌帶完全撕裂
內側半月板撕裂
外側半月板前根撕裂

5月24日,他通過與松本淳的在線會議開始了進化發展 練習。 他一個月上了四次線上課,之後又自己堅持了三個月的進化發展 練習。 10 月 2 日,他進行了第二次 核磁共振。

癒合到繃緊和直帶
內側半月板撕裂仍然存在
外側半月板前根殘留

核磁共振檢查表明

可以看出,完全撕裂的 前十字韌帶 長成了繃緊的帶子。 而且,這種形態學類型的癒合被井原分類歸類為類型 1。 雖然前十字韌帶已經恢復到最佳形態,但半月板撕裂仍然存在,甚至進一步惡化。

未來展望和考慮

對於半月板橫向撕裂,很多情況下是沒有症狀的。 然而,當然,治愈總比不治愈好。 需要改進現有的治療方法來使未癒合的半月板撕裂。

參考文獻

ACL Healing without surgery – Healed Case 27

注目

ACL Online Therapy for natural healing

The case reports of ACL natural healing

Patient information:

25 years old, Male, Indian
On April 13th,2022, he twisted this right knee during playing soccer. On April 15th, he went through the MRI scan, and the diagnosis was:

complete ACL tear
tear of the anterior root of the lateral meniscus
mild grade1 tear of the body of the medial meniscus
sprain of the mecial and lateral collateral ligaments

complete ACL tear
medial meniscus tear
anterior root tear of the lateral meniscus

On May 24, he started the Evo-Devo Exercises through the online session with Jun Matsumoto. He had four online sessions in a month, and after that he continued the Evo-Devo EX by himself for three months. On October 2nd, he took the second MRI.

healing into the taut and striaight band
medial meniscus tear remains
anterior root of lateral meniscus remains

MRI indicates:

It can be seen that the completely torn ACL grows into the taut and straight band. And, this morphological type of healing is classified as the type 1 by Ihara’s classification. Although the ACL has been healing into the best morphology, the meniscus tears still remain and have even deteriorated further.

Future prospects and considerations:

Regarding to horizontal tear of meniscus, it could be asymptomatic in many cases. However, it is, of course, better to be healed than not to be healed. There is a need to improve existing treatments to make it heal the unhealed meniscus tears.

References:

前十字韌帶斷裂自然愈合 案例 26

注目

前十字韌帶斷裂自然癒合在線治療

患者信息

55歲,女性,日本人
2022年3月7日,她在滑雪時跌倒在雪中。 然後,她的右滑雪板陷入雪中,她的身體被向前推。 她立即被送往醫院並進行了 X 光掃描,但沒有骨折。 當時,右膝的血液和積液被醫生抽走了。 一周後,她接受了核磁共振掃描,診斷如下。

前十字韌帶完全斷裂
無其他韌帶撕裂
脛骨後部骨挫傷

4月18日,她通過與 松本淳的在線會議開始了 進化發展 練習。 自受傷以來,她沒有經歷過膝蓋讓步。 她繼續使用 進化發展。 四個月後,她進行了第二次核磁共振檢查。

第二次 核磁共振檢查 沒有顯示撕裂的 前十字韌帶 明顯自然癒合,儘管她不再感到膝蓋不穩定。 她繼續練習,並在不同的醫院進行了第三次核磁共振檢查,以獲得更多不同的照片。

核磁共振檢查表明

上面的 核磁共振檢查 沒有顯示出 前十字韌帶 的明顯連續性,但是,中間的 核磁共振 顯示出明顯的連續性。 這不是清晰美麗的自然癒合,但可以肯定的是,撕裂的 前十字韌帶 獲得了穩定膝蓋的連續性。 下面的 核磁共振 是 2022/11/11 同一天拍攝的其中一張冠狀切片。 它表明前十字韌帶在形態上發生變形並且不堅持原來的位置。 這可能是矢狀面 核磁共振 不能投射出清晰連續性的原因。

未來展望和考慮

儘管 核磁共振 沒有顯示出預期的美麗癒合,但撕裂的 前十字韌帶 終於獲得了連續性。 她將嘗試PRP注射以期待進一步的自然癒合。 如果血小板含有自愈性物質,則膝關節內的血液和液體不應在受傷後立即註射。 這種荒謬的治療可能會中斷自然癒合。 從功能上來說,她的右膝癒合良好,沒有任何不穩感,已經可以進行正常的日常活動。

參考文獻

子供の前十字靭帯損傷 自然治癒 24例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報と受傷機転:

8歳、男性、日本人
 2021年11月30日、サッカーの試合中に、左膝を捻った。 同日、病院に運ばれ、レントゲン撮影を行った。 同年12月11日、MRI撮影を行い、診断は次のとおりであった。

前十字靭帯損傷
顆間隆起の剥離骨折の疑い

 担当医師からは、患者の年齢が若すぎて、前十字靭帯の再建手術を行うと、骨の成長を妨げるリスクが高いため、手術適応外と説明を受けた。そして、骨の成長が止まる十代後半になってからの手術を勧められた。しかも、それまでの約10年間、激しい運動は禁止という説明を受けた。翌年1月18日、患者とその家族は当院を訪れ、前十字靭帯損傷の自然治癒療法を開始した。尚、膝の動揺性を検査するラックマンのテストは陽性であった。 その後、対面での治療とオンライン治療を2ケ月間継続し、同年3月30日に、2回目のMRI撮影を行った。

 MRI画像では、前十字靭帯の明確な連続性は確認できなかった。しかし、ラックマンテストは、前回陽性だったものが、今回は陰性となった。 その後、ナチュラリゼーションの運動療法を継続し、8月17日に 3回目の MRI撮影を行った。

MRIの評価:

 T1の写真(2、3,4枚目)では分かりにくいが、T2の写真(1枚目)では、前十字靭帯の明確な連続性を確認できる。

今後の展望と考察:

 今回のMRIは、旧型(1.5テスラ)であるため解像度が低く、正確な画像診断を行うのは困難であった。しかし、MRIとラックマンのテストの総合評価から、前十字靭帯は自然治癒したと推測できる。 受傷から約10カ月で膝の可動域は完全に回復し、機能的な問題もなく、学校の体育の授業に復帰した。 怪我から1年後、患者は、サッカーの練習に復帰した。

参考文献:

Tsuchida S et al. Knee ligament injuries in a seven year old child. The Journal of Kansai Arthroscopy and Knee Scociety. 2008.vol.20.no.1.

中高年 前十字靭帯断裂 自然治癒 23例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報と受傷機転

59歳、男性、日本人
 2021年12月28日、スキー中に右膝を負傷。 同日、病院に運ばれ、レントゲンで骨折はなかった。 2021年1月13日、MRI撮影を行い、次のように診断された。

前十字靭帯の完全断裂
内側半月板損傷とその転移半月の関節内嵌頓

 1月17日に半月板修復手術を受け、ギプスで膝を3週間固定した。 ギプス切除後の2月12日、当院を訪れ、前十靭帯断裂の自然治癒へ向けたナチュラリゼーション療法を開始した。対面およびオンライン治療を6ケ月間行い、自宅でも毎日ナチュラリゼーションを継続した。そてし、 8月4日、2回目のMRI撮影を行った。

MRIの評価:

前十靭帯の連続性が確認できる。

今後の展望と考察:

 当院では、半月板修復手術後に前十靭帯断裂の自然治癒療法を行い、自然治癒に成功した最初の症例です。 膝を3週間固定してたため、自然治癒は困難であると予想された。実際、固定による拘縮により、可動域の回復に通常の数倍の時間を要した。 しかしながら、私の予想に反して、断裂した前十字靭帯は、無事、自然治癒に成功しました。2回目のMRIで自然治癒が観察された後、スキーに復帰するために筋力トレーニングを開始した。 同年10月には、患者は、通常の日常生活を問題なく送れるまで回復していた。

参考文献:

前十字靭帯断裂 自然治癒 22例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報と受傷機転

45歳、男性、日本人
 2022 年 2 月 5 日、スキー中に転倒し、右膝を捻った。2 月 10 日に、MRI撮影を行い、診断は次のとおりであった。

前十字靭帯完全断裂
内側側副靭帯損傷(グレード2)

 2022年2月21日より、当院の前十字靭帯断裂の自然治癒療法をオンラインにて開始した。 6ケ月間、ナチュラリゼーションの運動療法を継続し、2022年8月17日に、再度MRI撮影を行った。

MRIの評価:

前十字靭帯の連続性を確認できる。

今後の展望と考察:

 8月17日に撮影したMRIを精査すると、完全に明確ではないが、前十字靭帯の連続性が見られる。 この治癒形態は、Iharaの分類ではⅡ型に分類され、Ⅰ型の完全な治癒形態と比較すると、治癒線維は部分的に細いままである。患者は機能的な回復に関しては、非常に良好であり、2022年8月の時点では、日常生活で痛みや不自由を感じていない。患者は、スキーに復帰したいと考えており、今後も、ナチュラリゼーションだけではなく、筋力トレーニングも行っていく予定である。

参考文献:

前十字靭帯断裂の自然治癒 21例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報と受傷機転

41歳、女性、アメリカ人
 2022 年 2 月 4 日、彼女は、スキー中に左膝を捻って負傷した。2 月 10 日に、彼女は MRI検査を行い、診断は次のとおりであった。

前十字靭帯完全断裂

 2022年2月27日から、当院の前十字靭帯断裂自然治癒療法のオンライン治療を開始した。 彼女は 4ケ月間ナチュラリゼーション療法を続け、2022 年 7 月 5 日に二回目の MRI撮影を行った。

MRI レポート

 わずかに浮腫の徴候が前十字靭帯で検出され、中外1/3 で厚さがわずかに減少しているように見える。 おそらく小包の裂傷と残留靭帯のわずかな浮腫の持続を伴う「緊張」であろう。 ただし、靭帯構造は、遠位挿入路の適度な周囲の滑膜肥厚と靭帯周囲の液体層とともに、その全過程に沿ってはっきりと見える。(原文)

今後の展望と考察

 上記のMRIレポートによると、断裂した前十字靭帯は自然治癒し始めている。しかしながら、治癒過程は継続中であり、それが完了するまでにはしばらく時間がかかると予想される。 2回目のMRI撮影後、松本は、彼女に膝の全可動域訓練と、大腿四頭筋の筋力トレーニングを許可した。 彼女は、まだ患側の膝に脱力感を感じているが、日常生活に問題はないレベルまで回復している。 彼女は、スキーに復帰する意思があり、今後も、ナチュラリゼーション療法と筋力トレーニングを継続していく予定である。

患者インタビュー動画

参考文献

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

前十字韌帶斷裂自我修復 案例 25

注目

前十字韌帶撕裂自然癒合在線治療

患者信息

44歲,男性,日本人
2022 年 4 月 9 日,他正在練習柔道,並試圖投擲對手。 緊接著,他的左膝內部一扭,直接倒在了地上。 他去了醫院,拉克曼的檢測呈陽性。 當他轉向時,他的左膝半脫位。 他於 4 月 19 日進行了核磁共振檢查,診斷如下。

前十字韌帶完全斷裂
內側副韌帶損傷

他不想手術,正在尋找另一種治療方法。 他遇到了松本淳的自然治愈療法,從2022年5月24日開始在線治療。 我每週與 松本淳 進行一次會議,並繼續 進化發展 練習 5 個月。 他在 10 月 18 日進行了第二次核磁共振檢查。

核磁共振檢查表明

核磁共振檢查 顯示 前十字韌帶 連續性。 他的醫生將此病例診斷為自發癒合的 前十字韌帶 撕裂。 內側副韌帶 仍然有一些信號強度。

未來展望和考慮

松本淳讓他開始做深蹲、弓箭步等強度更大的運動。 11月17日,他喝醉酒,再次扭傷了左膝。 他說這不是嚴重的傷害。 從現在開始讓我們看看並關注他的預後。

參考文獻

前十字靭帯断裂の自然治癒 ケース19

注目


前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報と受傷機転

32歳、男性、ルーマニア人
 2021年11月22日に柔術の練習中に右膝を負傷した。4日後、MRIを行い、診断は次のとおりであった。

前十字靭帯完全断裂

 患者は、2022年2月25日から松本じゅん接骨院の前十字靭帯断裂の自然治癒療法のオンライン治療を開始した。 受傷からすでに3か月が経過しており、自然治癒は難しいと予想された。 患者は、その難しさを理解しながらも、ナチュラリゼーションの運動療法を 3ケ月間続け、2022 年 5 月 26 日に二回目の MRI を撮影した。

MRIの評価

断裂した前十字靭帯の連続性を明確に確認できる。

今後の展望と考察

 前十字靭帯の完全断裂の受傷から3ケ月経過してからの自然治癒療法の開始にも拘わらず、鮮明な自然治癒に成功した貴重な症例です。 他の靭帯や半月板の損傷はなく、さらなるリハビリ訓練の後、スポーツに復帰できると考えられます。

参考文献

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

Natural Healing of ACL tear 26 – Degenerative healing – case 3

注目

ACL Online Therapy for natural healing

The case reports of ACL natural healing

Patient information:

55 years old, female, Japanese
On March 7th, 2022, she fell in the snow while skiing. And, then her right ski stuck in the snow, and her body was pushed forward. She was immedeately taken to the hospital and scanned for x-ray, but there was no fracture. At that time, the blood and the fluid in the right knee were extracted by the doctor. One week later, she was scanned for MRI, and the diagnosis was:

Complete ACL tear
No other ligament tear
Bone contusion on posterior tibia

On April 18, she started the Evo-Devo Exercises through the online session with Jun Matsumoto. Since the injury, she did not experienced knee giving way. She continued the Evo-Devo EX. for four months, and she took the second MRI.

The second MRI did not show the clear natural healing of the torn ACL even though she did not feel the instability of the knee any more. She continued the exercises and took the third MRI at the different hospital to have more various pictures.

MRI indicates:

The MRI above doesn’t show the clear continuity of the ACL, however, the middle one shows the clear continuity. It is not the clear and beautiful natural healing, but it is sure that the torn ACL acquired the continuity to stabilize the knee. The MRI below is the one of the coronal slices taken on the same day 2022/11/11. It shows that the ACL is morphologically deformed and does not adhere to the original position. That may be the reason why the MRI in sagital plane does not project the clear continuity.

Future prospects and considerations:

Even though the MRI does not show the expected beautiful healing, the torn ACL finally acquired the continuity. She will try the PRP injection to expect the further natural healing. If the platelet contains the self-healing substances, the blood and the fluid in the knee should not be extracted by injection just after the injury. This ridiculous treatment might have interrupted the natural healing. In the functional meaning, her right knee healed well without feeling any instability, and she already has the normal daily activities.

After PRP injections:

She tried the PRP injections for three times and took the MRI again on Aug.31st, 2023. The slight progress of the ACL healing can be seen on the sagittal plane. At this time, Lachman test was performed, and the result was negative. Her prognosis is relatively good, and she is having a normal daily life.

References:

Crain EH, Fithian DC, Paxton EW, Luetzow WF. Variation in anterior cruciate ligament scar pattern: does the scar pattern affect anterior laxity in anterior cruciate ligament-deficient knees? Arthroscopy. 2005 Jan;21(1):19-24. doi: 10.1016

Kittani M, Haviv B, Shemesh S, Yaari L, Yassin M, Rath-Wolfson L. Morphological and Histological Changes in the Human Anterior Cruciate Ligament after Rupture. Isr Med Assoc J. 2021 Jan;23(1):33-37.

前十字韌帶撕裂自愈治療 案例 23

注目

前十字韌帶撕裂自然癒合在線治療

患者信息:
59歲,男性,日本人
2021年12月28日,他在滑雪時右膝受傷。當天,他被送往醫院,經倫琴檢查沒有骨折。 1 月 13 日,他做了核磁共振掃描並被診斷出患有:

前十字韌帶完全撕裂
內側半月板屈曲

1月17日,他做了半月板修復手術,膝被石膏固定了3週。拆除石膏後,他拜訪了松本淳,並開始前十字韌帶撕裂自然癒合的進化發展練習。他通過面對面和在線會議繼續治療6個月。 8月4日,他進行了下一次核磁共振檢查。

核磁共振檢查表明:

前十字韌帶纖維的連續性

未來展望和考慮:

根據我的經驗,這是半月板修復手術後前十字韌帶撕裂自然癒合的第一例。我不認為自然癒合是可能的,因為膝蓋被固定了三個星期。事實上,由於固定後的攣縮,恢復運動範圍需要很長時間。與我的假設相反,撕裂的前十字韌帶在 進化發展練習治療 6 個月後成功自愈。在用第二次核磁共振觀察到自然癒合後,他開始力量訓練和進化發展練習以重返滑雪。 10 月,他能夠進行正常的日常活動並繼續他的康復程序。

參考:

Spontaneous Healing of a Complete ACL Tear – Case 25

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

44 years old, Male, Japanese
On April 9th,2022, he was practicing Judo and trying to throw the opponent. Then, his left knee was twisted internally, and he collopsed down to the ground. He went to the hospital, and Lackman’s test was positive. When he turned the direction, he had gaving way syndrome. He took the MRI on April 19th, and the diagnosis was:

Complete ACL tear
MCL tear

He didn’t want to have a surgery, and he was searching the alternative treatment. He found the Natural Healing Therapy by Jun Matsumoto, and he started the online therapy with him from May 24th, 2022. He had the weekly sessions with Jun and continued doing the Evo-Devo Exercises for five momths. He took the second MRI on October 18th.

The MRI indicates:

The MRI shows the continuity of the ACL. His doctor diagnosed this case as the spontaneous healing of the ACL tear. There was still some signal intensity on the MCL.

Future prospects and considerations:

Jun Matsumoto allowed him to start doing more intense exercises such as squatting and lunge. On November 17th, he got drunk and twisted the left knee again. he says that it wasn’t a serious inury though. Let’s see and follow his prognosis from now on.

References:

Natural Healing of a Complete ACL Tear in Children – Case 24

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

8 years old, Male, Japanese
On Nov.30, 2021, he injured his left knee by his own movement during playing soccer. On the same day, he was taken to the hospital and scanned through the x-ray. On Dec.11, 2021, he was taken through the MRI scanning, and the diagnosis was:

ACL Tear
Suspected Avulsion Fracture of tibial spine

His doctor said that he was too young to have the ACL reconstruction as there is a high risk of interfering the bone growth. On Jan.18, he and his family visited Jun Matsumoto and started the Evo-Devo EX. for natural healing of the ACL tear. The Lackman’s test was positive. He continued the Evo-Devo EX. through the face-to-face and online sessions. The next MRI was taken on Mar.30.

Even though the MRI pictures don’t show the clear continuity of the ACL, the Lackman’s test was negative at that time. After continuing the Evo-Devo EX. furthermore, he took the third MRI on Aug.17.

The MRI indicates:

Even though the T1 pictures don’t show the clear appearance of the natural healing, the T2 picture(the first one pf 08/17) shows the continuity of the ACL.

Future prospects and considerations:

Due to the poor resolution of the 1.5T MRI, it is difficult to have the exact diagnosis from these MRI. However, from the results of MRI and Lachman’s test, it can be inferred that the ACL healed spontaneously. Around 10 months from the injury, he already recovered the full range of motion of the knee, and started attending the physical education class at school. After one year from the injury, he plans to return to playing soccer.

References:

Tsuchida S et al. Knee ligament injuries in a seven year old child. The Journal of Kansai Arthroscopy and Knee Scociety. 2008.vol.20.no.1.

Spontaneous Healing of a Complete ACL Rupture even after the meniscus repair surgery– Case 23

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

59 years old, Male, Japanese
On Dec.28, 2021, he injured his right knee during skiing. On the same day, he was taken to the hospital, and there was no fracture through x-ray. On Jan.13, he was taken to the MRI scanning and diagnoses as:

Complete ACL tear
Buckling of medial meniscus

On Jan.17, he had a surgery for repairing the meniscus, and his knee was immobilized by the cast for three weeks. After the cast was removed, he visited Jun Matsumoto, and he started the Evo-Devo EX. for natural healing of ACL tear. He continued the therapy through face-to-face and online sessions for six months. On August 4, he took the next MRI.

The MRI indicates:

Continuity of ACL fibres

Future prospects and considerations:

In my experience, this is the first case of natural healing of ACL tear after the meniscus repair surgery. I assumed that natural healing would be immpossible, becasue the knee was immobilized for three weeks. Actually, it took a long time to recover the range of motion due to the contracture after the immobilization. Contrary to my assumption, the torn ACL has successfully healed naturally after 6 months of the Evo-Devo EX.. After the natural healing was observed through the second MRI, he started strength trainning as well as Evo-Devo EX. to return to skiing. In October, he already has the normal dialy activities without problem and continues the rehab exercises every day.

References:

Spontaneous Healing of a Complete ACL Tear – Case 22

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

45 years old, Male, Japanese
He injured her right knee during skiing on February 5th, 2022. On February 10th, she went to the MRI scanning, and the diagnosis was:

Complete ACL tear
MCL tear grade2

On February 21, 2022, he started the online therapy for the natural healing of the ACL tear with Jun Matsumoto. He continued doing Evo-Devo Exercises for six months, and he took the next MRI on August 17th, 2022.

The MRI indicates:

Visible continuity of the ACL

Future prospects and considerations:

According to the new MRI, the visible continuity of the ACL can be seen, even though it is not the perfectly clear one. This morphological healing is classified as the type II of Ihara’s classification, and the healed ACL is the straight band with partial thinning. The patient has healed functionally very well, and he doesn’t feel any pain in the daily activities so far. He will continue the Evo-Devo Exercises and the some strength exercises until he can return to skiing.

References:

Natural Healing of a Complete ACL Tear – Case 21

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

41 years old, Female, American
She injured her left knee during skiing on February 4th, 2022. On February 10th, she went to the MRI scanning, and the diagnosis was:

Complete ACL tear

On February 27, 2022, she started the online therapy for the natural healing of the ACL tear with Jun Matsumoto. She continued doing Evo-Devo Exercises for four months, and she took the next MRI on July 5th, 2022.

MRI reports:

Modest signs of suffering are detectable in the anterior cruciate ligament which appears slightly reduced in thickness in the middle-distal III with an inhomogeneous signal that tends to be hyperintense in the T2-weighted sequences for slight edematous imbibition with characteristics compatible with the outcomes of a “strain” suffering with probable parcel laceration and persistence of a tenuous edematous suffering of the residual ligament; the ligamentous structure however remains clearly visible along its entire course with modest surrounding synovial thickening and periligamentous liquid layer in the distal insertion tract.

Future prospects:

According to the report above, the torn ACL starts healing naturally, and it will take a while until healing process ends. Jun Matsumoto permitted her to practice the full range of motion of the affecyed knee and start strengthen the quadriceps muscles. Even though she still feels weakness on the affected knee, there is no othere complication in her daily life activities. Further more, she will contines the Evo-Devo Exercises and strength exercises until she gets ready to return to skiing.

References:

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

Natural Healing of a Complete ACL Tear – Case 19

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

32 year old, male, Romanian
He injured his right knee during practicing Jujutsu on November 22th, 2021. Four days later, he went to the MRI scanning, and the diagnosis was:

Complete ACL tear

On February 25, 2022, he started the online therapy for the natural healing of the ACL tear with Jun Matsumoto. It already has passed for three months from the injury, and it was assumed that the natural healing could be difficult. He understood the difficulty, but he continued doing Evo-Devo Exercises for three months, and he took the next MRI on May 26th, 2022.

The MRI indicates:

Certainly visible continuity of the ACL

Future prospects and considerations

This is a remarkable case of natural healing of ACL tear because it already had passed for three months from the injury at the time of when he started the natural therapy. There was no other ligamentous or meniscus injury, it is assumed that he can retrun to the sport after further rehab exercies.

References:

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

前十字靭帯断裂の自然治癒 ケース18

注目


前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報と受傷機転

34歳 男性 日本在住フィリピン人

 2021年10月24日、バスケットボールをプレー中に右膝を負傷。自重を右膝に乗せて方向転換をした際、右膝を捻って転倒。 1 週間後、MRI検査を行い、診断は次のとおりであった。
前十字靭帯完全断裂
外側半月板損傷

 2021年11月11日、対面にて、前十字靭帯断裂の自然治癒へ向けたナチュラリゼーション療法を開始した。対面とオンラインの治療を約5ケ月間続け、2022 年 4 月 30 日に再度MRI を撮影した。

MRIレポート

軽度の前十字靭帯の損傷の可能性があるが、継続性がよく保たれている。
外側半月板前節に断裂

今後の展望

 外側半月板損傷は残存しているが、断裂した前十字靭帯は、ほぼ自然治癒していた。今後の展望としては、3カ月間はスポーツ活動を控え、普通の日常生活を送るよう指示した。受傷1年後に再度MRI撮影を行う予定をしている。

参考文献

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

ACL Tear Self Healing – Case 18

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

34 year old, male, Filipino living in Japan
He injured his right knee during playing Baskaetball on October 24th, 2021. When he changed the direction by loading this weight on the right knee, he twisted the right knee, and he fell down. One week later, he went to the MRI scanning, and the diagnosis was:

Complete ACL tear
Lateral Meniscus tear

On November 11, 2021, he started the face to face therapy for the self healing of the ACL tear with Jun Matsumoto. He continued doing the Evo-Devo Exercises for five months, and he took the next MRI on April 30,2022.

The MRI report indicates:

Minor tear on ACL but there is the continuity.
Lateral Meniscus tear

Future prospects:

Even though the lateral meniscus still remains, the torn ACL has almost healed naturally by its own. Jun Matsumoto ordered him to spend the normal daily life activity without doing any sport for a few months. They agreed to see how it works later. If the unhealed meniscus impairs the knee in the future, the option for the surgery can be taken.

References:

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

前十字靭帯断裂の自然治癒 ケース17

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

37歳、男性、オーストリア在住のオーストラリア人
 2021年11月3日、ロッククライミング中に左膝を負傷した。非常に低い位置から不意に落下し、膝が内側に入る角度で体重がかかってしまった。2週間後、MRI撮影に臨み、診断結果は以下に示す。

前十字靭帯完全断裂
内側半月板損傷
外側半月板損傷

 2021年12月8日より、当院のオンライン治療を開始し、ナチュラリゼーション療法を約4ヶ月間継続した後、2022年4月25日に再度MRI撮影を行った。

MRIレポート

外側半月板損傷
内側半月板損傷
前十字靭帯の断裂後、まだ浮腫が存在しているが、個々の線維束は連続性の兆候を示す。膝関節の腫脹が著しく減少している。

今後の展望

 半月板損傷はまだ残存しているものの、断裂した前十字靭帯に自然治癒が進行していた。患者には、脚の筋力強化を指示し、今後の予後について経過観察することになった。

参考文献

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

Spontaneous Healing of a Complete ACL Rupture – Case 17

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

37 year old, male, Australian living in Austria
He injured left knee while rock climbing on the 3rd November 2021. He fell akwardly from a very low height and his weight went on my knee in a bad direction. Two weeks later, he went to the MRI scanning, and the diagnosis was:

Complete ACL Tear
Medial meniscus tear
Lateral meniscus tear

On December 8th,2021, he started the online therapy for the natural healing of the ACL tear with Jun Matsumoto. He continued doing the Evo-Devo Exercises for four months, and he took the next MRIs on April 25,2022.

The MRI report indicates:

“Regular positioning of the patella in the femoropatellar compartment, the retropetallar cartilage shows a deep cartilage ulceration at the medial facet, which is slightly increasing compared to the previous examination, reaching the cartilage-bone lamella.
The trochlear cartilage is continuous. The medial and lateral retinaculum patellae are unremarkable.

Infrapatellar fat body in regular formation. In the lateral femorotibial compartment ubiquitous cartilage cover, the lateral meniscus shows a circumscribed linearity at the posterior horn IMA 8-27, this was already present in the previous examination, but currently appears somewhat expanded and reaches the tibial meniscus surface.

In the medial femorotibial compartment there is a cartilage cover throughout, the medial meniscus at the posterior horn appears clearly more elevated than in the previous examination, but there is no evidence of a dislocated meniscus fragment.

The posterior cruciate ligament is continuous. After rupture of the anterior cruciate ligament, the latter is still edematised, but individual fibrous strands show signs of continuity.

Significant decrease in knee joint swelling. Angelegte Baker-Zyste. Baker’s cyst in place. Typical flow-void popliteal.”

Future prospects

Even though the meniscus tears still remain unhealed, the torn ACL is successfully healing naturally. Jun Matsumoto ordered him to start strengthening the leg muscles, and agreed to follow-up the further prognosis.

References:

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

前十字靭帯断裂の自然治癒 ケース16

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

31歳、男性、日本人
2021年9月20日、バドミントンのプレー中、ジャンプで着地した際に左膝を捻った。2週間後、MRI撮影に行い、以下の診断結果を得た。
前十字靭帯断裂
内側半月板後節の損傷
外側半月板後節の損傷

2021年10月28日より、当院のオンライン治療を開始し、ナチュラリゼーション療法を約4ヶ月間継続した後、2022年2月25日にMRI撮影を行った。

MRIの診断結果:
ACL部分断裂
内側半月板後節の損傷
外側半月板後節の断裂

2021/10/05と2022/02/25のMRIを比較すると、断裂した前十字靭帯が自然治癒し始めていることが確認された。両半月板の断裂は、現時点では変化していなかった。患者には、前十字靭帯の連続性がより安定して回復するまで、ナチュラリゼーション療法を続けるように指示した。左膝の可動域は完全に回復し、膝の不安定感は無くなっていた。普通に歩けるようになり、日常生活も普通にも不自由なく過ごせるまでに回復していた。今後、ナチュラリゼーション療法の他、筋力トレーニングも行うよう指示し、経過観察していくことになった。

参考文献

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

Non-Surgical Treatment of a Complete ACL Tear – case 16

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

31 year old, male, Japanese
On September 20th, 2021, he was playing badminton, and when he landed on his left knee from jumping, he twisted it. Two weeks later, he went to the MRI scanning, and the diagnosis was:

Complete ACL tear
Tear of the posterior segment of the Medial Meniscus
Tear of the posterior segment of the Lateral Meniscus

On October 28th,2021, he started the online therapy for the natural healing of the ACL tear with Jun Matsumoto. He continued doing the Evo-Devo Exercises for four months, and he took the next MRIs on February 25,2022.

The MRI report indicates:

Partial ACL tear

By comparing the MRIs of 2021/10/05 and 2022/02/25, the torn ACL starts healing spontaneously and growing intact. The torn ACL is still in healing process. However, the both meniscii tears remain unhealed yet at this moment. Jun Matsumoto ordered him to continue doing he Evo-Devo EX until the continuation of the ACL becomes more firm. The patient recovered the full range of motion of the left knee, and he doesn’t feel any instability of the knee. He can walk normally and have the normal daily activities so far.

Reference

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi


2022年5月22日の新宿ナチュラリゼーションのご案内 Evo-Devo Exercises seminar on May 22,2022

注目

5月22日(日)新宿ナチュラリゼーションEVOセミナー

ナチュラリゼーションEVO.のスタジオレッスン。あらゆる競技のアスリートから体にお悩みのある一般の方までご参加頂けます。

会場:Rental Studio My lesson 新宿 Cスタジオ  新宿御苑前駅 2番出口 徒歩1分 

①13:00~14:50(110分)
②15:00~16:20(80分)
③16:30~17:50(80分)

受講料(税込)
プライベートレッスン 
80分:25,000円
110分:30,000円
大学生以下は5,000円割引です。
キャンセルは7日前までは無料です。6日〜前日はレッスン料の半額、当日は全額のご負担をお願い致します。悪天候により中止になった場合は、この限りではありません。

『お支払いについて』
クレジットカード・PayPal・PayPayの他、銀行振込でお支払い頂けます。
PayPalでのお支払いは、上のフォームをご利用ください。クレジットカードでのお支払いはリンクを送りますので、メッセージを送ってください。
PayPayでのお支払いは、PayPay idまたは携帯電話番号をメッセージで送ってください。
銀行振込でのお支払いは、次の口座までお振込みください。
三菱UFJ銀行 
京都支店
普通 3639007
名義 マツモトジュン

お預かりした個人情報はお申込みいただいたサービスの提供以外に利用しません。

『メールでお問い合わせ』
ivanivankov@yahoo.co.jp

『公式LINEからお問い合わせ』

松本じゅん接骨院公式LINEアカウント

Evolutionary and Developmental Exercises Seminar will be held in Tokyo. In this seminar you can learn the essences of Evo-Devo Exercises step by step. Evo-Devo Exercises are the name of the exercises which are based on the evolution and the development of human beings. Many of the musculoskeletal disorders are caused by the lack of  the development movements during 0-year old age. In this seminar, you will learn:

  1. Learn the 0-year old exercises precisely, and why those are important for our healthy life.
  2. How to overcome musculoskeletal disorders by Evo-Devo Exercises approach.
  3. How to improve physical abilities by Evo-Devo Exercises.

Evo-Devo Exercises involve all of the body parts and let them move with natural coordination. As you complete all of the exercises, you will retrieve natural body and movements.

Tokyo seminar

Date: May 22, 2022
class 1: 13:00-14:50(110 min.)
class 2: 15:00-16:20(80 min.)
class 3: 16:30-17:50(80 min.)

Place: My Lesson Shinjuku C studio

Fee: 25,000 yen(80 min.), 30,000 yen(110 min.)

Entry qualification: Anyone

Shiga seminar is always open at Jun Matsumoto Natural Therapy Office.

How to entry: Please send the information of your name and the course of your preference via email ivanivankov@yahoo.co.jp

I sincerely appreciate for your interest in Evo-Devo Exercises.

Jun Matsumoto

子供の前十字靭帯断裂 自然治癒療法 ケース15

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

12歳、男性、インド人
 2021年9月20日、レッグカールの筋力測定中に、医師の不注意によって右膝を負傷した。 10月4日にMRI撮影を行い、次のような診断を担当医師が下した。
前十字靭帯の完全断裂。 大腿骨付着部の断裂であった。後十字靭帯、内側側副靭帯、外側側副靭帯、半月板に損傷は無かった。

2021年10月22日から、当院のオンライン治療を開始した。ナチュラリゼーションと呼ばれる進化発生学に基づいた運動療法を約4ヶ月継続したのち、2022年3月2日に、再度、MRI画像を撮影した。

担当医師によるMRI画像診断を以下に示す。
前十字靭帯の大腿骨付着部に僅かに高信号が見られるが、連続性を保っている。線維の一部が、大腿骨外側顆内側面と癒着している。脛骨付着部では、前内側線維、後外側線維ともに連続性を保っている。

上記の診断結果により、変形治癒している箇所があるものの、断裂した前十靭帯の自然治癒が概ね始まっていることを確認した。今後は、運動強度を段階的に上げていき、彼の希望するテニス競技への復帰を目指していくことになった。

当院の前十字靭帯断裂の自然治癒療法の症例では、この12歳というケースが最年少です。(2022年3月末時点)小児期の前十字靭帯断裂患者への再建手術は、骨の成長を妨げるリスクがあるため、回避される傾向が高いのが現実です。 そのため、小児の前十靭帯断裂に対しては、現在のところ、有効な治療法がありません。治療法も無く、骨の成長が止まるまで激しいスポーツを禁止される子供たちの多くは絶望してきました。今後は、小児の前十字靭帯断裂の自然治癒症例数を蓄積していき、ナチュラリゼーション療法の有効性を示していきたいと願っています。

参考文献

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

Spontaneous Healing of a Complete ACL Tear in children -case 15

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

12 years old, male, Indian
On September 20th, 2021, during leg curl strength test due to carelessness of the doctor, his right knee got injured. Mri report indicates:

complete tear of the proximal segment bundle of the acl. Grade 3 sprain is also seen involving proximal segment and femoral attachment with increased signal. Tbl attachments /pcl are intact. Intact collaterals, posteromedial and posterolateral corners, menisci.

On October 22nd,2021, he started the online therapy for the natural healing of the ACL tear with Jun Matsumoto. He continued doing the Evo-Devo Exercises for four months, and he took the next MRIs on March 2nd,2022.

The MRI report indicates:

Proximal segment of the anterior cruciate ligament appears vertically oriented
flush with the medial aspect of the lateral femoral condyle and shows iso to
slightly hyperintense signal on both T1 and T2-weighted images. Intact tibial
attachments of both anteromedial and posterolateral bundles.

Although some tissues of the torn ACL are growing intact to the medial aspect of the lateral femoral condyle, the proximal femoral attachment is intact. Spontaneous healing of the torn ACL is occuring on the new MRI, and Jun Matsumoto permitted him to start doing more intense exercises so that he could retrun to playing the tennis.

He is the youngest patient who spontaneously healed from the ACL tear by Evo-Devo Exercises. In most cases, the surgeries for patients in chilhood are avoided because of the risk of imparing their bone growth. There has not been any appropriate medication for juvenile patients with ACL tears. The Evo-Devo Exercises can be the hope for the patients in childhood, and more successful cases can be accumulated and studied.

Reference

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi


ACL Tear No Surgery -case 14

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

22 years old, male, Japanese
On August 21, 2021, while practicing soccer, he was about to collide with an ally and twisted his left knee when he stepped on with one of his left feet. He underwent a (non-contact) orthopedics and underwent an MRI scan on August 25, and was diagnosed with anterior cruciate ligament rupture.

From October 2, 2021, he started the natural healing therapy with Jun Matsumoto. After continuing exercise therapy based on evolutionary developmental biology called Evo-Devo Exercises for 4 months, a new MRI image was taken.

MRI indicates:

The continuity of the torn anterior cruciate ligament was confirmed, and it was also confirmed that it healed spontaneously. Jun gave him the permission for jogging and strength training and said he could return to sports as soon as he was in good condition.

References:

前十字靭帯断裂の自然治癒 ケース14

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

22歳、男性、日本人
2021年8月21日、サッカーの練習中に、味方と衝突しそうになり、左足一本で踏ん張った際に、左膝を捻った。(非接触型)整形外科を受診し、8月25日にMRI撮影を行い、前十字靭帯断裂と診断された。

2021年10月2日から、当院の自然治癒療法を開始した。ナチュラリゼーションと呼ばれる進化発生学に基づいた運動療法を4ヶ月継続したのち、新たにMRI画像を撮影した。

断裂した前十字靭帯の連続性が確認され、自然治癒していることも確認された。ジョギングと筋力トレーニングの許可を出し、コンディションが整い次第、スポーツへの復帰が可能であると伝えた。

参考文献

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

前十字靭帯断裂の自然治癒 ケース13

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

21歳、男性、ラグビー選手、日本人
2021年5月12日、ラグビーの練習中に、左にフェイントを切る際、右膝を捻った。(非接触型)整形外科を受診し、5月13日にMRI撮影を行い、前十字靭帯断裂と診断された。

2021年5月15日から、当院の自然治癒療法のオンライン治療を開始した。ナチュラリゼーションと呼ばれる進化発生学に基づいた運動療法を4ヶ月継続したのち、新たにMRI画像を撮影した。

断裂した前十字靭帯の連続性が確認され、自然治癒していることも確認された。これにより、競技復帰へ向けてアスレチックリハビリテーションを開始し、運動強度を段階的に上げていくことを許可した。受傷7カ月が過ぎた12月26日、全国大学ラグビー選手権準々決勝において公式戦復帰を果たし、トライを決めた。

Spontaneous Healing of a Complete ACL Rupture -case 13

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

21-year old, male, college rugby player, Japanese
On Myay 12th, 2021, when he wa playing rugby, he twisted his right knee on his own. He went to the hospital, and his knee was scanned for the MRI. The diagnosis was the ACL complete rupture.

Complete rupture of the ACL

On May 15th, he started the therapy for the natural healing of the ACL tear through the online session with Jun Matsumoto. He continued doing the Evo-Devo Exercises for four months, and he took the next MRIs on September 22nd.

spontaneous healing was confirmed

MRI indicates:

The MRI picture shows that the ACL is anatomically intact and the ruptured ACL healed naturally. He is functionally moving well, and Jun Matsumoto permitted him to increase the intensity of the exercises. After completed the athletic rehabilitation for three months, on December 26th, he came back the game in the national college championship, and made a nice try.

References:

前十字靭帯断裂の自然治癒 ケース12

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

46歳、女性、日本人
2021年8月30日、柔術の練習中に、左膝を捻った。整形外科を受診し、9月3日にMRI撮影を行い、前十字靭帯断裂と診断された。

2021年9月20日から、当院の自然治癒療法のオンライン治療を開始した。ナチュラリゼーションと呼ばれる進化発生学に基づいた運動療法を3ヶ月継続したのち、新たにMRI画像を撮影した。

断裂した前十字靭帯の連続性が確認され、自然治癒していることも確認された。これにより、リハビリ過程における運動強度を上げていくことを許可し、受傷以前の運動レベルに戻していくためのリハビリを開始した。前十字靭帯断裂から2ヶ月以内にナチュラリゼーション療法を開始し、これを3ヶ月以上継続したは、11件中11件ともMRI画像において、自然治癒が確認された。

ACL tears heal without surgery-case 12

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

46-year old, Female, Japanese
On August 30, 2021, when she was practicing Jujutsu martial arts, she twisted her left knee. She went to the hospital, and her knee was scanned for the MRI. The diagnosis was:
ACL complete tear

On September 20th she started the therapy for the natural healing of the ACL tear through the online session with Jun Matsumoto. She continued to do the Evo-Devo Exercises for three months, and she took the next MRIs on December 21st.

MRI indicates:

The MRI picture shows that the ACL is anatomically intact and the torn ACL healed naturally. She is functionally moving well, and Jun Matsumoto permitted her to increase the intensity of the activities.

References:

72歳男性、前十字靭帯断裂から自然治癒した症例

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

72歳、男性、日本人
2021年5月1日、登山中に足を滑らせ転倒した。同日に、整形外科を受診し、MRI検査を行った結果、右膝前十字靭帯断裂と診断された。担当医師からは、年齢的に手術は負担が大きいことから、保存療法を提案された。

5月14日から、前十字靭帯の自然治癒へ向けて松本じゅん接骨院のオンライン治療を開始した。週1回のオンライン治療と毎日のナチュラリゼーション運動療法を4ヶ月間継続した後、再度MRI検査を行った。9月14日のMRI検査では、断裂した前十字靭帯は連続性を示し、自然治癒が始まっていることが確認された。72歳という年齢から、前十字靭帯の自然治癒は厳しいと思われたが、当初の予想は覆された。これより、運動強度を段階的に上げていき、数か月後には登山活動に復帰する予定である。

オンライン治療の様子

72-year old man healed naturally from the ACL tear – case 11

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

72-year old, Male, Japanese
On May 1st, 2021, when he was climbing the mountain, he stepped off and fell down. On the same day, he was taken to the hospital, and his right knee was scanned for the MRI. The diagnosis was:

Complete ACL tear

On May 14th he started the therapy for the natural healing of the ACL tear through the online session with Jun Matsumoto. He continued to have the session once a week for 4 months. On May 14th he started the therapy for the natural healing of the ACL tear through the online session with Jun Matsumoto more than one hour every day. Because of his age, it was doubtful that the torn ACL would heal spontaneously. But, he never used his age as an excuse. He went to the hospital and took the new MRI 4 months from starting the natural therapy. Fortunately, it was found that the torn ACL were healing naturally and had its continuation. Jun permitted him to do the more intense exercises. This man hopes that he can climb the mountain again, and Jun will continue to help him.

前十字靭帯断裂の自然治癒   ケース10  

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

16歳、男性、日本人
2021年3月21日に、部活動のハンドボールの練習中、個人でフェイント動作をした際、左膝を捻り倒れこんだ。翌日に整形外科を受診し、MRI撮影を行った結果、前十字靭帯断裂、内側半月板損傷と診断された。骨がまだ成長過程であることから、この段階では手術はせず、経過観察していく方針が選ばれた。

受傷から7週間後の5月9日に、松本じゅん接骨院を受診し、前十字靭帯断裂の自然治癒を目的としたナチュラリゼーション療法を開始した。週一回の受診の他、毎日、自宅や部活動でナチュラリゼーションの運動療法を継続した。ナチュラリゼーション療法の開始から4ヶ月後の9月4日、初診とは別の病院でMRI撮影を行った。画像診断専門医の診断では、前十字靭帯の7〜8割は連続性を有しており、微小断裂であるとのことであった。これをもって、断裂した前十字靭帯が自然治癒を始めていることを確認し、患者のスポーツ活動復帰へ向けたリハビリを開始した。これより3〜4ヶ月間、段階的に運動強度を高めて行き、競技復帰する予定である。

前十字靭帯の連続性を確認できた。

9月28日にランニングをしていた際、左膝を捻ってしまった。同日に病院でMRI撮影を行い、前十字靭帯断裂と診断された。数日間の安静を経た後、再断裂した前十字靭帯の自然治癒療法を再開した。

自然治癒療法をさらに約3カ月間行い、MRI撮影を行った。

2021年9月4日のMRIで確認されたような、前十字靭帯の連続性は明確には確認できなかった。前十字靭帯の脛骨側の断端部が後十字靭帯と癒着していることが確認された。患者には、膝崩れなどの症状は無く、機能的には順調に回復していることから、このまま保存療法を継続していくこで同意した。運動強度を段階的に上げていき、2ヶ月後の3月5日に再度MRI撮影を行った。

残念ながら、今回も前十字靭帯の連続性は確認されなかった。今後は、さらに運動強度を上げていき、競技復帰を目指しながら経過を観察していくことで同意した。

考察
前十字靭帯断裂から一度は自然治癒したものの、再断裂を起こしてしまい、初めての再断裂の自然治癒は成功しなかった。再断裂の原因は明確には指摘できないが、気になった点が二つあった。一つは、自然治癒療法の開始が受傷7週間経過しており遅かったこと。その期間、装具やサポーターで可動域が制限されていたことで、治療開始から自然治癒までの期間においても、屈曲制限が残存していた。二つ目は、9月4日の自然治癒が確認されたMRIでは、まだ綺麗な自然治癒とは言えず、後十字靭帯とも癒着していると思われる変形治癒であったことである。個人的な感想としては、治療開始までの7週間の間に、可動域制限された環境で、靭帯の癒着が起こっていたのではないかと考えている。前十字靭帯断裂が自然治癒しても、その後、再断裂の可能性はあり、それを如何に予防していくかが今後の命題である。

Natural Healing, Re-rupture,and PRP Trial Story – case 10

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

16-year old, Male, Japanese
On March 21st, 2021, he twisted his left knee by his own movement during playing the handball. Next day, he was taken to the hospital, and his left knee was scanned for the MRI. The diagnosis was:

ACL complete tear
Medial meniscus tear

He visited Jun Matsumoto`s Natural Therapy Office, and started the evo-devo exercises for the natural healing of the ACL tear. He has visited there once a week for 4 months and has continued the exercises every day at home. He took the MRI at the different hospital on September 4th, and it was found that the torn ACL was healing naturally. Jun Matsumoto permitted him to do jogging and start the more intense exercises. In next 3 months, he will return to playing the handball in athletic level.

The torn ACL grows intact.

When he was running on September 28th, he twisted my left knee again. On the same day, he underwent an MRI scan at the hospital and was diagnosed with anterior cruciate ligament rupture. After several days of rest, he resumed spontaneous healing of the re-ruptured anterior cruciate ligament.

Evo-Devo Exercise was performed for another 3 months, and MRI imaging was taken again.

The continuity of the anterior cruciate ligament, as confirmed by MRI on September 4, 2021, could not be clearly confirmed. It was confirmed that the tibial stump of the anterior cruciate ligament adhered to the posterior cruciate ligament. The patient had no symptoms such as knee collapse and was functionally recovering satisfactorily, so he agreed to continue conservative therapy. The exercise intensity was gradually increased, and MRI imaging was performed again on March 5, two months later.

Unfortunately, the continuity of the anterior cruciate ligament was not confirmed this time either. In the future, he agreed to further increase his exercise intensity and observe the progress while aiming to return to the competition.

Consideration:

Although he healed naturally once from his anterior cruciate ligament rupture, he suffered a re-rupture and his spontaneous healing of the re-rupture was unsuccessful. The cause of his re-rupture cannot be clearly pointed out, but there were two points of concern. One was that the start of spontaneous healing therapy was late, 7 weeks after the injury. During that period, the range of motion was restricted by the orthotic device and supporters, so that the flexion restriction remained even during the period from the start of treatment to the spontaneous healing.

The second is that the MRI, which confirmed the spontaneous healing on September 4, did not indicate a beautiful natural healing yet, and that it was a deformed healing that seems to have adhered to the posterior cruciate ligament. My personal impression is that ligament adhesions may have occurred in an environment with limited range of motion during the 7 weeks leading up to the start of treatment. Even if the anterior cruciate ligament rupture heals spontaneously, there is a possibility of re-rupture after that, and how to prevent it is a future proposition.

PRP Injection trials

After the failure of the natural healing from the re-rupture of the healed ACL, he tried the first PRP injections in September 2022 to expect the natural healing again. Totally, he tried the injections four times. The function of his knee was recovering well, and he was practicing Handball in intense level. He attended the official game without having any problem. Moreover, Lackman’s test during that time was negative. He took the next MRI on Jan.16th, 2023.

MRI findings and Considerations:

Even though he tried the four-times PRP injections, expected natural healing did not succeed well. However, it looks that the scar tissues were enhanced to stabilize the knee joint. The remnants of the tprn ACL were adhering to the PCL more tightly.

ACL Tear heals without surgery – case 9

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

24 year old, male, Japanese
On December 20th, 2020, he injured his right knee during playing basketball. The MRI pictures were taken on December 21, 2020, and the diagnosis was:

Complete tear of ACL

He started the actual therapy with Jun Matsumoto from January 15, 2021 and continued Jun’s special rehab exercises for 4 months. He took the second MRI on May 29, 2021 at the different hospital, and the diagnosis was:

The ACL is intact.

This is the one of the slices of the MRIs taken on May 29,2021.

MRI indicates:

It is very clear that the torn ACL has healed naturally. You don’t have to be a specialist of radiology to see this beautiful natural healing by the picture. After seeing the natural healing of the ACL tear, Jun Matsumoto teaches him to start strengthening the muscles for preparing to return to the sport. He hasn’t been strengthening the muscles until the torn ACL became intact on the MRIs as Jun suggested. He canceled the surgery after seeing the natural healing of the ACL tear by the MRIs.

References:

ACL Tear Treatment without surgery – case 8

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

39 years old, male, American
On 27-9-2020, he injured his right knee during playing basketball. On 8-10-2020, he took the first MRI, and the diagnosis was

Complete ACL tear
LCL tear

He started the Online Therapy with Jun Matsumoto from 17-10-2020 and continued Jun’s special rehab exercises for 6 months. The following two MRI pictures were taken on 17-04-2021.

MRI indicates:

In my experience, this is the first case of which the torn ACL healed in the abnormal position. The inferior remnant of the torn ACL attached not to the superior remnant but to the lateral wall of the notch or the medial aspect of the lateral femoral condyle in a position anterior and distal to the ACL anatomic footprint. I will follow up this case up to a year, and I will show here how this torn ACL changes its form finally. After 7 months from the injury, he can have normal daily activities, but still have a little pain on LCL.

Reference
Crain EH, Fithian DC, Paxton EW, Luetzow WF. Variation in anterior cruciate ligament scar pattern: does the scar pattern affect anterior laxity in anterior cruciate ligament-deficient knees? Arthroscopy. 2005 Jan;21(1):19-24. doi: 10.1016/j.arthro.2004.09.015. PMID: 15650662.

ACL Tear heals without surgery – case 7

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information

17 years old, male, American
On October 23rd,2020, he injured his left knee during playing basketball. The MRI pictures were taken on October 29, and the diagnosis was:

complete tear of ACL

He started the Online Therapy with Jun Matsumoto from November 20, 2020 and continued Jun’s special rehab exercises for 4 months. He took the second MRI on April 11, 2021 at the same hospital, and the diagnosis was:

complete tear of the posterior bundle of ACL.
anterior bundle of ACL is intact.

The complete tear of whole ACL became as the partial tear in 5 months, even though the doctor never admitted the natural healing of torn ACL. He implied that the first diagnosis might be a misdiagnosis. The following is the second MRI, and I confirmed that the natural healing has been going on.

MRI indicates:

After having continued the Evo-Devo exercises with Jun Matsumoto for 4 months, the complete range of motion of the left knee was recovered, he could have the normal daily activity without pain. Now, he is still working out to return to play basketball.

References:

Natural Healing of ACL tear – case 6

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

43 year old, male, Italian, living in Italy
On January 10, 2020, he got injured his right knee during playing football.
The MRI pictures were taken on February 27, and the diagnosis was:

Partial tear of ACL
Mild edematous imbibition of the lateral collateral ligament

He started the Online Therapy with Jun Matsumoto from April 30, 2020 and continued Jun’s special rehab exercises for 4 months. It was assumed that the natural healing could not be expected because it had already passed more than three months from the injury. He took the second MRI on September 11th,2020, but at this time, it could not be found that the natural healing was clearly happening, even though he already recovered almost the normal function of the right knee.

He took the third MRI on March 15, 2021. Those show the natural healing of the torn ACL, even though it is not the normal natural healing. It is assumed that some tissue of the torn ACL have been connected to the original position and the other tissue have been connected to the PCL. These kinds of abnormal healing process(connecting to the PCL) have been reported in some research paper. The natural healing of the torn ACL can happen in normal or abnormal way in order to recover its stability. This is the first report of the patient who started the natural therapy for the torn ACL after more than three months from the injury.

References:

Can an ACL Tear Heal without Surgery? – case 5

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

38 year old, male, Brazilian, living in Germany
On August 12, 2020, he got injured his left knee during playing the squash. The MRI pictures were taken on August 17, and the diagnosis was:

Complete ACL tear
Complete MCL tear
Lateral meniscus tear(radial tear of posterior horn)

He started the Online Therapy with Jun Matsumoto from September 1, 2020 and continued Jun’s special rehab. exercises for 4 months.

MRI indicates:

After 5 months from his injury, he took the new MRI pictures, and those show that the torn ACL was healing naturally. At this time, he can already have the normal daily activities, and he still continues the rehab. exercises to return to sports.

References:

前十字靭帯完全断裂の自然治癒 症例報告 ケース4 ACL tear case 4

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

患者情報と受傷機転

日本人 男性 28歳
職業 空手家
 2019年6月に空手の試合中に左膝前十字靭帯を損傷した。手術をしない治療法を探して8月に当院を受診した。受傷後2ヶ月を経過していたがナチュラリゼーションによる保存的再生療法を開始。約3ヶ月の治療経過を報告する。8月の初診時の問診では、日常生活には不安は無いとのことであったが、左膝の可動域が若干制限されていた。徒手治療により可動域制限を取り、ナチュラリゼーション療法を開始。毎日1〜2時間のメニューを3ヶ月間継続した。6月5日と11月14日のMRIを比較すると、断裂した前十字靭帯が修復してきていることを確認した。11月来院時の報告では、空手の練習を既に開始しており、患部に痛みや違和感を感じることなく生活出来ている。練習強度を段階的に上げていくことを許可した。今後も経過観察をしていくことで確認。

 2020年2月27日に撮影したMRIを下に示す。前十字靭帯の明らかな連続性を確認した。受傷後8ヶ月、治療開始から6ヶ月で前十字靭帯損傷が自然治癒したことを認識した。患者は既に空手の試合に向けて強度の高い練習を違和感無く行ってきた。競技復帰への許可を出した。

受傷後8ヶ月 8 months after the injury

Patient information

Japanese, 28 year old, male, Kyokushin Karate Athlete
He ruptured his left anterior cruciate ligament during a karate competition in June, 2019. He wished his recovery without a surgery, and he found the Naturalization therapy. He first visited me in August. His left knee had some restriction of its range of motion, and also had some instability in the joint. He started the Naturalization therapy, and I told him to do the exercises specialized for healing ACL for 1-2 hours every day. He has been continuing the exercises for three months. The MRI pictures above show that the torn ACL started to heal gradually. According to his report, he started practicing Karate, and he doesn’t have any pain or complication for doing it. I permitted him to increase the intensity of Karate practice. We still continue to see the further healing and improvements at least for another 6 months.

The last MRI picture above was taken 8 months after the injury, and it shows almost complete healing of the torn ACL. On the functional meaning, he has practiced Karate with competitive intensity for 3 months without any complication.
On this day, I permitted him to attend a competition.

References:

前十字靭帯完全断裂の自然治癒 症例報告 ケース3 Natural Healing of ACL tear – case 3

注目

ACL Online Therapy

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

インド系マレーシア人 41歳 男性

2018年12月に右膝前淳十字靭帯を完全断裂した。

受傷後1ヶ月目からインターネット上のみで治療を開始した。

治療開始から3ヶ月間は2週間に一回の動画セッションを行った。

4ヶ月目以降は月に一回の動画セッションを行った。

セッションでは、カウンセリングと運動療法の指導を行った。

左が受傷直後、右が受傷6ケ月のMRI

治療開始が受傷後1ヶ月という急性期が過ぎつつあるということと、前十字靭帯の断裂の仕方が今までに見たことのない複雑さを呈していたことから、解剖学的自然治癒は困難であると予想していた。私の予想に反して、6ヶ月目のMRIにおいて、はっきりと靭帯の連続性が確認されたことは驚きであった。機能的には、患側に筋力低下が見られるものの、日常生活においては問題ないレベルまで回復している。患側の筋力が戻るまでリハビリは継続していく予定である。

Patient information

Born in India and working in Malaysia, Male, 41 year old

He ruptured his right ACL completely in December,2018. He started the Naturalization Therapy from the one month after the injury. We had the internet sessions through the Skype once in every 2 weeks for  the first 3 months and once in 1 month from the 4 months. At first, there were the difficulties for the anatomical healing, because it was the severe and complete ACL tear  which had torn in the unusual way. Moreover, it was late that he started my therapy because the acute period was almost passing. Contrary to my expectations, the MRI shows that his completely torn ACL has healed clearly and anatomically. The Naturalization Therapy enables the ACL tear to heal naturally without any complication. As long as the blood supply and the anatomic reduction are secured, the natural healing process will work even on the ACL.

SUPERNATURAL BODY:SECRET OF BABY EXERCISE(English Edition)

注目

I came to publish the e-book about the Naturalization,and I wish this book would help many people suffering in civilization.

SUPERNATURAL BODY: SECRET OF BABY EXERCISE (English Edition)

ebook2018eng

This book introduces you the essences of Naturalization step by step. Naturalization is the name of the exercises which are based on the evolution and the development of human beings. Many of the physical disorders are caused by the lack of the development movements during 0-year old age. In this book, you will learn:

Learn the 0-year old exercises precisely, and why those are important for our healthy life.
How to overcome physical disorders by Naturalization approach.
How to improve physical abilities by Naturalization exercises.
Naturalization exercises involve all of the body parts and let them move with natural coordination. As you complete all of the exercises, you will retrieve natural body and movements.

 

前十字靭帯断裂の自然治癒 症例報告 ケース2 Natural Healing of ACL tear – case 2.

注目

前十字靭帯損傷の自然治癒療法

2018年11月に右膝前十字靭帯断裂と内側半月板損傷を合併した症例に関する受傷3ヶ月後の症例報告です。

受傷から1ヶ月過ぎてのナチュラリゼーション療法の開始でしたが、治療開始2ヶ月のMRI画像診断で、損傷靭帯が回復過程にあるとの報告を受けました。

日常生活での支障は全く無いことから、ジョギングの開始を許可しました。

The MRI pictures of ACL tear from 11 days though 3 months. Natural healing is seen here. I permit the patient to start jogging.

ACL Online Therapy

同症例の受賞後5ヶ月目のレポートです。

4ヶ月目(左)と5カ月目(右)のMRI画像をアップします。

The following is the report of 5 months after the incident .

The MRI of 4 months(left) and 5 months(right) are listed below.

少しずつ断裂した靭帯の連続性が太くなっていることが確認できます。

The continuation of the ACL has been strengthened slightly.

次に受傷4ヶ月目の、レバーアームテストによる徒手検査と運動機能評価の動画をアップします。レバーアームテストでは、足が床から持ち上がると靭帯に連続性があることを示し、断裂していると足は持ち上がりません。受傷4ヶ月目では、わずかながら足は持ち上がりました。

The video below shows the assessments of the Lever arm test and the physical abilities.(4 months) In this test, the lift of the foot signs the continuation of the ACL. The video shows the slight lift of the foot.

次に受傷5ヶ月目の、レバーアームテストと運動機能評価(走力)の動画をアップします。レバーアームテストでは、4ヶ月目よりも明確に足が持ち上がりました。これは断裂靭帯が確実に修復されていることを示しています。受傷3ヶ月目からジョギングを開始し、5ヶ月目では、全速力の約80%でのランニングが可能になりました。当患者は陸上選手であり、この経過であれば受傷6ヶ月での競技復帰を予定しています。

The same test was executed 5 months after the incident. It shows that the foot was lifted more evidently, which means the healing of the ACL has progressed. He recovered his running ability up to 80 % of his maximum. He plans to return to his athletics in 6 months after the incident. His specialty is track & field.

受傷6ヶ月目のMRIと徒手検査の結果は、5ヶ月目と殆ど変化はありませんでした。
次回のMRI撮影は、受傷後1年後に予定しています。
受傷6ヶ月目で、患者から陸上の競技会に復帰すると報告がありました。
機能不全の自覚症状はなし、走力も100%近く戻っているとの自己報告がありました。
患者がインタビューに応じてくれたので、その動画をアップ致します。

6 months after the injury,there were no difference in the MRI and the physical assessment compared to the last ones. However,he has trained himself enough during the last month,and he says that his running ability has come back almost to his 100% and decided to return to the T&F race in the next month.

前十字靭帯の保存的癒合の最新レポート ケース1

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂に対するナチュラリゼーション療法の7ヶ月目の経過を報告します。

3ヶ月目のMRIで画像上では癒合が確認出来ましたが、実際の運動機能はどうなのか?と疑問を持っていた方もいたでしょう。

私も患者がどの程度、機能を回復しているのか大変興味を持っていました。

遠方の方なので、今回の診察は4ヶ月ぶりです。

前回の3ヶ月目では、日常生活では問題は無いが、時々膝に違和感を感じる事があったようです。

それでも、3ヶ月目から肉体労働を始められて、4ヶ月目位までは作業中に違和感を感じた事もあったようです。

しかし、5ヶ月目以降は日常生活でも肉体労働でも、痛みや違和感は無いようでした。

そして、7ヶ月目の今回は、画像と運動機能を評価したものを簡単に動画にまとめてみました。

7ヶ月目のMRI画像では、3ヶ月目よりはっきりと断裂した靭帯が修復しているのを確認できました。

前方引出しテストという、関節の緩さを確認するテストでも、全く異常が見られませんでした。

これには私は驚きました。

私の予想では、関節の緩さは残るだろうと予測していたからです。

大腿四頭筋の筋委縮も無く、視覚では左右差は全く確認出来ませんでした。

次に、運動機能を評価しました。

屈伸運動や、片足ジャンプ、サイドステップ等を評価しましたが、殆ど異常は見られませんでした。

こんなに綺麗に治るものかと驚きを隠せませんでした。

前十字靭帯再建術では、あんなにも苦しいリハビリを経て、