Spontaneous Healing of a Complete ACL Rupture -case 13

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:
21-year old, male, college rugby player, Japanese
On Myay 12th, 2021, when he wa playing rugby, he twisted his right knee on his own. He went to the hospital, and his knee was scanned for the MRI. The diagnosis was the ACL complete rupture.

Complete rupture of the ACL

On May 15th, he started the therapy for the natural healing of the ACL tear through the online session with Jun Matsumoto. He continued doing the Evo-Devo Exercises for four months, and he took the next MRIs on September 22nd.

spontaneous healing was confirmed

The MRI picture shows that the ACL is anatomically intact and the ruptured ACL healed naturally. He is functionally moving well, and Jun Matsumoto permitted him to increase the intensity of the exercises. After completed the athletic rehabilitation for three months, on December 26th, he came back the game in the national college championship, and made a nice try.

第64弾!マッサージについて考える。2019.3.15

松本淳のナチュラルセラピスト講座最新号はこちらから

こんにちは、松本淳です。

三月は三寒四温ですね。

暖かい日と寒い日が交互にやってきますね。

皆さん、体調は如何でしょうか?

先日、母校の大学に呼んで頂いて、半日だけ講義をさせて貰いました。

母校は医療系の大学なので、生徒は皆治療家を目指す若者達です。

ナチュラリゼーションの理論と実技を教えさせて頂きました。

講義の中で、「私は治療でベッドを使いません。」と言ったら、生徒達はびっくりしてたんですね。

「ベッドは人が死んでいく所なんですよ。」とも言いました。

私が大学時代に、敬愛する河井好照先生が言われた言葉を、私がパクって同じことを言ったわけです。

私が大学時代で一番心に響いた言葉だったんですね。

今回の生徒達と同じように、私もその言葉を聞いて驚いたんですね。

卒業して十年以上の時が過ぎました。

少なくとも、私はその言葉を実践してきました。

私がベッドを棄てて五年の月日が経ちました。

しかし、マッサージを全くしてこなかった訳ではないんですよ。

高校時代の恩師の先生とか、先輩とか、どちらかと言うと私をあまり治療家とは思っていない方々には時々してきたんですね。

私も人の子ですから、帰れとは言えない人もいるんです(笑)

と言っても月に数回くらいマッサージするだけで、あとは全くしていません。

でも、摩訶不思議なことに、私のマッサージのレベルがかなり上がっているんですよ。

久しぶりにマッサージした人は気付くらしいのです。

私自身も、人の体を触っている感覚が以前とは全然違うんですね。

ずっと否定してきたマッサージなんですけど、そのレベルが上がっている事に驚きを隠せません。

その進歩の原因は、ナチュラリゼーションで私の体が変わってしまったからだと考えています。

究極の脱力を求めてきたので、手がマシュマロのようになってしまったんです。

大学の生徒達とも握手をしてきたのですが、皆さん私の手の柔らかさに驚いていました。

二十歳のある女子生徒とも握手しましたが、あ、この子の手の柔らかさとと同じくらいかなと感じました。

私は顔はおっさんですけど、手は二十歳の女子です。(笑)

プロフェッショナルセミナーで、私はそのことをずっと言ってきました。

体が変わると、自然と治療レベルは上がりますと。

セミナーの受講生たちは、実際に治療レベルが上がったと言っています。

私は口でそう言いながら、私自身はあまり感じてこなかったんですね。

よっ、詐欺師!

と言うのも、私自身人の体を殆ど触っていないので、それを実感することがなかったんです。

同じような事が、選手の指導に関してもありました。

体が変わると自然と走りが変わるからと言ってきました。

そして、実際に選手の走りは変わっていくんですよ。

しかし、私自身は走っていて、それを感じなかったんです。

走るのを一年間止めて、去年再開した頃にやっと感じた次第であります。

ですから、止めてみるって大事ですね。

プロフェッショナルセミナーでも、一年間は筋トレは止めて下さいと最初に言います。

止めなかった人って、やっぱりあんまり変化しないように感じます。

私は、マッサージを辞めて五年です。

辞めてマッサージのレベルは上がりましたけど、まだ治ると信じてないですね。

本当に治るなら、マッサージを再開してもいいとも考えています。

しかし、信じてないものを商品として売ることは出来ません。

もっと私の体のレベルが上がって、赤ちゃんの手になれば、本当に治るマッサージが出来るかもしれませんね。

いつも読んで頂いてありがとうございます。

では、またお会いしましょう!

Ci vedremo!

前十字靭帯断裂の自然治癒 ケース12

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

46歳、女性、日本人
2021年8月30日、柔術の練習中に、左膝を捻った。整形外科を受診し、9月3日にMRI撮影を行い、前十字靭帯断裂と診断された。

2021年9月20日から、当院の自然治癒療法のオンライン治療を開始した。ナチュラリゼーションと呼ばれる進化発生学に基づいた運動療法を3ヶ月継続したのち、新たにMRI画像を撮影した。

断裂した前十字靭帯の連続性が確認され、自然治癒していることも確認された。これにより、リハビリ過程における運動強度を上げていくことを許可し、受傷以前の運動レベルに戻していくためのリハビリを開始した。前十字靭帯断裂から2ヶ月以内にナチュラリゼーション療法を開始し、これを3ヶ月以上継続したは、11件中11件ともMRI画像において、自然治癒が確認された。

ACL tears heal without surgery-case 12

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:
46-year old, Female, Japanese
On August 30, 2021, when she was practicing Jujutsu martial arts, she twisted her left knee. She went to the hospital, and her knee was scanned for the MRI. The diagnosis was:
ACL complete tear

On September 20th she started the therapy for the natural healing of the ACL tear through the online session with Jun Matsumoto. She continued to do the Evo-Devo Exercises for three months, and she took the next MRIs on December 21st.

The MRI picture shows that the ACL is anatomically intact and the torn ACL healed naturally. She is functionally moving well, and Jun Matsumoto permitted her to increase the intensity of the activities.

第63弾!そして花は咲く。2019.3.1

松本淳のナチュラルセラピスト講座最新号はこちらから

こんにちは、松本淳です。

いやー、やっと三月になりましたね。

春ですよ、春到来!

私は春が一番好きです。

だってお花が咲く季節だから。

私はバラをはじめ、いろんな植物を育てています。

先週に土の植え替えも終わり、後はお花が咲くのを待つばかりです。

ところで、お花ってなんであんなに綺麗なのか知っていますか?

あれは受粉してくれる蜂に見つけてもらるためなんです。

植物も生存競争をしていて、より美しい花が生き残ってきたわけなんです。

蜂はお花から蜜を吸いますが、その代わり受粉してくれるんです。

自然界は食物連鎖というギブ&テイクで成り立っています。

テイクだけってありえないんですね。

あんまり言いたくないんですけどね、私からただで情報を得てお金にして売っている人がいます。

私から習っておいて、私の邪魔をしようとする人もいます。

ライオンにはライオンの正義があり、ハイエナにはハイエナの正義があるので仕方ありません。

私はライオン派なので、人様のものは横取りしません(笑)

私はギブ&テイクしないようにしています。

ギブした相手からテイクしたらそれで終わりなんですが、私はそれが好きではありません。

ライオンが死んだら、土に還って、それで植物が育ち、それを食べるシマウマが育つわけです。

ギブしたものは、巡り巡って自然と還ってくるという考えです。

キャッチボールではなくて、幸運の循環を大切にしています。

そんなことより、最近になってようやく前十字靭帯断裂の患者が増えてきました。

一人は舞鶴のもり接骨院からのご紹介のバスケ女子。

受傷後2カ月経ってからの来院なので、自然治癒はかなり厳しいと予想していますが、現在全力で治療しています。

月1で来院してもらって、週3でもり接骨院に通ってもらっています。

私は横取りはしないので、絶対に返します(笑)

二人目は名古屋からの陸上選手で、アカデミーに通っている大学生のご紹介です。

受傷後1ヶ月での来院で、こちらも自然治癒は厳しいと予想していました。

しかし、通院から2ヶ月目のMRI画像で、断裂靭帯が修復し始めていることを確認出来ました。

受傷後3ヶ月でジョギングを開始し、半年で競技復帰を目指しています。

その他には、ネット治療院でセッションをしているマレーシア人、インド人、ポルトガル人です。

ポルトガル人は受傷後すぐだったので、一回目のセッションで機能的にはかなり回復しているようです。

マレーシア人とインド人は受傷後2ヶ月経ってからのセッション開始なので、かなり苦労しています。

それでもマレーシア人は、セッション開始から2ヶ月で日常動作が改善してきました。

このマレーシア人がかなり厄介な方でして、何度か口論してきました(笑)

『私の周りは皆ネット治療に反対している。マレーシアで膝の権威と言われるドクターはナチュラリゼーションに反対している。』

何度もそういう事を言ってきたので、ちょっとカチンときました。

『そんなん知るか。信じてるんならやれ。やってから言え。俺が治ると言ったら治るねん!』

そしたら、奥さんが画面に出てきて、こう言うわけです。

『うちの主人治るんですか?本当に治るんですか?本当ですよね?』

なんで奥さんと口論せなあかんねん。。。

そして、暫くしてから彼はこう言ってきました。

『先生!治ってきたよ!おいらの膝、治ってきたよ!』

結果を出せば、信じてくれるんだなと痛感しました。

という訳で、このネット治療院インターナショナルはかなり大変です(笑)

言葉の違いもありますし、人種の違いもあって結構格闘しています。

ネット治療では生で触れないので、絶対に治るという確信が無いと出来ないと思います。

そのうちまがい物が増えると思いますが、それまでに信用されるものにしていきたいと思います。

そんなこんなで、色んなことがありましたが、長い冬もやっと終わりますね。

3月は久しぶりに横浜と、そして初めての博多でセミナーを開催します。

ぜひ、生でお会いしましょう!

では、また!

Ci vedremo!

第62弾!世にも恐ろしい顔の話。2019.2.15

松本淳のナチュラルセラピスト講座最新号はこちらから

こんにちは、松本淳です。

寒い季節真っただ中ですが、みなさんお元気されてますでしょうか?

どんな時も、健康が第一ですね。

先日の、池江璃花子選手の白血病のニュースには驚きました。

なぜ、あんなに若くして、そんな病気になるんだろうか。。。

私は職業柄、その病気や怪我の原因が気になって仕方ありません。

最近は、生物に関するいろいろな本や文献を読んでいますが、今読んでいる本がちょっとタイムリーなので紹介します。

http://ur2.link/QmEC

人類の顎の歴史とか、歯科矯正に関する本ですが、かなりショッキングなことが沢山書かれてありました。

人類は狩猟採集時代には、硬くて大きい食べ物を食べていましが、農業が始まってから調理をするようになりました。

その結果、食べ物は小さくて柔らかいものが主流になり、人類の顎はどんどん退化していったとされています。

そういった退化から、顎が小さくなり、口腔のスペースも小さくなったわけです。

狩猟採集時代の人類の歯は親知らずまでしっかりと生え揃っていたことが分かっています。

口腔が狭くなった現代人は、親知らずだけではなく、その他の歯も真っすぐに生え揃わない割合が高くなっています。

私も親知らずを抜いてますし、幼少から歯並びは悪かったんですね。

つまり、口腔が狭くなって歯が綺麗に生えないほど、現代人の顎は退化しているのです。

顎が退化すると、顎は後ろに後退して、気道を圧迫します。

実は、これが一番怖い現象なのです。

気道を圧迫するので、口を開けて舌を前に出さないと呼吸出来なくなります。

要するに、顎の退化が現代人の約半数に及ぶ口呼吸の一番の原因なのです。

口呼吸では、顎が後退し、顔も縦に長くなっていきます。

従来の歯科矯正というのは、歯並びの矯正だけに特化していますが、実は矯正による副作用もあるのです。

例えば、出っ歯を後ろへ矯正すると、下顎も後ろへ下がっていきます。

先ほど述べた、顎の後退と気道の圧迫を助長してしまいかねないのです。

私は気になって、歯科矯正している有名人などの写真を調べてみました。

かなりの割合で、下顎が後退しているという印象を受けました。

歯科矯正をするということは、歯並びが悪く、顎も元々後退気味だと思われるので、歯科矯正が直接の原因と言っているのではありません。

下顎の後退の一番の原因は顎の退化であります。

池江璃花子選手も顎が後退気味ですし、歯科矯正もされていたようなんです。

水泳は口呼吸ですが、彼女は日常でも口呼吸である可能性が高いと思われます。

鼻呼吸では、一酸化窒素という物質が体内で生成されると言われています。

この一酸化窒素は血管を拡張する作用と、活性酸素を中和する作用があり、極めて重要な物質と言われています。

口呼吸では、一酸化窒素は生成されないのです。

口呼吸では、ガンや白血病を引き起こす活性酸素を中和出来ないとすれば。。。

口呼吸で心肺機能を追い込むハードなトレーニングを積むことは、かなり危険なことですね。

池江璃花子選手の白血病の原因は私には分かりません。

私の直感で、そういう妄想が頭をよぎったに過ぎません。

彼女の一日も早い回復を心から祈っています。

今回は、ちょっと怖い話をしてしまいました。

しかし、怖い話を知らないというのは、もっと怖いことです。

また、色々とリサーチして、重要なことをお知らせ出来たらなと思います。

口腔を広げる顎ワークって大事ですね。

では、またお会いしましょう!

第61弾!ネット治療院の未来 2019.2.1

松本淳のナチュラルセラピスト講座最新号はこちらから

こんにちは、松本淳です。

寒い季節真っただ中ですが、皆様お元気されてますでしょうか?

前回は、私は健康なんで!と調子に乗っていたら、久しぶりに風邪をひきました。

冷たい雨の中走るのはあまり良くないですねw

今年からちょっと新しい事を始めようと思っています。

以前から、ねっと治療院というセルフケア動画を配信してきました。

あの動画で治った人も沢山おられまして、あれはあれで良かったと思っています。

問題があるとすれば、動画配信では私からの一方向のメディアなので相手の状態が分からないんですよね。

診察が出来ないし、相手が正しく出来ているかも分からないんです。

それでも効果が出ている訳ですから、双方向のメディアであればもっと完成度の高い治療が出来ると思うのです。

それで今試験的に行っているのが、ビデオチャットを使った治療です。

皆さんはビデオチャットやビデオ通話をされたことがありますか?

友達同士とか、家族の間では使ったことがある方も多いかもしれません。

しかし、日常の生活でビデオチャットを使う必要性はあまり無いと思います。

ましてや会ったことの無い人とビデオチャットするのは、かなりハードルが高いかもしれません。

しかし、私にとったらこんなに便利で有難いものはないと思っています。

今まででもメールやLINEで質問や相談が来ると、出来るだけ丁寧に返事を返すようにしています。

しかし、一人の人とのメールのやり取りがなかなか終わらないんです。

何故かと言いますと、相手が状態が正確にわからないからなんです。

相手は自分の状態を主観的に言われますから、客観的状態とかけ離れている場合も多いんですね。

ですから色んなパターンをこちらが想像して、何度かメッセージをやり取りしないと相手の状態を把握出来ないんです。

そういうやり取りが複数人いらっしゃると、かなり時間を浪費してしまいます。

そこでビデオチャットで視覚情報が得られると、正直一瞬で終わるんです。

ずっと動画見てやっているんですけど変わらないんです!

とういう方をビデオチャットで観察すると、それ真逆のことやってますよ!と一瞬で分かるんですね。

今までのメッセージのやり取りが、いかに無駄の多いことか。

私の時間の無駄だけでなく、相手の時間の無駄にもなるわけです。

例えば、一年間あるセルフ動画で自習されてて、もし間違った事をやってきたとすれば、その方の一年間がある意味無駄になるわけです。

ビデオチャット一回で分かる事に、無駄に一年間を浪費すること程勿体ない事はありません。

それだけではなく、今までは来院をお願いしてきたアキレス腱断裂や前十字靭帯損傷などの外傷も、ビデオチャットだけで治療が可能となります。

そういった難しい外傷治療では、メッセージだけでは治療は困難で、遠方の方にもわざわざ来院をお願いしていました。

今現在は、前十字靭帯損傷のマレーシア人にビデオチャット治療をしています。

レントゲンやMRI画像を送ってもらって、動画で体の状態を確認し、ナチュラリゼーションを動画で教えるだけです。

前十字靭帯損傷の保存療法は、世界的にも価値の高い治療法ですから、世界中の患者をビデオチャットで治療できるようになります。

世界には健康保険に入れない人も沢山いて、そういう方は前十字靭帯を損傷すると手術は出来ないので、保存治療しか選択肢が無いわけです。

前十字靭帯損傷の保存療法に関しては、世界の方が需要が沢山あるんですね。

何でビデオチャットで治療が出来るのかと疑問を持つ方も多いかもしれません。

それはですね、私は触らなくても治療が出来るから!

ベッドを棄てて、ナチュラリゼーションだけで治してきたから出来るんですね。

ですから、現在ベッド治療されている方には無理です。

片手間にビデオチャット治療始めてみても無理です。

ベッドを棄てて、冷たい雨風にさらされてきた人にしか出来ません。

こうやって時代が変わってきたので、治すだけで生きていけるかもしれません。

では、また次回お会いしましょう。

Arrivederci!

2021年11月14日の新宿ナチュラリゼーション&小顔矯正のご案内

11月14日(日)新宿御苑ナチュラリゼーションEVO.セミナー

0歳~一般、アスリートまでご参加頂けます。

会場:新宿御苑 (新宿門集合) 

①13:00-14:30 

ナチュラリゼーションEVO.の屋外レッスン。あらゆる競技のアスリートから体にお悩みのある一般の方までご参加頂けます。前十字靭帯断裂等の外傷の治療も受け付けています。雨天でも開催可能であれば決行致します。

受講料(税込)
プライベートレッスン 学生以下 2万円、一般 3万円
グループレッスン お一人様 学生以下 1万円、一般2万円
キャンセルは7日前までは無料です。6日〜前日はレッスン料の半額、当日は全額のご負担をお願い致します。悪天候により中止になった場合は、この限りではありません。

ナチュラリゼーション小顔矯正(新宿)

ナチュラリゼーションをベースに開発された体に優しい小顔矯正の施術です。施術時間45分。

会場:サロンアイリス

③15:00〜15:45
④16:00〜16:45
⑤17:00〜17:45

施術料金(税込)15,000円
キャンセルは7日前までは無料です。6日〜前日はレッスン料の半額、当日は全額のご負担をお願い致します。

滋賀レッスンは料金は異なります。
ご予約お待ちしております。
会場:松本じゅん接骨院

お問い合わせ
ivanivankov@yahoo.co.jp

小顔矯正公式LINEはこちらから

フェイスブックの自動予約システムをご利用頂けます。

In this seminar you can learn the essences of the Evo-Devo Exercise step by step. The Evo-Devo Exercise is the name of the exercises which are based on the evolution and the development of human beings. Many of the musculoskeletal disorders are caused by the lack of  the development movements during 0-year old age. In this seminar, you will learn:

  1. Learn the 0-year old exercises precisely, and why those are important for our healthy life.
  2. How to overcome musculoskeletal disorders by Naturalization approach.
  3. How to improve physical abilities by Naturalization exercises.

The Evo-Devo exercises involve all of the body parts and let them move with natural coordination. As you complete all of the exercises, you will retrieve natural body and movements.

Tokyo seminar

Date: November 14th, 2021
class 1: 13:00-14:30

Place:Shinjuku Gyoen National Garden

Fee: private lesson 30,000 yen for one seminar

group lesson 20,000 yen for one person for one seminar

Entry qualification: Anyone

Shiga seminar is always open at Jun Matsumoto Natural Therapy Office.

How to entry: Please send the information of your name and the course of your preference via email ivanivankov@yahoo.co.jp

I sincerely appreciate for your interest in the Evo-Devo Exercise.

第60弾!正直者は得をする時代。2019.1.15

皆様、明けましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願い致します!

皆様は良いお年を迎えられましたか?

私は良い感じです。

健康なので!

年末年始は時間があったので、色々と今後の事を考えていました。

2019年はどうなるのか?

その先の時代はどうなるのか?

年末はセミナー参加者の方々と打ち上げをしたりで、色んな本音を聞く機会がありました。

ナチュラリゼーションをすると患者が治っていくんですが、治ると来なくなるという悩みは良く聞きます。

このテーマについての答えはなかなか見つからなかったんです。

治療院業界というのは昔からそうなんです。

患者を治してはいけない。

患者をいかに通わせ続けるかなんだよ!

そんなことやってるから儲からないんだよ!

それがビジネスだよ、まつじゅん君!

そうなのかもしれないし、たぶんそうだったんでしょう。

私はその考えが生理的に受け付けられないので、ずーっと拒絶してきました。

他の業界ならまだしも、医療業界でそれをやってはいけないと思っていました。

しかし、時代が変わってきたと最近思うんですね。

どうも今までとは違う傾向になりそうな予感があるんです。

西野亮廣さんの本を読んでなるほど!と思った事があります。

信用がお金に換わるという話。

この信用と人気グラフをご覧ください。

https://www.instagram.com/p/BsmSI65BpNQ/

Aが人気も信用も無いグループ

Bが人気は無いが信用はあるグループ

Cが人気はあるが信用が無いグループ

Dが人気も信用もあるグループ

誰しもDを目指すと思いますがこれは簡単な事ではありません。

生まれの差はあっても誰しもAから始まります。

ここでAからBに行くか、Cに行くかでは大きな違いがあります。

Bは職人タイプで、Cは経営者タイプと言えます。

治療院業界では、Bはガチで治し、Cは通わせるタイプと言えるでしょう。

今までの時代は、Cグループが美味しい汁を吸えた時代なんです。

しかし、Cグループは入れ替わりが激しいんです。

10年前にあれだけ流行っていたのに今は没落しているという事が多々あります。

Dは揺るがないですが、Cはちょっと環境が変わると一瞬で淘汰されるグループなのです。

一発屋芸人と同じで、実力が無いとすぐ消えてしまうのです。

今の時代は嘘がすぐバレてしまう時代になりつつあります。

ネット社会になって、嘘の宣伝や実力が無い事がすぐに拡散してしまいます。

広告をつぎ込んで売っても、アマゾンのカスタマーレビューで厳しい評価が一瞬で返ってきます。

ネット広告が増え、クリックを誘導する広告を人々が信用しなくなってきたのです。

広告よりも、カスタマーレビューが信用される時代なのです。

一方、正直者で馬鹿を見てきたBグループはどうでしょうか。

患者を治したら、患者が人に広めてくれるんですよ。

しかし、一人の患者が広められる数なんてしれている訳です。

治してくれる治療院は潰れないですが、大繁盛する事は滅多に無いです。

患者をベルトコンベアーのように回転させるCグループには売り上げは到底勝てません。

そして、時代は変わりました。

ネットの時代になって、一人の患者が広められる数が無限になったのです。

そして、検索によってBグループは発掘される時代になったのです。

広告によって検索の上位にヒットはしますが、本当に検索している層は下位まで調べます。

これから時代の傾向として、今まで埋もれてきたBグループがDグループの領域へ浸食していくだろうと予測しています。

グラフの人気軸は時代や環境によって常に変動しているのです。

BとDには偏西風が吹き、AとCは逆風が吹くでしょう。

だったらCからDへ行っちゃえばいいじゃん?

しかし、私の知っている限りでは、CからDに行った人はいないですね。

一番の近道はAからDじゃないの?

それが出来る人は天才ですよ。

私は凡人なので高ーく登ってから偏西風を待ちますw

では、皆様今年も宜しくお願いします!

72歳男性、前十字靭帯断裂から自然治癒した症例

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

72歳、男性、日本人
2021年5月1日、登山中に足を滑らせ転倒した。同日に、整形外科を受診し、MRI検査を行った結果、右膝前十字靭帯断裂と診断された。担当医師からは、年齢的に手術は負担が大きいことから、保存療法を提案された。

5月14日から、前十字靭帯の自然治癒へ向けて松本じゅん接骨院のオンライン治療を開始した。週1回のオンライン治療と毎日のナチュラリゼーション運動療法を4ヶ月間継続した後、再度MRI検査を行った。9月14日のMRI検査では、断裂した前十字靭帯は連続性を示し、自然治癒が始まっていることが確認された。72歳という年齢から、前十字靭帯の自然治癒は厳しいと思われたが、当初の予想は覆された。これより、運動強度を段階的に上げていき、数か月後には登山活動に復帰する予定である。

オンライン治療の様子