Non-Surgical Treatment of a Complete ACL Tear – case 16

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

31 year old, male, Japanese
On September 20th, 2021, he was playing badminton, and when he landed on his left knee from jumping, he twisted it. Two weeks later, he went to the MRI scanning, and the diagnosis was: Complete ACL tear
31 year old, male, Japanese
On September 20th, 2021, he was playing badminton, and when he landed on his left knee from jumping, he twisted it. Two weeks later, he went to the MRI scanning, and the diagnosis was: Complete ACL tear

On October 28th,2021, he started the online therapy for the natural healing of the ACL tear with Jun Matsumoto. He continued doing the Evo-Devo Exercises for four months, and he took the next MRIs on February 25,2022.

The MRI report indicates:

Partial ACL tear

By comparing the MRIs of 2021/10/05 and 2022/02/25, the torn ACL starts healing spontaneously and growing intact. The torn ACL is still in healing process, and Jun Matsumoto ordered him to continue doing he Evo-Devo EX until the continuation of the ACL becomes more firm. The patient recovered the full range of motion of the left knee, and he doesn’t feel any instability of the knee. He can walk normally and have the normal daily activities so far.

Reference

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi


2022年5月22日の新宿ナチュラリゼーションのご案内 Evo-Devo Exercises seminar on May 22,2022

注目

5月22日(日)新宿ナチュラリゼーションEVOセミナー

ナチュラリゼーションEVO.のスタジオレッスン。あらゆる競技のアスリートから体にお悩みのある一般の方までご参加頂けます。

会場:Rental Studio My lesson 新宿 Cスタジオ  新宿御苑前駅 2番出口 徒歩1分 

①13:00~14:50(110分)
②15:00~16:20(80分)
③16:30~17:50(80分)

受講料(税込)
プライベートレッスン 
80分:25,000円
110分:30,000円
大学生以下は5,000円割引です。
キャンセルは7日前までは無料です。6日〜前日はレッスン料の半額、当日は全額のご負担をお願い致します。悪天候により中止になった場合は、この限りではありません。

『お支払いについて』
クレジットカード・PayPal・PayPayの他、銀行振込でお支払い頂けます。
PayPalでのお支払いは、上のフォームをご利用ください。クレジットカードでのお支払いはリンクを送りますので、メッセージを送ってください。
PayPayでのお支払いは、PayPay idまたは携帯電話番号をメッセージで送ってください。
銀行振込でのお支払いは、次の口座までお振込みください。
三菱UFJ銀行 
京都支店
普通 3639007
名義 マツモトジュン

お預かりした個人情報はお申込みいただいたサービスの提供以外に利用しません。

『メールでお問い合わせ』
ivanivankov@yahoo.co.jp

『公式LINEからお問い合わせ』

松本じゅん接骨院公式LINEアカウント

Evolutionary and Developmental Exercises Seminar will be held in Tokyo. In this seminar you can learn the essences of Evo-Devo Exercises step by step. Evo-Devo Exercises are the name of the exercises which are based on the evolution and the development of human beings. Many of the musculoskeletal disorders are caused by the lack of  the development movements during 0-year old age. In this seminar, you will learn:

  1. Learn the 0-year old exercises precisely, and why those are important for our healthy life.
  2. How to overcome musculoskeletal disorders by Evo-Devo Exercises approach.
  3. How to improve physical abilities by Evo-Devo Exercises.

Evo-Devo Exercises involve all of the body parts and let them move with natural coordination. As you complete all of the exercises, you will retrieve natural body and movements.

Tokyo seminar

Date: May 22, 2022
class 1: 13:00-14:50(110 min.)
class 2: 15:00-16:20(80 min.)
class 3: 16:30-17:50(80 min.)

Place: My Lesson Shinjuku C studio

Fee: 25,000 yen(80 min.), 30,000 yen(110 min.)

Entry qualification: Anyone

Shiga seminar is always open at Jun Matsumoto Natural Therapy Office.

How to entry: Please send the information of your name and the course of your preference via email ivanivankov@yahoo.co.jp

I sincerely appreciate for your interest in Evo-Devo Exercises.

Jun Matsumoto

子供の前十字靭帯断裂 自然治癒療法 ケース15

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

12歳、男性、インド人
2021年9月20日、レッグカールの筋力測定中に、医師の不注意によって右膝を負傷した。 10月4日のMRI撮影を行い、次のような診断を担当医師が下した。
前十字靭帯の完全断裂。 大腿骨付着部の断裂であった。後十字靭帯、内側側副靭帯、外側側副靭帯、半月板に損傷は無かった。

2021年10月22日から、当院のオンライン治療を開始した。ナチュラリゼーションと呼ばれる進化発生学に基づいた運動療法を約4ヶ月継続したのち、2022年3月2日に、再度、MRI画像を撮影した。

担当医師によるMRI画像診断を以下に示す。
前十字靭帯の大腿骨付着部に僅かに高信号が見らるが、連続性を保っている。線維の一部が、大腿骨外側顆内側面と癒着している。脛骨付着部では、前内側線維、後外側線維ともに連続性を保っている。

上記の診断結果により、変形治癒している箇所があるものの、断裂した前十靭帯の自然治癒が概ね始まっていることを確認した。今後は、運動強度を段階的に上げていき、彼の希望するテニス競技への復帰を目指していくことになった。

当院の前十字靭帯断裂の自然治癒療法の症例では、この12歳というケースが最年少です。(2022年3月末時点)小児期の前十字靭帯断裂患者への再建手術は、骨の成長を妨げるリスクがあるため、回避される傾向が高いのが現実です。 そのため、小児の前十靭帯断裂に対しては、現在のところ、有効な治療法がありません。治療法も無く、骨の成長が止まるまで激しいスポーツを禁止される子供たちの多くは絶望してきました。今後は、小児の前十字靭帯断裂の自然治癒症例数を蓄積していき、ナチュラリゼーション療法の有効性を示していきたいと願っています。

参考文献

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

Spontaneous Healing of a Complete ACL Tear in childhood -case 15

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

12 years old, male, Indian
On September 20th, 2021, during leg curl strength test due to carelessness of the doctor, his right knee got injured. Mri report indicates:
complete tear of the proximal segment bundle of the acl. Grade 3 sprain is also seen involving proximal segment and femoral attachment with increased signal. Tbl attachments /pcl are intact. Intact collaterals, posteromedial and posterolateral corners, menisci.

On October 22nd,2021, he started the online therapy for the natural healing of the ACL tear with Jun Matsumoto. He continued doing the Evo-Devo Exercises for four months, and he took the next MRIs on March 2nd,2022.

The MRI report indicates:
Proximal segment of the anterior cruciate ligament appears vertically oriented
flush with the medial aspect of the lateral femoral condyle and shows iso to
slightly hyperintense signal on both T1 and T2-weighted images. Intact tibial
attachments of both anteromedial and posterolateral bundles.

Although some tissues of the torn ACL are growing intact to the medial aspect of the lateral femoral condyle, the proximal femoral attachment is intact. Spontaneousl healing of the torn ACL is occuring on the new MRI, and Jun Matsumoto permitted him to start doing more intense exercises so that he could retrun to playing the tennis.

He is the youngest patient who spontaneously healed from the ACL tear by Evo-Devo Exercises. In most cases, the surgeries for patients in chilhood are avoided because of the risk of imparing their bone growth. There has not been any appropriate medication for juvenile patients with ACL tears. The Evo-Devo Exercises can be the hope for the patients in childhood, and more successful cases can be accumulated and studied.

Reference

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi


Spontaneous Healing of a Complete ACL Rupture -case 14

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

22 years old, male, Japanese
On August 21, 2021, while practicing soccer, he was about to collide with an ally and twisted his left knee when he stepped on with one of his left feet. He underwent a (non-contact) orthopedics and underwent an MRI scan on August 25, and was diagnosed with anterior cruciate ligament rupture.

From October 2, 2021, he started the natural healing therapy with Jun Matsumoto. After continuing exercise therapy based on evolutionary developmental biology called Evo-Devo Exercises for 4 months, a new MRI image was taken.

The continuity of the torn anterior cruciate ligament was confirmed, and it was also confirmed that it healed spontaneously. Jun gave him the permission for jogging and strength training and said he could return to sports as soon as he was in good condition.

前十字靭帯断裂の自然治癒 ケース14

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

22歳、男性、日本人
2021年8月21日、サッカーの練習中に、味方と衝突しそうになり、左足一本で踏ん張った際に、左膝を捻った。(非接触型)整形外科を受診し、8月25日にMRI撮影を行い、前十字靭帯断裂と診断された。

2021年10月2日から、当院の自然治癒療法を開始した。ナチュラリゼーションと呼ばれる進化発生学に基づいた運動療法を4ヶ月継続したのち、新たにMRI画像を撮影した。

断裂した前十字靭帯の連続性が確認され、自然治癒していることも確認された。ジョギングと筋力トレーニングの許可を出し、コンディションが整い次第、スポーツへの復帰が可能であると伝えた。

参考文献

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

前十字靭帯断裂の自然治癒 ケース13

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

21歳、男性、ラグビー選手、日本人
2021年5月12日、ラグビーの練習中に、左にフェイントを切る際、右膝を捻った。(非接触型)整形外科を受診し、5月13日にMRI撮影を行い、前十字靭帯断裂と診断された。

2021年5月15日から、当院の自然治癒療法のオンライン治療を開始した。ナチュラリゼーションと呼ばれる進化発生学に基づいた運動療法を4ヶ月継続したのち、新たにMRI画像を撮影した。

断裂した前十字靭帯の連続性が確認され、自然治癒していることも確認された。これにより、競技復帰へ向けてアスレチックリハビリテーションを開始し、運動強度を段階的に上げていくことを許可した。受傷7カ月が過ぎた12月26日、全国大学ラグビー選手権準々決勝において公式戦復帰を果たし、トライを決めた。

Spontaneous Healing of a Complete ACL Rupture -case 13

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:
21-year old, male, college rugby player, Japanese
On Myay 12th, 2021, when he wa playing rugby, he twisted his right knee on his own. He went to the hospital, and his knee was scanned for the MRI. The diagnosis was the ACL complete rupture.

Complete rupture of the ACL

On May 15th, he started the therapy for the natural healing of the ACL tear through the online session with Jun Matsumoto. He continued doing the Evo-Devo Exercises for four months, and he took the next MRIs on September 22nd.

spontaneous healing was confirmed

The MRI picture shows that the ACL is anatomically intact and the ruptured ACL healed naturally. He is functionally moving well, and Jun Matsumoto permitted him to increase the intensity of the exercises. After completed the athletic rehabilitation for three months, on December 26th, he came back the game in the national college championship, and made a nice try.

前十字靭帯断裂の自然治癒 ケース12

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

46歳、女性、日本人
2021年8月30日、柔術の練習中に、左膝を捻った。整形外科を受診し、9月3日にMRI撮影を行い、前十字靭帯断裂と診断された。

2021年9月20日から、当院の自然治癒療法のオンライン治療を開始した。ナチュラリゼーションと呼ばれる進化発生学に基づいた運動療法を3ヶ月継続したのち、新たにMRI画像を撮影した。

断裂した前十字靭帯の連続性が確認され、自然治癒していることも確認された。これにより、リハビリ過程における運動強度を上げていくことを許可し、受傷以前の運動レベルに戻していくためのリハビリを開始した。前十字靭帯断裂から2ヶ月以内にナチュラリゼーション療法を開始し、これを3ヶ月以上継続したは、11件中11件ともMRI画像において、自然治癒が確認された。

ACL tears heal without surgery-case 12

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:
46-year old, Female, Japanese
On August 30, 2021, when she was practicing Jujutsu martial arts, she twisted her left knee. She went to the hospital, and her knee was scanned for the MRI. The diagnosis was:
ACL complete tear

On September 20th she started the therapy for the natural healing of the ACL tear through the online session with Jun Matsumoto. She continued to do the Evo-Devo Exercises for three months, and she took the next MRIs on December 21st.

The MRI picture shows that the ACL is anatomically intact and the torn ACL healed naturally. She is functionally moving well, and Jun Matsumoto permitted her to increase the intensity of the activities.

72歳男性、前十字靭帯断裂から自然治癒した症例

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

72歳、男性、日本人
2021年5月1日、登山中に足を滑らせ転倒した。同日に、整形外科を受診し、MRI検査を行った結果、右膝前十字靭帯断裂と診断された。担当医師からは、年齢的に手術は負担が大きいことから、保存療法を提案された。

5月14日から、前十字靭帯の自然治癒へ向けて松本じゅん接骨院のオンライン治療を開始した。週1回のオンライン治療と毎日のナチュラリゼーション運動療法を4ヶ月間継続した後、再度MRI検査を行った。9月14日のMRI検査では、断裂した前十字靭帯は連続性を示し、自然治癒が始まっていることが確認された。72歳という年齢から、前十字靭帯の自然治癒は厳しいと思われたが、当初の予想は覆された。これより、運動強度を段階的に上げていき、数か月後には登山活動に復帰する予定である。

オンライン治療の様子

72-year old man healed naturally from the ACL tear.-case 11

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:
72-year old, Male, Japanese
On May 1st, 2021, when he was climbing the mountain, he stepped off and fell down. On the same day, he was taken to the hospital, and his right knee was scanned for the MRI. The diagnosis was
ACL complete tear

On May 14th he started the therapy for the natural healing of the ACL tear through the online session with Jun Matsumoto. He continued to have the session once a week for 4 months. On May 14th he started the therapy for the natural healing of the ACL tear through the online session with Jun Matsumoto more than one hour every day. Because of his age, it was doubtful that the torn ACL would heal spontaneously. But, he never used his age as an excuse. He went to the hospital and took the new MRI 4 months from starting the natural therapy. Fortunately, it was found that the torn ACL were healing naturally and had its continuation. Jun permitted him to do the more intense exercises. This man hopes that he can climb the mountain again, and Jun will continue to help him.

前十字靭帯断裂の自然治癒   ケース10  

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

16歳、男性、日本人
2021年3月21日に、部活動のハンドボールの練習中、個人でフェイント動作をした際、左膝を捻り倒れこんだ。翌日に整形外科を受診し、MRI撮影を行った結果、前十字靭帯断裂、内側半月板損傷と診断された。骨がまだ成長過程であることから、この段階では手術はせず、経過観察していく方針が選ばれた。

受傷から7週間後の5月9日に、松本じゅん接骨院を受診し、前十字靭帯断裂の自然治癒を目的としたナチュラリゼーション療法を開始した。週一回の受診の他、毎日、自宅や部活動でナチュラリゼーションの運動療法を継続した。ナチュラリゼーション療法の開始から4ヶ月後の9月4日、初診とは別の病院でMRI撮影を行った。画像診断専門医の診断では、前十字靭帯の7〜8割は連続性を有しており、微小断裂であるとのことであった。これをもって、断裂した前十字靭帯が自然治癒を始めていることを確認し、患者のスポーツ活動復帰へ向けたリハビリを開始した。これより3〜4ヶ月間、段階的に運動強度を高めて行き、競技復帰する予定である。

前十字靭帯の連続性を確認できた。

9月28日にランニングをしていた際、左膝を捻ってしまった。同日に病院でMRI撮影を行い、前十字靭帯断裂と診断された。数日間の安静を経た後、再断裂した前十字靭帯の自然治癒療法を再開した。

自然治癒療法をさらに約3カ月間行い、MRI撮影を行った。

2021年9月4日のMRIで確認されたような、前十字靭帯の連続性は明確には確認できなかった。前十字靭帯の脛骨側の断端部が後十字靭帯と癒着していることが確認された。患者には、膝崩れなどの症状は無く、機能的には順調に回復していることから、このまま保存療法を継続していくこで同意した。運動強度を段階的に上げていき、2ヶ月後の3月5日に再度MRI撮影を行った。

残念ながら、今回も前十字靭帯の連続性は確認されなかった。今後は、さらに運動強度を上げていき、競技復帰を目指しながら経過を観察していくことで同意した。

考察
前十字靭帯断裂から一度は自然治癒したものの、再断裂を起こしてしまい、初めての再断裂の自然治癒は成功しなかった。再断裂の原因は明確には指摘できないが、気になった点が二つあった。一つは、自然治癒療法の開始が受傷7週間経過しており遅かったこと。その期間、装具やサポーターで可動域が制限されていたことで、治療開始から自然治癒までの期間においても、屈曲制限が残存していた。二つ目は、9月4日の自然治癒が確認されたMRIでは、まだ綺麗な自然治癒とは言えず、後十字靭帯とも癒着していると思われる変形治癒であったことである。個人的な感想としては、治療開始までの7週間の間に、可動域制限された環境で、靭帯の癒着が起こっていたのではないかと考えている。前十字靭帯断裂が自然治癒しても、その後、再断裂の可能性はあり、それを如何に予防していくかが今後の命題である。

ACL Tear heals without surgery – case 10

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:
16-year old, Male, Japanese
On March 21st, 2021, he twisted his left knee by his own movement during playing the handball. Next day, he was taken to the hospital, and his left knee was scanned for the MRI. The diagnosis was
ACL complete tear
Medial meniscus tear

He visited Jun Matsumoto`s Natural Therapy Office, and started the evo-devo exercises for the natural healing of the ACL tear. He has visited there once a week for 4 months and has continued the exercises every day at home. He took the MRI at the different hospital on September 4th, and it was found that the torn ACL was healing naturally. Jun Matsumoto permitted him to do jogging and start the more intense exercises. In next 3 months, he will return to playing the handball in athletic level.

The torn ACL grows intact.

When I was running on September 28th, I twisted my left knee again. On the same day, he underwent an MRI scan at the hospital and was diagnosed with anterior cruciate ligament rupture. After several days of rest, he resumed spontaneous healing of the re-ruptured anterior cruciate ligament.

Evo-Devo Exercise was performed for another 3 months, and MRI imaging was taken again.

The continuity of the anterior cruciate ligament, as confirmed by MRI on September 4, 2021, could not be clearly confirmed. It was confirmed that the tibial stump of the anterior cruciate ligament adhered to the posterior cruciate ligament. The patient had no symptoms such as knee collapse and was functionally recovering satisfactorily, so he agreed to continue conservative therapy. The exercise intensity was gradually increased, and MRI imaging was performed again on March 5, two months later.

Unfortunately, the continuity of the anterior cruciate ligament was not confirmed this time either. In the future, he agreed to further increase his exercise intensity and observe the progress while aiming to return to the competition.

Consideration:
Although he healed naturally once from his anterior cruciate ligament rupture, he suffered a re-rupture and his spontaneous healing of the re-rupture was unsuccessful. The cause of his re-rupture cannot be clearly pointed out, but there were two points of concern. One was that the start of spontaneous healing therapy was late, 7 weeks after the injury. During that period, the range of motion was restricted by the orthotic device and supporters, so that the flexion restriction remained even during the period from the start of treatment to the spontaneous healing. The second is that the MRI, which confirmed the spontaneous healing on September 4, did not indicate that it was a beautiful natural healing yet, and that it was a deformed healing that seems to have adhered to the posterior cruciate ligament. My personal impression is that ligament adhesions may have occurred in an environment with limited range of motion during the 7 weeks leading up to the start of treatment. Even if the anterior cruciate ligament rupture heals spontaneously, there is a possibility of re-rupture after that, and how to prevent it is a future proposition.

ACL Tear heals without surgery – case 9

注目

ACL Online Therapy.

24 year old, male, Japanese
On December 20th, 2020, he injured his right knee during playing basketball. The MRI pictures were taken on December 21, 2020, and the diagnosis was a complete tear of ACL.

He started the actual therapy with Jun Matsumoto from January 15, 2021 and continued Jun’s special rehab exercises for 4 months. He took the second MRI on May 29, 2021 at the different hospital, and the diagnosis was:

The ACL is intact.

This is the one of the slices of the MRIs taken on May 29,2021.

It is very clear that the torn ACL has healed naturally. You don’t have to be a specialist of radiology to see this beautiful natural healing by the picture. After seeing the natural healing of the ACL tear, Jun Matsumoto teaches him to start strengthening the muscles for preparing to return to the sport. He hasn’t been strengthening the muscles until the torn ACL became intact on the MRIs as Jun suggested. He canceled the surgery after seeing the natural healing of the ACL tear by the MRIs.

ACL Tear heals without surgery – case 8

注目

ACL Online Therapy

Patient information:
39 years old, male, American
On 27-9-2020, he injured his right knee during playing basketball. On 8-10-2020, he took the first MRI, and the diagnosis was

Complete ACL tear
LCL tear

He started the Online Therapy with Jun Matsumoto from 17-10-2020 and continued Jun’s special rehab exercises for 6 months. The following two MRI pictures were taken on 17-04-2021.

In my experience, this is the first case of which the torn ACL healed in the abnormal position. The inferior remnant of the torn ACL attached not to the superior remnant but to the lateral wall of the notch or the medial aspect of the lateral femoral condyle in a position anterior and distal to the ACL anatomic footprint. I will follow up this case up to a year, and I will show here how this torn ACL changes its form finally. After 7 months from the injury, he can have normal daily activities, but still have a little pain on LCL.

Reference
Crain EH, Fithian DC, Paxton EW, Luetzow WF. Variation in anterior cruciate ligament scar pattern: does the scar pattern affect anterior laxity in anterior cruciate ligament-deficient knees? Arthroscopy. 2005 Jan;21(1):19-24. doi: 10.1016/j.arthro.2004.09.015. PMID: 15650662.

ACL Tear heals without surgery – case 7

注目

ACL Online Therapy

17 years old, male, American
On October 23rd,2020, he injured his left knee during playing basketball. The MRI pictures were taken on October 29, and the diagnosis was a complete tear of ACL.

He started the Online Therapy with Jun Matsumoto from November 20, 2020 and continued Jun’s special rehab exercises for 4 months. He took the second MRI on April 11, 2021 at the same hospital, and the diagnosis was:

complete tear of the posterior bundle of ACL.
anterior bundle of ACL is intact.

The complete tear of whole ACL became as the partial tear in 5 months, even though the doctor never admitted the natural healing of torn ACL. He implied that the first diagnosis might be a misdiagnosis. The following is the second MRI, and I confirmed that the natural healing has been going on.

After having continued the Evo-Devo exercises with Jun Matsumoto for 4 months, the complete range of motion of the left knee was recovered, he could have the normal daily activity without pain. Now, he is still working out to return to play basketball.

Natural Healing of ACL tear – case 6

注目

ACL Online Therapy for natural healing

The other cases of the natural healing of the ACL tear

Patient information:
43 year old, male, Italian, living in Italy
On January 10, 2020, he got injured his right knee during playing football.
The MRI pictures were taken on February 27, and the diagnosis was:
Partial tear of ACL
Mild edematous imbibition of the lateral collateral ligament

He started the Online Therapy with Jun Matsumoto from April 30, 2020 and continued Jun’s special rehab exercises for 4 months. It was assumed that the natural healing could not be expected because it had already passed more than three months from the injury. He took the second MRI on September 11th,2020, but at this time, it could not be found that the natural healing was clearly happening, even though he already recovered almost the normal function of the right knee.

He took the third MRI on March 15, 2021. Those show the natural healing of the torn ACL, even though it is not the normal natural healing. It is assumed that some tissue of the torn ACL have been connected to the original position and the other tissue have been connected to the PCL. These kinds of abnormal healing process(connecting to the PCL) have been reported in some research paper. The natural healing of the torn ACL can happen in normal or abnormal way in order to recover its stability. This is the first report of the patient who started the natural therapy for the torn ACL after more than three months from the injury.

Reference:

Kittani M, Haviv B, Shemesh S, Yaari L, Yassin M, Rath-Wolfson L. Morphological and Histological Changes in the Human Anterior Cruciate Ligament after Rupture. Isr Med Assoc J. 2021 Jan;23(1):33-37. PMID: 33443340.

Can an ACL Tear Heal without Surgery? – case 5

注目

ACL Online Therapy

Patient information:
38 year old, male, Brazilian, living in Germany
On August 12, 2020, he got injured his left knee during playing the squash. The MRI pictures were taken on August 17, and the diagnosis was:
Complete ACL tear
Complete MCL tear
Lateral meniscus tear(radial tear of posterior horn)

He started the Online Therapy with Jun Matsumoto from September 1, 2020 and continued Jun’s special rehab. exercises for 4 months. After 5 months from his injury, he took the new MRI pictures, and those show that the torn ACL was healing naturally. At this time, he can already have the normal daily activities, and he still continues the rehab. exercises to return to sports.

前十字靭帯完全断裂の症例報告 ケース4 ACL tear case 4

注目

ACL Online Therapy

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

日本人 男性 28歳
職業 空手家
2019年6月に空手の試合中に左膝前十字靭帯を損傷した。手術をしない治療法を探して8月に当院を受診した。受傷後2ヶ月を経過していたがナチュラリゼーションによる保存的再生療法を開始。約3ヶ月の治療経過を報告する。8月の初診時の問診では、日常生活には不安は無いとのことであったが、左膝の可動域が若干制限されていた。徒手治療により可動域制限を取り、ナチュラリゼーション療法を開始。毎日1〜2時間のメニューを3ヶ月間継続した。6月5日と11月14日のMRIを比較すると、断裂した前十字靭帯が修復してきていることを確認した。11月来院時の報告では、空手の練習を既に開始しており、患部に痛みや違和感を感じることなく生活出来ている。練習強度を段階的に上げていくことを許可した。今後も経過観察をしていくことで確認。

2020年2月27日に撮影したMRIを下に示す。前十字靭帯の明らかな連続性を確認した。受傷後8ヶ月、治療開始から6ヶ月で前十字靭帯損傷が自然治癒したことを認識した。患者は既に空手の試合に向けて強度の高い練習を違和感無く行ってきた。競技復帰への許可を出した。

受傷後8ヶ月 8 months after the injury

Patient information
Japanese, 28 year old, male, Kyokushin Karate Athlete
He ruptured his left anterior cruciate ligament during a karate competition in June, 2019. He wished his recovery without a surgery, and he found the Naturalization therapy. He first visited me in August. His left knee had some restriction of its range of motion, and also had some instability in the joint. He started the Naturalization therapy, and I told him to do the exercises specialized for healing ACL for 1-2 hours every day. He has been continuing the exercises for three months. The MRI pictures above show that the torn ACL started to heal gradually. According to his report, he started practicing Karate, and he doesn’t have any pain or complication for doing it. I permitted him to increase the intensity of Karate practice. We still continue to see the further healing and improvements at least for another 6 months.

The last MRI picture above was taken 8 months after the injury, and it shows almost complete healing of the torn ACL. On the functional meaning, he has practiced Karate with competitive intensity for 3 months without any complication.
On this day, I permitted him to attend a competition.

前十字靭帯完全断裂の症例報告 ケース3 Natural Healing of ACL tear – case 3

注目

ACL Online Therapy

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

インド系マレーシア人 41歳 男性

2018年12月に右膝前淳十字靭帯を完全断裂した。

受傷後1ヶ月目からインターネット上のみで治療を開始した。

治療開始から3ヶ月間は2週間に一回の動画セッションを行った。

4ヶ月目以降は月に一回の動画セッションを行った。

セッションでは、カウンセリングと運動療法の指導を行った。

左が受傷直後、右が受傷6ケ月のMRI

治療開始が受傷後1ヶ月という急性期が過ぎつつあるということと、前十字靭帯の断裂の仕方が今までに見たことのない複雑さを呈していたことから、解剖学的自然治癒は困難であると予想していた。私の予想に反して、6ヶ月目のMRIにおいて、はっきりと靭帯の連続性が確認されたことは驚きであった。機能的には、患側に筋力低下が見られるものの、日常生活においては問題ないレベルまで回復している。患側の筋力が戻るまでリハビリは継続していく予定である。

Patient information

Born in India and working in Malaysia, Male, 41 year old

He ruptured his right ACL completely in December,2018. He started the Naturalization Therapy from the one month after the injury. We had the internet sessions through the Skype once in every 2 weeks for  the first 3 months and once in 1 month from the 4 months. At first, there were the difficulties for the anatomical healing, because it was the severe and complete ACL tear  which had torn in the unusual way. Moreover, it was late that he started my therapy because the acute period was almost passing. Contrary to my expectations, the MRI shows that his completely torn ACL has healed clearly and anatomically. The Naturalization Therapy enables the ACL tear to heal naturally without any complication. As long as the blood supply and the anatomic reduction are secured, the natural healing process will work even on the ACL.

SUPERNATURAL BODY:SECRET OF BABY EXERCISE(English Edition)

注目

I came to publish the e-book about the Naturalization,and I wish this book would help many people suffering in civilization.

SUPERNATURAL BODY: SECRET OF BABY EXERCISE (English Edition)

ebook2018eng

This book introduces you the essences of Naturalization step by step. Naturalization is the name of the exercises which are based on the evolution and the development of human beings. Many of the physical disorders are caused by the lack of the development movements during 0-year old age. In this book, you will learn:

Learn the 0-year old exercises precisely, and why those are important for our healthy life.
How to overcome physical disorders by Naturalization approach.
How to improve physical abilities by Naturalization exercises.
Naturalization exercises involve all of the body parts and let them move with natural coordination. As you complete all of the exercises, you will retrieve natural body and movements.

 

前十字靭帯断裂の症例報告 ケース2 Natural Healing of ACL tear – case 2.

注目

前十字靭帯損傷の自然治癒療法

2018年11月に右膝前十字靭帯断裂と内側半月板損傷を合併した症例に関する受傷3ヶ月後の症例報告です。

受傷から1ヶ月過ぎてのナチュラリゼーション療法の開始でしたが、治療開始2ヶ月のMRI画像診断で、損傷靭帯が回復過程にあるとの報告を受けました。

日常生活での支障は全く無いことから、ジョギングの開始を許可しました。

The MRI pictures of ACL tear from 11 days though 3 months. Natural healing is seen here. I permit the patient to start jogging.

ACL Online Therapy

同症例の受賞後5ヶ月目のレポートです。

4ヶ月目(左)と5カ月目(右)のMRI画像をアップします。

The following is the report of 5 months after the incident .

The MRI of 4 months(left) and 5 months(right) are listed below.

少しずつ断裂した靭帯の連続性が太くなっていることが確認できます。

The continuation of the ACL has been strengthened slightly.

次に受傷4ヶ月目の、レバーアームテストによる徒手検査と運動機能評価の動画をアップします。レバーアームテストでは、足が床から持ち上がると靭帯に連続性があることを示し、断裂していると足は持ち上がりません。受傷4ヶ月目では、わずかながら足は持ち上がりました。

The video below shows the assessments of the Lever arm test and the physical abilities.(4 months) In this test, the lift of the foot signs the continuation of the ACL. The video shows the slight lift of the foot.

次に受傷5ヶ月目の、レバーアームテストと運動機能評価(走力)の動画をアップします。レバーアームテストでは、4ヶ月目よりも明確に足が持ち上がりました。これは断裂靭帯が確実に修復されていることを示しています。受傷3ヶ月目からジョギングを開始し、5ヶ月目では、全速力の約80%でのランニングが可能になりました。当患者は陸上選手であり、この経過であれば受傷6ヶ月での競技復帰を予定しています。

The same test was executed 5 months after the incident. It shows that the foot was lifted more evidently, which means the healing of the ACL has progressed. He recovered his running ability up to 80 % of his maximum. He plans to return to his athletics in 6 months after the incident. His specialty is track & field.

受傷6ヶ月目のMRIと徒手検査の結果は、5ヶ月目と殆ど変化はありませんでした。
次回のMRI撮影は、受傷後1年後に予定しています。
受傷6ヶ月目で、患者から陸上の競技会に復帰すると報告がありました。
機能不全の自覚症状はなし、走力も100%近く戻っているとの自己報告がありました。
患者がインタビューに応じてくれたので、その動画をアップ致します。

6 months after the injury,there were no difference in the MRI and the physical assessment compared to the last ones. However,he has trained himself enough during the last month,and he says that his running ability has come back almost to his 100% and decided to return to the T&F race in the next month.

前十字靭帯の保存的癒合の最新レポート ケース1

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂に対するナチュラリゼーション療法の7ヶ月目の経過を報告します。

3ヶ月目のMRIで画像上では癒合が確認出来ましたが、実際の運動機能はどうなのか?と疑問を持っていた方もいたでしょう。

私も患者がどの程度、機能を回復しているのか大変興味を持っていました。

遠方の方なので、今回の診察は4ヶ月ぶりです。

前回の3ヶ月目では、日常生活では問題は無いが、時々膝に違和感を感じる事があったようです。

それでも、3ヶ月目から肉体労働を始められて、4ヶ月目位までは作業中に違和感を感じた事もあったようです。

しかし、5ヶ月目以降は日常生活でも肉体労働でも、痛みや違和感は無いようでした。

そして、7ヶ月目の今回は、画像と運動機能を評価したものを簡単に動画にまとめてみました。

7ヶ月目のMRI画像では、3ヶ月目よりはっきりと断裂した靭帯が修復しているのを確認できました。

前方引出しテストという、関節の緩さを確認するテストでも、全く異常が見られませんでした。

これには私は驚きました。

私の予想では、関節の緩さは残るだろうと予測していたからです。

大腿四頭筋の筋委縮も無く、視覚では左右差は全く確認出来ませんでした。

次に、運動機能を評価しました。

屈伸運動や、片足ジャンプ、サイドステップ等を評価しましたが、殆ど異常は見られませんでした。

こんなに綺麗に治るものかと驚きを隠せませんでした。

前十字靭帯再建術では、あんなにも苦しいリハビリを経て、しかも、後遺症が残り再断裂率も高いのですが。

この患者は、最初の1ヶ月位は不便な状態でしたが、それ以降は何の苦痛も経験せずに現在に至っています。

最初の3ヶ月は、毎日2時間ナチュラリゼーションをやってもらいましたが。

今回の症例を見て思った事は、前十字靭帯断裂でも保存的癒合治療を行えば、半年でスポーツに復帰できるかもしれません。

手術よりも早く、そして後遺症も無いかもしれません。

受傷から2週間以内にナチュラリゼーション療法を開始すれば、およそ3ヶ月で靭帯は再生していきます。

治療の第一オプションは、まずナチュラリゼーション療法によって、靭帯の自然再生を試みる。

自然再生が失敗した場合に、第二オプションとして再建術を検討する事がベストであると考えています。

十字靭帯損傷の疑いがある方は、二週間以内にご相談下さいませ。

お問い合わせ先

松本じゅん接骨院

075-741-6595

ivanivankov@yahoo.co.jp

前十字靭帯断裂の自然治癒に成功。ケース1

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂の自然治癒に初めて成功しました。

手術をしない保存療法ですが、切れたままにしておくのではなく、断裂した靭帯を癒合させる治療を行ってきました。

保存的修復の先駆者である井原秀俊医師やモハメッド・カリファ氏の文献を参考に、新しい治療法の開発に取り組んでいます。

ナチュラリゼーションと名付けたヒトの運動発達をベースにした運動療法によって、膝が失った本来の運動を再獲得し、断裂した靭帯が再生していくものと考えております。この治療では一切の装具やテーピングを使いません。ナチュラリゼーションによって獲得される人間本来の動的安定性は、装具のそれを凌駕するものと考えています。本来は骨が柱であり、筋肉と靭帯は自然のサポーターなのです。

十字靭帯損傷の受傷から2ヶ月以内に適切な応急処置と早期にナチュラリゼーションを開始すれば、約3ヶ月で靭帯は再生し始め、一年程で強い組織に変換されていきます。手術をするかしないかという二者択一ではなく、自然治癒する可能性がある3ヶ月間は、まずは保存療法を試みる価値はあると考えています。

受傷3日後のMRI画像

0month

受傷後約3カ月のMRI画像

3month

十字靭帯損傷に対するナチュラリゼーション療法は、松本じゅん接骨院でのみ行われています。

お問い合わせ先

松本じゅん接骨院

ivanivankov@yahoo.co.jp

ナチュラリゼーションアカデミーへのご案内

注目

今では箱根駅伝強豪校やプロ野球選手も実践しているナチュラリゼーションですが、始めるのに一番理想な時期はジュニア期であります。

体と精神の土台が築き上げられるこの時期に、ナチュラリゼーションを行うメリットを沢山の子供たちに体験してもらいたいという願いから、ジュニアアカデミーを開設しました。

ナチュラリゼーションを体現するにはおよそ3年の月日が必要である事が分かってきました。

3年以上続けた方々の成長や変化を見てそのように感じています。

始める前にその効果や結果を知りたくなるものですが、結論を言いますと、

「遠回りが一番の近道」なんですね。

ナチュラリゼーションの3年間では、間違いなく伸びしろが成長します。

結果はその後に自然とやってきます。

ジュニア選抜コースでは週1回のレッスンですが、理解力が備わってくる高校生以上では、月1レッスンでも十分効果が現われています。

他府県から月1回通われる方々も増えてきました。

それに伴い、京都本校でのレッスン料金を以下のように改定致します。

皆さまのナチュラルな体作りをこれからも応援して参ります。

いつもありがとうございます。

京都本校レッスン料金(税込)

ジュニア、学生料金 5、000円

ジュニア選抜 15,000円/月4~5回

親子ナチュラリゼーション 10,000円

一般料金 10,000円

プロフェショナル料金 30,000円

お問い合わせ ivanivankov@yahoo.co.jp

 

 

 

第66弾!利他的な遺伝子 2019.4.15

松本淳のナチュラルセラピスト講座最新号はこちらから

こんにちは、松本淳です。

春真っ盛りですね。

京都では、もう桜が散り始めています。

先週開催した、代々木セミナーは、見事な桜ナチュラリゼーションでした。

代々木セミナーの早朝は、春から実業団ランナーになったKさん。

次は、プロフェッショナルセミナーを4時間してから、プライベートレッスンを2コマやりました。

一人は大学生のラグビー選手で、高校生のころからツイッターで何度も質問をしてきた子です。

通信講座も一年間やっていたらしく、初めてレッスンに来てくれました。

ナチュラリゼーションはまだまだ普及していませんが、こういう子に出会うとやってきて良かったなぁと思います。

もう一人は、バレエ留学を経験して、日本のバレエ団に入団したのですが、腰痛が酷くてすぐに退団された方。

もっと早く出会っていたら、痛みなく元気に踊れていたのにと残念に思いました。

綺麗な歯並びに小さいお口、一目見て歯科矯正してたんだなと分かりました。

歯科矯正の後遺症で顎の位置が変わり、背骨のバランスを崩していたんですね。

若いころから治療院通いで痛みを誤魔化してきたらしいのです。

治療院は何をしとるのだ!

一方、実業団に入ったばかりのKさんは、毎週定期的にマッサージを受けさせられると困惑していました。

私はどこも痛くないし、マッサージを受けると調子が悪くなると言っても強制的に受けさせられるというのです。

彼女はナチュラリゼーションを3年半もやってきて、既にマッサージを必要としない体になっているのです。

その話を中級コースですると、受講生の一人が言いました。

『あ、それうちの会社のスタッフが治療しているチームですよ。』

なんじゃそりゃ!

治療ってなんなんすか?ゴッドハンド先生!

治療家にとっての仕事は、治療することなんですよ。

相手のためではない、自分のため。

自分のためというのは、悪いことなのか?

相手のために、自分を犠牲にしないといけないのか?

最近、私は遺伝子の勉強をしています。

30年以上前に世界的ベストセラーになった、『利己的な遺伝子』という本を読んでいます。

「遺伝子は自己を最大限に増やすことしか考えていない。」という趣旨のことが書かれています。

つまり、他人よりも自己の保存が生物の根源的な本能であるということです。

親は自分の子供は自分の1/2の遺伝子を持っています。

自分の遺伝子を残すという意味では、二人の子供のために自己犠牲で死ぬと、遺伝子の保存率はプラスマイナス0になります。

いとこは1/8しか遺伝子を共有していないので、8人のいとこのために自己犠牲で死んでプラスマイナス0になります。

生物とういうのは、血縁の近縁度が近ければ近い程に、利他的な行動ができるらしいのです。

利他的行動というのは、自分の利益よりも他人の利益を優先して行う行動のことです。

母親が子供のために、自分の食べ物を分け与えるという行為は、利他的行動といえます。

これは、遺伝子を最大限に残していくための、遺伝子にとっては利己的な行動なのです。

しかし、あかの他人との近縁度は分からないので、基本的に利他的行動はとりません。

見ず知らずの人を、命をかけて守れないですよね。

同じ日本人であれば、数千分の一くらいで近縁度があるかもしれませんが、限りなくゼロに近いですね。

ですから、他人である患者の利益のために、治療家が自己の利益を棄てるという行為はありえないのです。

売り上げ第一!、患者は永遠に通わせろ!というのが、遺伝子的には正解であり、当然のことなのです。

しかし、世の中にはまれに、他人に対しても利他的行動ができる人がいます。

キリストやマザー・テレサのような人たちをイメージしてください。

迷子や行方不明者を探すボランティアおじいちゃんでも同じです。

自己遺伝子の保存という観点で考えると、他人に対しての利他的遺伝子はメリットがないので子孫を残せないということになります。

子孫を残せない利他的遺伝子は、とっくに絶滅しているはずなのですが、絶滅していないのはなぜか?

これは私の考えですが、ヒトは戦争をする種であるために、利他的遺伝子を残しておかないと絶滅するということではないでしょうか。

永遠に殺し合うと、ヒトは最後は一人になって絶滅するはずです。

その中で、沢山の他人のために自己犠牲を払って生きる人々がいることで、戦争による絶滅を回避してきたと考えます。

しかし、その利他的遺伝子自身にもメリットがないと、この遺伝子は絶滅していたはずです。

利他的遺伝子のメリットとは何か?

ヒトであるかぎり、他人であっても近縁度はゼロではないのです。

もし他人の近縁度の平均値が1/1万だとしたら、1万人を自己犠牲で救って初めて利他的遺伝子は遺伝的メリットを得ると言えます。

おそらく私は、この利他的遺伝子を持っているのかなと想像しています。

私の話に共感する人たちも持っているかもしれません。

ごく一部の人しか持っていないマイナー遺伝子なので、大多数の人からは馬鹿にされるかもしれません。

他人の利益を考える馬鹿と。

考え方を変えた方が楽なのは分かるんですけど、遺伝子なので変えられないんですよ。

この遺伝子を残すためには、1万人以上を救うしか道はないのです。

まあ、そんなことを考えている今日この頃です。

では、皆様またお会いしましょう!

Ci vediamo!

第65弾!ナチュラリゼーション進化論を考える。2019.4.1

松本淳のナチュラルセラピスト講座最新号はこちらから

こんにちは、松本淳です。

すっかり春めいてきましたね。

京都では桜の蕾がすくすくと成長しています。

桜の木の下でナチュラリゼーションするのもいいですね。

今年からプロフェッショナルセミナーの中級コースを開催しているんですけど、これがなかなか大変ですが面白いのです。

面白いというのは、私が面白いのであって、受講者の皆さまはどうお考えなのかは分かりませんが。(笑)

中級コースでは、座学もしておりまして、この準備に膨大な勉強をさせて貰っています。

私自身、この勉強が面白い!

これは、ナチュラリゼーションの科学的根拠を構築していくための第一歩でもあります。

一言で言えば、なぜヒトはハイハイをするのかという答えが、実はまだ無いんです。

この問いへの答えを出すために、進化発生学学という学問をひも解いています。

ダーウィンの進化論から、人類学、遺伝学の歴史と現在を一通り知らないと、偏った仮説で終わると思うんですね。

過去の科学者達の偉業や挫折なども知っていくと、科学も多数派が勝つという傾向がありますね。

科学者達も勢力争いに勝つために政治をするんですね。

ダーウィンやヘッケルもそうですが、政治に敗れたメンデルなどは亡くなってから評価された科学者でした。

私もできれば生きている間に、ナチュラリゼーションが評価されてほしいなという希望はあります(笑)

私が死んでからも発展してほしいという思いから、ナチュラリゼーション進化論の構築をしておきたいのです。

学問すればするほど、内容が難しくなって、一般の人は離れていくかもしれません。

理論が構築されたら、簡単な言葉で分かりやすく説明できるかと思います。

ダーウィンの進化論が全て正しいわけではありませんが、一つだけ正しいと思うことがあります。

それは、生物は皆、競争原理の淘汰圧の中で生きているということです。

淘汰圧とは、自然淘汰される圧力のことです。

ヒトは動物界のなかでは、ずっと敗者であり、負ける度に新しい生き方を探してきた種なんですね。

肉食獣から逃れるために木に登り、そして樹上生活でも敗れて、また地に降りてきたわけです。

走ることよりも、手で道具を使うことを選んだのです。

道具を持ちながら移動するので、直立二足歩行になったのです。

一方、サメは海の中では完成形なので、古代魚の姿のままあまり進化せずに現在でも種として保存されています。

そう考えると、苦しいけど淘汰圧のなかで生きている方が、進化していくはずなんです。

どの海、どの地で、何を食べるかという選択が進化の鍵を握っているのです。

私はダイエットとかフィットネスという海では生きていけない。

治療に関しても、腰痛、肩こりという広くて浅い海では生きていけない。

しかし、究極のニッチである前十字靭帯断裂の保存療法という海には、医者というサメがいるんですよね。

何という淘汰圧!!!

おかげさまで、少しずつ症例が集まってきています。

それでも、100例の症例を作るのに数年はかかるでしょうね。

それまで、淘汰されないで生き延びていかないといけません。

孤独な戦いですが、頑張っていきます。

いつも読んで頂いてありがとうございます。

では、またお会いしましょう!

Andiamo!

2022年3月13日の新宿ナチュラリゼーションのご案内 Evo-Devo Exercises seminar in March 13,2022

3月13日(日)新宿ナチュラリゼーションEVOセミナー

ナチュラリゼーションEVO.のスタジオレッスン。あらゆる競技のアスリートから体にお悩みのある一般の方までご参加頂けます。

会場:Rental Studio My lesson 新宿 Cスタジオ  新宿御苑前駅 2番出口 徒歩1分 

①13:00~14:50(110分)
②15:00~16:20(80分)
③16:30~17:50(80分)

受講料(税込)
プライベートレッスン 
80分:25,000円
110分:30,000円
大学生以下は5,000円割引です。
キャンセルは7日前までは無料です。6日〜前日はレッスン料の半額、当日は全額のご負担をお願い致します。悪天候により中止になった場合は、この限りではありません。

『お支払いについて』
クレジットカード・PayPal・PayPayの他、銀行振込でお支払い頂けます。
PayPalでのお支払いは、上のフォームをご利用ください。クレジットカードでのお支払いはリンクを送りますので、メッセージを送ってください。
PayPayでのお支払いは、PayPay idまたは携帯電話番号をメッセージで送ってください。
銀行振込でのお支払いは、次の口座までお振込みください。
三菱UFJ銀行 
京都支店
普通 3639007
名義 マツモトジュン

お預かりした個人情報はお申込みいただいたサービスの提供以外に利用しません。

『メールでお問い合わせ』
ivanivankov@yahoo.co.jp

『公式LINEからお問い合わせ』

松本じゅん接骨院公式LINEアカウント

Evolutionary and Developmental Exercises Seminar are held in Tokyo. In this seminar you can learn the essences of Evo-Devo Exercises step by step. Evo-Devo Exercises are the name of the exercises which are based on the evolution and the development of human beings. Many of the musculoskeletal disorders are caused by the lack of  the development movements during 0-year old age. In this seminar, you will learn:

  1. Learn the 0-year old exercises precisely, and why those are important for our healthy life.
  2. How to overcome musculoskeletal disorders by Evo-Devo Exercises approach.
  3. How to improve physical abilities by Evo-Devo Exercises.

Evo-Devo Exercises involve all of the body parts and let them move with natural coordination. As you complete all of the exercises, you will retrieve natural body and movements.

[wpvideo 84ZGaNng]

Tokyo seminar

Date: March 13, 2022
class 1: 13:00-14:50(110 min.)
class 2: 15:00-16:20(80 min.)
class 3: 16:30-17:50(80 min.)

Place: My Lesson Shinjuku C studio

Fee: 25,000 yen(80 min.), 30,000 yen(110 min.)

Entry qualification: Anyone

Shiga seminar is always open at Jun Matsumoto Natural Therapy Office.

How to entry: Please send the information of your name and the course of your preference via email ivanivankov@yahoo.co.jp

I sincerely appreciate for your interest in Evo-Devo Exercises.

Jun Matsumoto