前十字靭帯断裂の変形治癒 ケース4

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

33歳、男性、マレーシア人

受傷機転:

 2022年7月21日、患者はバドミントンのプレー中に、 目の前に落ちたシャトルを拾おうと右足を前に出したところ、右側に倒れた。 同日中に病院に行ったが、すぐにはMRI検査を受けられなかった。 膝関節穿刺検査は行われいない。 その後、患者は数回鍼治療を受け、膝の完全伸展を含む2週間の理学療法を受けた。 9月8日にMRI検査を受け、次のように診断された。

前十字靭帯完全断裂
(近位部が断裂し、I型に分類され、断裂端が向かい合った状態)
内側側副靭帯捻挫
外側半月板断裂

 2022年9月17日から、当院のオンラインでのナチュラリゼーション治療を開始した。可動域を制限する機能性膝装具を装着せずに3か月間継続した。 2023年5月9日、2回目のMRI検査を受けた。

考察:

 このタイプの前十字靭帯断裂は、自然治癒し易いにもかかわらず、期待された結果は得られなかった。 失敗に至った原因を 3 つ挙げる。 1つ目は、彼が機能的な装具を着用していなかったということ。 次に、治療開始が受傷から2か月後と少し遅かったこと。 第三に、治療開始前に膝を完全伸展させる理学療法を実施したこと。 今回の失敗を踏まえて、今後の治療計画を再検討していく。

参考文献:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください