第68弾!東京ナチュラリゼーション物語 2019.5.15

松本淳のナチュラルセラピスト講座最新号はこちらから

こんにちは、松本淳です。

五月も半分が過ぎましたが、夏を感じさせるほど暖かい日が続きますね。

私はバラを何年も育てていますが、今年も綺麗に咲いてくれました。

こうやって咲いてくれると嬉しいのですが、最近はちょっと気分が違います。

咲くまで世話をしている期間の方が楽しいなって。

去年までは肥料を上げずに、自然の生命力で育てていましたが、今年は久しぶりに肥料を上げました。

一つだけ咲かないバラがあって、人と同じで手助けをしてあげないと咲けないバラもあるのかなと。

そのバラだけは今年も咲いてくれません。

こういった難しさがあるので、止められない楽しさがあるのかなと思います。

さて、先週末は東京でレッスンをしてきました。

三年半前に横浜から始めた関東でのレッスンですが、最近は参加率も低調で継続しようか悩むこともあります。

でも東京へ行くと、凄い刺激を貰えるんですよね。

何年も前からブログや通信講座でナチュラリゼーションやってこられた方たちが来られたりします。

東京でのレッスンが終わるたびに、また来ようっていう新鮮な気持ちになります。

前回の東京レッスンには、アニマルフローの第一人者高澤甚さんが二年ぶりに来てくれました。

第ニ期プロフェッショナルセミナーに半年間通ってくれた方ですが、印象としては体のレベルが別格に高かったのを覚えています。

セミナーの後もナチュラリゼーションを継続されていて、二年ぶりに会って、さらに進化されていたのを嬉しく思いました。

プロフェッショナルセミナーに参加される方の動機は、半分くらいはナチュラリゼーションを商品として捉えておられます。

彼は正反対で、とにかく自分自身の体を追求したい派の方です。

面白かったのは、ハイハイや高這いはキロ単位でやらないと分からないことがあると、私はずっと言ってきたんですね。

私自身、比叡山を高這いで登って感じたことなんです。

彼は、山ではないですけど毎日高這いをキロ単位でやってたらしいのです。

私の経験では、2キロ過ぎから何とも言えない感覚がやってきます。

股関節にターボエンジンが搭載されて高速回転しているような不思議な感覚です。

彼は私と同じようなことを感じはじめたと言っていました。

そこまでやりつくしたのは彼だけですし、異次元の感覚を共有できたという嬉しさがありました。

体験して初めて理解できるんだと思います。

分かったつもりという脳のブロックを解除するというためには、何も考えられなくなるまでやり尽くすしかないんです。

話はちょと変わりますが、このメルマガを書いている最中に私の恩師がやってきました。

私の高校時代の体育の先生です。

私が8年前にダイナミックアーチを開発したときに、真っ先にそれを伝えに行きました。

「先生!凄い技術を開発したんです!」

その先生にやり方を伝えてきただけではなく、先生が捻挫したときもダイナミックアーチを私がやって、その効果を体験して頂きました。

先生は、今まで捻挫した生徒達にダイナミックアーチを行い、いつもその効果を褒め称えてくれます。

そして、先生自身も捻挫しているので、自分自身でも効果を感じているんです。

しかし、私は捻挫してダイナミックアーチをしてもらった体験は無いんですよ。

あんなに痛かったのに、すっと痛みが取れたという体験が無い。

その先生は、私と会う度にダイナミックアーチの話をするんですよ。

やっぱり経験して分かったことは強いなと思います。

人に感動してもらえる仕事っていうのはありがたいですね。

もっと沢山の人に感動してもらえるように頑張ります。

いつも読んで頂きありがとうございます!

前十字韌帶撕裂自愈治疗 案例 21

微博

前十字韌帶撕裂自愈治疗

患者信息

41岁,女,美国人
她于2022年2月4日滑雪时左膝受伤。2月10日,她去核磁共振扫描,诊断为:

前十字韧带撕裂

2022 年 2 月 27 日,她与松本淳开始了 前十字韌帶 撕裂自然愈合的在线治疗。 她继续进行了四个月的进化发展练习,并于 2022 年 7 月 5 日进行了下一次核磁共振检查。

核磁共振报告:

在前十字韧带中可检测到轻微的疼痛迹象,其在中远端 III 的厚度似乎略有减少,具有不均匀的信号,在 T2 加权序列中趋于高信号,用于轻微水肿的吸入,具有与结果相符的特征“劳损”疼痛,可能有包裹撕裂和残留韧带持续存在的脆弱水肿;然而,韧带结构在其整个过程中仍然清晰可见,在远端插入道周围有适度的滑膜增厚和韧带周围液体层。

前景:

根据上面的报告,撕裂的 前十字韌帶 开始自然愈合,直到愈合过程结束需要一段时间。 松本淳 允许她练习受累膝盖的全方位运动,并开始加强股四头肌。尽管她仍然感到受影响的膝盖很虚弱,但在她的日常生活活动中没有其他并发症。此外,她将继续进行 进化发展练习和力量练习,直到她准备好重返滑雪。

参考:

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

Natural Healing of a Complete ACL Tear – Case 21

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

41 years old, Female, American
She injured her left knee during skiing on February 4th, 2022. On February 10th, she went to the MRI scanning, and the diagnosis was:

Complete ACL tear

On February 27, 2022, she started the online therapy for the natural healing of the ACL tear with Jun Matsumoto. She continued doing Evo-Devo Exercises for four months, and she took the next MRI on July 5th, 2022.

MRI reports:

Modest signs of suffering are detectable in the anterior cruciate ligament which appears slightly reduced in thickness in the middle-distal III with an inhomogeneous signal that tends to be hyperintense in the T2-weighted sequences for slight edematous imbibition with characteristics compatible with the outcomes of a “strain” suffering with probable parcel laceration and persistence of a tenuous edematous suffering of the residual ligament; the ligamentous structure however remains clearly visible along its entire course with modest surrounding synovial thickening and periligamentous liquid layer in the distal insertion tract.

Future prospects:

According to the report above, the torn ACL starts healing naturally, and it will take a while until healing process ends. Jun Matsumoto permitted her to practice the full range of motion of the affecyed knee and start strengthen the quadriceps muscles. Even though she still feels weakness on the affected knee, there is no othere complication in her daily life activities. Further more, she will contines the Evo-Devo Exercises and strength exercises until she gets ready to return to skiing.

References:

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

Natural Healing of a Complete ACL Tear – Case 20

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

50 year old, female, Japanese
She injured her left knee during skiing on February 4th, 2022. On February 10th, she went to the MRI scanning, and the diagnosis was:

Complete ACL tear
Medial collateral ligament tear

On February 15, 2022, she started the online therapy for the natural healing of the ACL tear with Jun Matsumoto. She continued doing Evo-Devo Exercises for six months, and she took the next MRI on August 2nd, 2022.

Incomprehensibly, her doctor rejected that I post her MRI on this page, and so those are not posted here. However, I received the MRI and assessed those.

MRI indicates:

Clearly visible continuity of ACL and MCL

Future prospects:

After the natural healing of the torn ACL is observed, Jun Matsumoto permitted her to practice the complete range of motion and strengthen the quadriceps muscles. She doesn’t feel any instability on her left knee, but she still feels some weakness there. She wants to return to skiing, and she will continue the rehab until she gets prepared to do skiing.

References:

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

Natural Healing of a Complete ACL Tear – Case 19

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

32 year old, male, Romanian
He injured his right knee during practicing Jujutsu on November 22th, 2021. Four days later, he went to the MRI scanning, and the diagnosis was:

Complete ACL tear

On February 25, 2022, he started the online therapy for the natural healing of the ACL tear with Jun Matsumoto. It already has passed for three months from the injury, and it was assumed that the natural healing could be difficult. He understood the difficulty, but he continued doing Evo-Devo Exercises for three months, and he took the next MRI on May 26th, 2022.

The MRI indicates:

Certainly visible continuity of the ACL

Future prospects and considerations

This is a remarkable case of natural healing of ACL tear because it already had passed for three months from the injury at the time of when he started the natural therapy. There was no other ligamentous or meniscus injury, it is assumed that he can retrun to the sport after further rehab exercies.

References:

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

Degenerative Healing of an ACL Tear – Case 2

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient Information and Mechanism of Injury

23 years old, male, Japanese, athlete

On December 3, 2021, he twisted his left knee while practicing for a sport called Kabaddi. On the same day, he underwent an MRI examination at the hospital and was diagnosed as follows:

Complete ACL Tear

The patient was enrolled in the Indian professional league, was told by the physiotherapist of his team that he would be able to return in four weeks, and was undergoing treatment and rehabilitation. Although he returned to practice, the pain did not subside, and while searching for information, he came across the natural healing therapy of Jun Matsumoto, and started online treatment from January 10, 2022. After returning to Japan in February of the same year, he continued to receive face-to-face and online treatments, aiming for natural healing. On March 1, we had his second MRI.

MRI image diagnosis showed a tendency of spontaneous healing, but no clear continuity of the ligament could be confirmed. After returning home, he did not train for competition, only did exercise therapy and waited for his ligaments to heal. On May 19, 2022, his third MRI was performed.

The third MRI scan, much the same as the previous one, showed no clear ligament continuity. A manual examination revealed that the knee joint was less instable, suggesting adhesion of the anterior cruciate ligament stump to the posterior cruciate ligament.

Future prospects and considerations

After that, rehabilitation was continued toward the return to competition, but the patient chose reconstructive surgery because the international competition scheduled to be held in the fall of the same year was postponed for one year.

Although the exact reason for the failure of normal spontaneous healing of the anterior cruciate ligament rupture to occur is unclear, two possible causes are presented. One is the misjudgment of the medical staff of the overseas team of which he was enrolled. Despite the complete rupture of the anterior cruciate ligament, he did not rest from training, aiming to return in four weeks. Second, one week after the start of the Evo-Devo Exercises, his symptoms improved dramatically, so he participated in a practice-level practice, where he collapsed his knees. It may be difficult to get athletes to take a break from practice and concentrate on treatment, but this case made us realize again the difficulties and problems of treating athletes.

References

Crain EH, Fithian DC, Paxton EW, Luetzow WF. Variation in anterior cruciate ligament scar pattern: does the scar pattern affect anterior laxity in anterior cruciate ligament-deficient knees? Arthroscopy. 2005 Jan;21(1):19-24. doi: 10.1016

Kittani M, Haviv B, Shemesh S, Yaari L, Yassin M, Rath-Wolfson L. Morphological and Histological Changes in the Human Anterior Cruciate Ligament after Rupture. Isr Med Assoc J. 2021 Jan;23(1):33-37.

Degenerative Healing of an ACL Tear – Case 1

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient Information and Mechanism of Injury

39 years old, male, Japanese, Occupation: Military officer

On December 2, 2021, he twisted his left knee during a martial arts practice. He had an MRI scan two weeks later and he was diagnosed as follows:

Left knee anterior cruciate ligament tear
medial meniscus
tear

As for the patient’s symptoms, there is discomfort in walking due to limited range of motion. It hurts in complete flexion and twisting his knee. When he moves vigorously, his knee becomes giving way.

From December 20, 2021, he started the online therapy for the natural healing of the ACL tear with Jun Matsumoto. He continued doing the Evo-Devo Exercises for five months, and he took the next MRI on May 9, 2022.

MRI evaluation

Both the tibial and femoral stumps of the torn anterior cruciate ligament appear to be fused with the posterior cruciate ligament. In this case, the anterior cruciate ligament stumps did not fuse together, but the knee regained stability through the fusion with the posterior cruciate ligament. In the medial meniscus, damage to the inner edge only spread to the outer edge and reached the red zone with high blood flow, so natural healing can be expected in the future.

Future prospects and considerations

The patient was interviewed online approximately 8 months after injury. He resumed his sports activities, and his subjective evaluation showed that he had recovered to about 90% of the pre-injury level. In this case, the ruptured anterior cruciate ligament did not normally heal spontaneously and was healed by fusion with the posterior cruciate ligament. Instability of the knee does not remain and achieves sufficient functional recovery.

The reason why normal natural healing did not occur this time is still unclear, but I would like to describe the points that caught my attention. One was that he experienced several knee collapses after performing vigorous exercise several times immediately after the injury. Second, about two months after the start of treatment, he once felt some severe pain when going up and down stairs. In the future, when there is a case of degenerative healing, we will leave such points of concern as data as comparison material.

References

Crain EH, Fithian DC, Paxton EW, Luetzow WF. Variation in anterior cruciate ligament scar pattern: does the scar pattern affect anterior laxity in anterior cruciate ligament-deficient knees? Arthroscopy. 2005 Jan;21(1):19-24. doi: 10.1016

Kittani M, Haviv B, Shemesh S, Yaari L, Yassin M, Rath-Wolfson L. Morphological and Histological Changes in the Human Anterior Cruciate Ligament after Rupture. Isr Med Assoc J. 2021 Jan;23(1):33-37.

前十字靭帯断裂で正常に自然治癒しなかった症例2

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報と受傷機転

23歳、男性、日本人、アスリート

 2021年12月3日、カバディという競技の練習中に、左膝を捻った。同日に、病院でMRI検査を行い、以下のように診断された。

左膝前十字靭帯断裂

 患者は、海外のプロリーグに在籍しており、所属チームの理学療法士からは、4週間で復帰できると言われ、治療とリハビリを行っていた。練習に復帰したものの、痛みが治まらず、情報を検索しているうちに、当院の自然治癒療法に出会い、2022年1月10日よりオンライン治療を開始した。同年の2月に帰国後も、対面とオンラインの治療を重ね、自然治癒を目指した。3月1日に、二回目のMRI撮影を行った。

 MRIの画像診断では、自然治癒の傾向が見られるものの、はっきりとした靭帯の連続性は確認できなかった。帰国後は、競技の練習をせず、運動療法のみを行い、靭帯の回復を待った。2022年5月19日、三回目のMRI検査を行った。

 三回目のMRIの画像診断では、前回とほぼ同じく、はっきりとした靭帯の連続性は確認できなかった。徒手検査での、膝関節の動揺性は減少しており、前十字靭帯断端の後十字靭帯等への癒着が考えられた。

今後の展望と考察

 その後、競技復帰へ向けて、リハビリを継続したが、同年秋開催予定の国際大会が一年延期されたこともあり、患者は再建手術を選択した。

 前十字靭帯断裂の自然治癒が正常に起こらなかった明確な原因は明らかではないが、考えられる原因を2つ示す。一つは、在籍していた海外チームの治療スタッフの判断ミスである。前十字靭帯の完全断裂にも関わらず、4週間での復帰を目指し、練習を休ませなかったこと。2つ目は、当院のナチュラリゼーション療法開始から1週間で、劇的に症状が改善したことから、実践レベルの練習に参加し、そこで膝崩れを起こしてしまったこと。アスリートに練習を休んでもらい、治療に専念して貰うことは、困難な場合があるが、ここにアスリート治療の難しさと問題点があることを再認識させられたケースであった。

参考文献

Crain EH, Fithian DC, Paxton EW, Luetzow WF. Variation in anterior cruciate ligament scar pattern: does the scar pattern affect anterior laxity in anterior cruciate ligament-deficient knees? Arthroscopy. 2005 Jan;21(1):19-24. doi: 10.1016

Kittani M, Haviv B, Shemesh S, Yaari L, Yassin M, Rath-Wolfson L. Morphological and Histological Changes in the Human Anterior Cruciate Ligament after Rupture. Isr Med Assoc J. 2021 Jan;23(1):33-37.

前十字靭帯断裂で正常に自然治癒しなかった症例1

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報と受傷機転

39歳、男性、日本人、職業:自衛官

2021年12月2日、格闘技の練習中に左膝を捻った。2週間後にMRI撮影を行い、以下のように診断された。

左膝前十字靭帯損傷
内側半月板損傷

 患者の症状としては、可動域制限があるため歩行に違和感あり。膝を完全屈伸、捻転すると痛む。激しい動きをすると、膝崩れが起きる。

 2021年12月20日より、自然治癒に向けて、当院のナチュラリゼーション療法をオンラインで開始した。治療開始から約5ヶ月後の2022年5月9日に、再度MRI撮影を行った。

MRIの評価

 断裂した前十字靭帯の脛骨側、大腿骨側の断端は共に、後十字靭帯と癒合しているように見える。前十靭帯の断端同士が癒合するという、理想的な自然治癒は起こらなかったが、後十字靭帯と癒合することで、膝の安定性を再獲得したケースである。内側半月板は、内縁部のみの損傷が外縁部まで広がり、血流の多いレッドゾーンに達したことから、今後、自然治癒することが期待できる。

今後の展望と考察

 受傷から約8ヶ月後に患者とオンラインで面談した。スポーツ活動も再開し、患者の主観的評価では、受傷前の9割程まで、回復しているとのことであった。今回の例では、断裂した前十字靭帯は、正常には自然治癒せず、後十字靭帯に癒合するという変形治癒であったが、患者の機能回復訓練への努力もあり、膝の不安定性が残存することも無く、十分な機能回復を達成している。

 今回、正常な自然治癒が起こらなかった原因は、まだ明確には分からないが、気になった点を記述しておく。一つは、受傷直後、何度か激しい運動を行い、膝崩れを何度か経験していたこと。二つ目は、治療開始後2カ月目辺りに、階段の昇降時に、ある程度の激しい痛みを感じたことがあったことである。今後、変形治癒のケースがあった場合に、比較材料として、このような気になる点をデータとして残していくことにする。

参考文献

Crain EH, Fithian DC, Paxton EW, Luetzow WF. Variation in anterior cruciate ligament scar pattern: does the scar pattern affect anterior laxity in anterior cruciate ligament-deficient knees? Arthroscopy. 2005 Jan;21(1):19-24. doi: 10.1016

Kittani M, Haviv B, Shemesh S, Yaari L, Yassin M, Rath-Wolfson L. Morphological and Histological Changes in the Human Anterior Cruciate Ligament after Rupture. Isr Med Assoc J. 2021 Jan;23(1):33-37.

前十字靭帯断裂の自然治癒 ケース18

注目


前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報と受傷機転

34歳 男性 日本在住フィリピン人

 2021年10月24日、バスケットボールをプレー中に右膝を負傷。自重を右膝に乗せて方向転換をした際、右膝を捻って転倒。 1 週間後、MRI検査を行い、診断は次のとおりであった。
前十字靭帯完全断裂
外側半月板損傷

 2021年11月11日、対面にて、前十字靭帯断裂の自然治癒へ向けたナチュラリゼーション療法を開始した。対面とオンラインの治療を約5ケ月間続け、2022 年 4 月 30 日に再度MRI を撮影した。

MRIレポート

軽度の前十字靭帯の損傷の可能性があるが、継続性がよく保たれている。
外側半月板前節に断裂

今後の展望

 外側半月板損傷は残存しているが、断裂した前十字靭帯は、ほぼ自然治癒していた。今後の展望としては、3カ月間はスポーツ活動を控え、普通の日常生活を送るよう指示した。受傷1年後に再度MRI撮影を行う予定をしている。

参考文献

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi