前十字韌帶斷裂自然愈合 案例 29

注目

前十字韌帶斷裂自然癒合在線治療

患者信息

日本人,女性,41歲。 2022年7月5日,在一場籃球比賽中,當她用右腿用力時,感覺右膝關節脫位,無法移動。雖然後來她能走路,但在事故發生後的兩天內,她去了醫院。在檢查過程中沒有抽出關節液。 7月12日進行了核磁共振掃描,結果如下。

右膝前十字韌帶完全撕裂(近端1/3)
沒有半月板損傷。

根據井原對前十字韌帶損傷的分類,它被分類為類型2,即撕裂和破裂類型。受傷後,沒有報告膝蓋鬆動的情況。她在受傷後沒有進行任何涉及膝關節伸展的物理治療。她在13年前有過左側跟腱斷裂手術的病史。

從7月28日開始,她開始與松本淳進行線上治療,並繼續進行進化發展運動五個月。 2022年12月12日,進行了第二次核磁共振掃描。

核磁共振掃描顯示

核磁共振掃描圖像的評估顯示,破裂的前十字韌帶已恢復連續性並自然癒合。根據井原的自然癒合分類,它被分類為等級3,即已瘦身的癒合纖維。

未來展望和考慮

通過核磁共振掃描確認自然癒合後,她開始全膝關節伸展訓練和力量訓練。在受傷後的六個月,她恢復到在日常生活中沒有問題的程度。她目前正在進行進一步的康復治療,目標是回到娛樂級別的運動。

參考文獻

Natural Healing of an ACL tear – Healed Case 29

注目

ACL Online Therapy for natural healing

The case reports of ACL natural healing

Patient Information:

Japanese female, 41 years old. On July 5th, 2022, she experienced a sensation of her right knee dislocating while exerting force on her right leg during a basketball game, rendering her immobile. Although she was able to walk later, she visited a hospital two days after the incident. No joint fluid was aspirated during the examination. An MRI scan was performed on July 12th, revealing the following diagnosis:

Complete right Anterior Cruciate Ligament (ACL) tear (proximal 1/3)
No meniscal damage.

According to the Ihara’s ACL tear classification of ACL injuries, it was classified as a type 2, which is the torn and disrupted type. After the injury, no giving way of the knee was reported. She did not undergo any physiotherapy involving knee extension post-injury. She had a history of a left Achilles tendon rupture surgery 13 years prior.

Starting July 28th, she initiated online therapy with Jun Matsumoto and continued Evo-Devo Exercises for five months. On December 12th, 2022, a second MRI scan was performed.

MRI indicates:

The evaluation of the MRI images indicated that the ruptured anterior cruciate ligament had restored continuity and healed naturally. According to Ihara’s ACL healing classification, it was classified as grade 3, which is thinned healed fiber.

Future Prospects and Considerations:

Having confirmed natural healing through MRI, she initiated full knee extension training and strength training. By the six-month mark post-injury, she had recovered to a level where she faced no issues in daily life. She is currently undergoing further rehabilitation with the aim of returning to recreational-level sports.

References:

前十字靭帯断裂の自然治癒 – ナチュラリゼーション療法による手術しない治療 28例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

37歳、女性、カザフスタン人で現在はアメリカに在住。
 2022年2月26日にスキー中に左膝を捻った。MRI撮影により以下の診断を得た。

前十字靭帯完全断裂

 このタイプの前十字靭帯断裂は、Iharaの損傷分類によれば破断または不明なタイプ4に分類され、自然治癒するのが最も難しいタイプとされている​​。

 患者は負傷後、理学療法士の下で筋力を強化するためのリハビリテーションエクササイズや10分間のエアロバイクなどを行っていた。その後、2022年4月29日に当院のオンライン治療を通じてナチュラリゼーション療法を開始し、2ヶ月間のオンライン治療を継続した。この期間中、彼女は全ての強化トレーニングを停止し、ナチュラリゼーション療法に集中していた。2ヶ月後には再び筋力強化トレーニングを開始し、2022年11月18日に2回目のMRI撮影を行った。

MRIの評価

 2022年11月18日に2回目のMRIを受けた結果、前十字靭帯の明瞭な連続性が示された。この治癒タイプはIharaの治癒分類のグレードIに分類され、引き締まった直線型の治癒形態とされている​​。

今後の展望と考察:

 このタイプの前十字靭帯断裂は、自然治癒するのが最も難しいとされているにもかかわらず、最良の治癒形態にまで治癒していた​。その後、患者はリハビリを重ね、半年後にはハーフマラソンを完走することが出来た。

参考文献:

前十字靭帯断裂の自然治癒 – ナチュラリゼーション療法による手術しない治療 27例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

25歳、男性、インド人
 2022年4月13日、サッカーの試合中に右膝を捻った。4月15日にMRI撮影を行い、診断結果は以下の通りであった。

前十字靭帯完全断裂
外側半月板の前根部の損傷
内側半月板の中節部の損傷
内側および外側側副靭帯の損傷

 5月24日、当院のオンライン治療を通じてナチュラリゼーション療法を開始した。患者は初月に4回のオンライン治療を行い、その後3ヶ月間は自身でナチュラリゼーション療法を続けた。そして、10月2日に2回目のMRIを撮った。

MRIの評価:

 完全断裂した前十字靭帯は連続性を回復し、直線的かつ太い線維へと変化していた。この治癒形態は、Iharaの治癒分類ではタイプ1に分類される。前十字靭帯が最良の形態で治癒していたが、半月板の損傷はさらに進行していた。

今後の展望と考察:

 半月板の水平裂については、多くの場合無症状であるが、損傷が進行することは好ましくない。当患者については、更なるリハビリを継続してもらい、経過観察をしていく。

参考文献:

前十字靭帯断裂の自然治癒 – ナチュラリゼーション療法による手術しない治療 26例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

55歳、女性、日本人
 2022年3月7日、スキー中に雪の上で転倒。その際、右スキーが雪に固定され、身体が前方に押し出された。すぐに病院に運ばれてX線を撮影されたが、骨折はなかった。その時、医師によって右膝の関節液が抽出された。1週間後、MRIを撮影し、診断は次のとおりであった。

前十字靭帯完全断裂
他の靭帯の損傷なし
後部脛骨の骨挫傷

 受傷後、患者は膝崩れを経験していない。膝の完全伸展を含む理学療法も受けていなかった。2022年4月18日、当院のオンライン治療を通して、ナチュラリゼーション療法を開始した。患者はナチュラリゼーション療法を4ケ月間継続し、2回目のMRIを撮影した。

 2回目のMRIでは、患者は既に膝の不安定さを感じていなかったが、断裂した前十字靭帯の明確な自然治癒は示されなかった。患者はナチュラリゼーション療法をさらに3ケ月間継続し、さらに多くの画像を得るために別の病院で3回目のMRIを撮影した。

MRIの評価:

 1番目のMRIでは、前十字靭帯の明確な連続性は示されていないが、2番目のMRIでは連続性が示されている。3番目の冠状断では、その連続性を確認できるが変形しており、元の位置には固着していないことを示している。これが矢状断のMRIが明確な連続性を投影しない理由であろう。

今後の展望と考察:

 MRIでは、理想的な自然治癒を示していないが、断裂した前十字靭帯が部分的に連続性を獲得していることが確認できた。患者はさらなる自然治癒を期待してPRP注射を試す予定である。PRP療法は、血小板等の自然治癒を促進させる成分を血液から精製し、再度関節内へ注入する治療法である。受傷直後に注射で膝の関節液を抽出することは、自然治癒促進成分を抽出することを意味する。前十字靭帯の自然治癒を阻害する可能性があることから、この膝関節穿刺検査は慎重に行われるべきである。患者は既に、機能的には十分に回復しており、日常生活動作において不安は感じていない。

PRP注射後:

 患者は PRP 注射を合計3回試し、2023 年 8 月 31 日に再度 MRI を撮影した。矢状面断では、前十字靭帯の連続性にわずかな改善が確認できた。 この際、ラックマンテストを行ったところ、結果は陰性であった。。 予後は比較的良好で、通常通りの日常生活を送っている。

参考文献:

前十字靭帯断裂 自然治癒 25例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報と受傷機転:

44歳、男性、日本人
 2022年4月9日、柔道の練習の際、相手を投げようとしたときに、左膝を内側に捻じった。そのまま床に崩れ落ちて動けなくなった。その後、病院へ運ばれ、レントゲン撮影を行った。骨折の所見は無し。ラックマンテストは陽性であった。 膝崩れ現象あり。 4月19日にMRI検査を行い、診断は次のとおりであった。

前十字靭帯完全断裂
内側側副靭帯損傷

 患者は、手術を回避したく、代替の治療を探していたところ、当院の自然治癒療法に辿り着いた。2022年5月24日より、当院のオンライン治療を開始し、約6ケ月間継続した。そして、10月18日に2回目のMRI撮影を行った。

MRIの評価:

 断裂した前十字靭帯は連続性を示していた。 Iharaの治癒形態の分類では、グレードIIの「部分的薄化を有する直線線維」であった。担当医師は、断裂した前十字靭帯が自然治癒していると診断した。 内側側副靭帯における高信号は残存していた。

今後の展望と考察:

 上記の結果をふまえ、松本は、完全可動域訓練と筋力トレーニングを許可した。 11月17日、患者は酒に酔って歩行中に左膝を再び捻じってしまった。 幸い、前十字靭帯の再断裂は免れ、2週間程度で症状は回復していた。その後、日常生活動作は問題なく行えるようになったことから治療を終了し、その後のリハビリは患者自身で行っていくことになった。

参考文献:

前十字韌帶斷裂自然愈合 案例 28

注目

前十字韌帶斷裂自然癒合在線治療

患者信息

37歲,女生,哈薩克族,居住在美國
2022年2月26日,他在滑雪時扭傷了她的左膝。 她進行了核磁共振掃描,診斷如下。

前十字韌帶完全撕裂

根據 井原 的分類,這種類型的 前十字韌帶 斷裂被歸類為中斷或不明確類型。 而且,據報導,這種類型是最難自癒的類型。

受傷後,她一直在物理治療師的指導下進行一些康復運動,例如加強肌肉和10分鐘的固定自行車。

4月29日,她通過與松本淳的在線課程開始了進化發展 練習,並僅持續了兩個月的課程。 在這幾個月裡,她停止進行任何力量訓練並專注於 進化發展運動。 做了兩個媽媽後,她又開始了力量訓練。

11 月 18 日,她進行了第二次 核磁共振,如下所示。

核磁共振檢查表明

核磁共振 顯示 前十字韌帶 的清晰連續性。 這種癒合類型可以歸類為井原 的分類的I級,並且是繃緊的帶狀癒合類型。

未來展望和考慮

儘管據報導這種類型的 前十字韌帶 撕裂是最難自癒的類型,但它已達到最佳癒合類型。

參考文獻

ACL Healing without surgery – Healed Case 28

注目

ACL Online Therapy for natural healing

The case reports of ACL natural healing

Patient information:

37 years old, Female, Kazakh living in the U.S.
On February 26th, 2022, he twisted her left knee during skiing. She went through the MRI scan, and the diagnosis was:

Complete ACL tear

According to the Ihara’s classification, this type of ACL tear is classified as disrupted or unclear type. And, this type has been reported as the most difficult type to heal spontaneously.

After the injury, she had been doing some rehabilitation exercises such as strengthening the muscles and 10 min stationary bike under the supervision by a physiotherapist.

On April 29th, she started the Evo-Devo Exercises through the online sessions with Jun Matsumoto, and continued the sessions only for two months. During these months, she stopped doing any strength trainning and focused on the Evo-Devo EXercises. After doing two momths, she started strength training again.

On November 18th, she took the second MRI as poseted below.

MRI indicates:

The MRI shows the clear continuity of the ACL. This healing type can be classified as grade I of the Ihara’s classification, and it is the taut and straight band type of healing.

Future prospects and considerations:

Even though this type of ACL tear has been reported as the most difficult type to heal spontaneously, it has heald upto the best type of healing.

References:

前十字韌帶斷裂自然愈合 案例 27

注目

前十字韌帶斷裂自然癒合在線治療

患者信息

25歲,男性,印度人
2022年4月13日,他在打籃球時扭傷了右膝。 4 月 15 日,他進行了 核磁共振 掃描,診斷如下。

前十字韌帶完全撕裂
外側半月板前根撕裂
內側半月板體輕度 1 級撕裂
內側和外側副韌帶扭傷

前十字韌帶完全撕裂
內側半月板撕裂
外側半月板前根撕裂

5月24日,他通過與松本淳的在線會議開始了進化發展 練習。 他一個月上了四次線上課,之後又自己堅持了三個月的進化發展 練習。 10 月 2 日,他進行了第二次 核磁共振。

癒合到繃緊和直帶
內側半月板撕裂仍然存在
外側半月板前根殘留

核磁共振檢查表明

可以看出,完全撕裂的 前十字韌帶 長成了繃緊的帶子。 而且,這種形態學類型的癒合被井原分類歸類為類型 1。 雖然前十字韌帶已經恢復到最佳形態,但半月板撕裂仍然存在,甚至進一步惡化。

未來展望和考慮

對於半月板橫向撕裂,很多情況下是沒有症狀的。 然而,當然,治愈總比不治愈好。 需要改進現有的治療方法來使未癒合的半月板撕裂。

參考文獻

ACL Healing without surgery – Healed Case 27

注目

ACL Online Therapy for natural healing

The case reports of ACL natural healing

Patient information:

25 years old, Male, Indian
On April 13th,2022, he twisted this right knee during playing soccer. On April 15th, he went through the MRI scan, and the diagnosis was:

complete ACL tear
tear of the anterior root of the lateral meniscus
mild grade1 tear of the body of the medial meniscus
sprain of the mecial and lateral collateral ligaments

complete ACL tear
medial meniscus tear
anterior root tear of the lateral meniscus

On May 24, he started the Evo-Devo Exercises through the online session with Jun Matsumoto. He had four online sessions in a month, and after that he continued the Evo-Devo EX by himself for three months. On October 2nd, he took the second MRI.

healing into the taut and striaight band
medial meniscus tear remains
anterior root of lateral meniscus remains

MRI indicates:

It can be seen that the completely torn ACL grows into the taut and straight band. And, this morphological type of healing is classified as the type 1 by Ihara’s classification. Although the ACL has been healing into the best morphology, the meniscus tears still remain and have even deteriorated further.

Future prospects and considerations:

Regarding to horizontal tear of meniscus, it could be asymptomatic in many cases. However, it is, of course, better to be healed than not to be healed. There is a need to improve existing treatments to make it heal the unhealed meniscus tears.

References: