Natural Healing of a Complete ACL Tear – Case 18

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

34 year old, male, Filipino living in Japan
He injured his right knee during playing Baskaetball on October 24th, 2021. When he changed the direction by loading this weight on the right knee, he twisted the right knee, and he fell down. One week later, he went to the MRI scanning, and the diagnosis was:
Complete ACL tear
Lateral Meniscus tear

On November 11, 2021, he started the face to face therapy for the natural healing of the ACL tear with Jun Matsumoto. He continued doing the Evo-Devo Exercises for five months, and he took the next MRI on April 30,2022.

The MRI report indicates:

Minor tear on ACL but there is the continuity.
Lateral Meniscus tear

Future prospects:

Even though the lateral meniscus still remains, the torn ACL has almost healed naturally by its own. Jun Matsumoto ordered him to spend the normal daily life activity without doing any sport for a few months. They agreed to see how it works later. If the unhealed meniscus impairs the knee in the future, the option for the surgery can be taken.

References:

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

前十字靭帯断裂の自然治癒 ケース17

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

37歳、男性、オーストリア在住のオーストラリア人
 2021年11月3日、ロッククライミング中に左膝を負傷した。非常に低い位置から不意に落下し、膝が内側に入る角度で体重がかかってしまった。2週間後、MRI撮影に臨み、診断結果は以下に示す。

前十字靭帯完全断裂
内側半月板損傷
外側半月板損傷

 2021年12月8日より、当院のオンライン治療を開始し、ナチュラリゼーション療法を約4ヶ月間継続した後、2022年4月25日に再度MRI撮影を行った。

MRIレポート

外側半月板損傷
内側半月板損傷
前十字靭帯の断裂後、まだ浮腫が存在しているが、個々の線維束は連続性の兆候を示す。膝関節の腫脹が著しく減少している。

今後の展望

 半月板損傷はまだ残存しているものの、断裂した前十字靭帯に自然治癒が進行していた。患者には、脚の筋力強化を指示し、今後の予後について経過観察することになった。

参考文献

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

第67弾!令和最初のナチュラリゼーション 2019.5.1

松本淳のナチュラルセラピスト講座最新号はこちらから

こんにちは、松本淳です。

いよいよ令和になりましたね!

私にとって平成の時代は、あまり良いことが無かったので、早く令和になってくれ!と思っていました。(笑)

皆様にとっても、令和が良い時代になることを心からお祈りしています。

令和の時代に、ナチュラリゼーショが普及、発展していくことを期待しています。

期待していますが、まだどうなるかは分かりません。

私自身、時々心が折れそうになるときもあります。

ナチュラリゼーション通信講座は三年目になるんですが、正直誰がされているのか分かりません。

時折、通信講座を一年とか二年されている方々から質問やレッスンの申込みがあったりします。

私の知らない人達が、どこかでナチュラリゼーションを見つけてくれて、そして何らかの役に立てていることを知ると勇気を貰います。

時代と逆行するかのように、結果を約束せず、ただひたすら自分の体と向き合うというワークなのですが、継続されている方々は何らかのメリットを感じてられるはずです。

禅といえば、禅なんですけどね。

選手達が、結果を出してくれることを期待している自分がまだいます。

応援はしても、期待はしちゃいけないんだなと最近思います。

私の仕事は、ナチュラリゼーションを伝えることです。

ナチュラリゼーションを通して、自分と向き合い、自分の体を知るということに意味があります。

私の出来ることはそこまでで、あなたがその後どう変わろうとするのかは、あなた次第なのです。

私自身、もっと優しく、もっとシンプルに伝えていけるようにならないといけません。

まあ、そんなこんなで、色々考えながら試行錯誤しています。

ちょっとしたニュースなんですけど、5月13日にテレビに出るかもしれません。

めざましテレビの「きらびと」というコーナーで、ずっと一緒にトレーニングしてきた西澤君が特集されます。

私は彼のトレーナーとしてちょこっと出るかもしれません。

ハイハイやダイナミックアーチのシーンも収録済みなのですが、カットされないことを祈ります。(笑)

年末から来られている前十字靭帯断裂の患者さんも、順調に治ってきています。

レポートを書いているので、興味のある方はこちらもどうぞ。

5月12日の東京レッスンは、2枠増やしましたので是非ご参加くださいませ。

では、皆様、令和も宜しくお願い致します!

2022年7月10日の新宿ナチュラリゼーションのご案内 Evo-Devo Exercises seminar on July 10,2022

7月10日(日)新宿ナチュラリゼーションEVOセミナー

ナチュラリゼーションEVO.のスタジオレッスン。あらゆる競技のアスリートから体にお悩みのある一般の方までご参加頂けます。

会場:Rental Studio My lesson 新宿Aスタジオ及び Cスタジオ  新宿御苑前駅 2番出口 徒歩1分 

①13:00~14:50(110分)Aスタジオ
②15:00~16:20(80分)Cスタジオ
③16:30~17:50(80分)Cスタジオ

受講料(税込)
プライベートレッスン 
80分:25,000円
110分:30,000円
大学生以下は5,000円割引しています。
キャンセルは7日前までは無料です。6日〜前日はレッスン料の半額、当日は全額のご負担をお願い致します。悪天候により中止になった場合は、この限りではありません。

『お支払いについて』
クレジットカード・PayPal・PayPayの他、銀行振込でお支払い頂けます。
PayPalでのお支払いは、上のフォームをご利用ください。クレジットカードでのお支払いはリンクを送りますので、メッセージを送ってください。
PayPayでのお支払いは、PayPay idまたは携帯電話番号をメッセージで送ってください。
銀行振込でのお支払いは、次の口座までお振込みください。
三菱UFJ銀行 
京都支店
普通 3639007
名義 マツモトジュン

お預かりした個人情報はお申込みいただいたサービスの提供以外に利用しません。

『メールでお問い合わせ』
ivanivankov@yahoo.co.jp

『公式LINEからお問い合わせ』

松本じゅん接骨院公式LINEアカウント

Evolutionary and Developmental Exercises Seminar will be held in Tokyo. In this seminar you can learn the essences of Evo-Devo Exercises step by step. Evo-Devo Exercises are the name of the exercises which are based on the evolution and the development of human beings. Many of the musculoskeletal disorders are caused by the lack of  the development movements during 0-year old age. In this seminar, you will learn:

  1. Learn the 0-year old exercises precisely, and why those are important for our healthy life.
  2. How to overcome musculoskeletal disorders by Evo-Devo Exercises approach.
  3. How to improve physical abilities by Evo-Devo Exercises.

Evo-Devo Exercises involve all of the body parts and let them move with natural coordination. As you complete all of the exercises, you will retrieve natural body and movements.

Tokyo seminar

Date: July 10, 2022
class 1: 13:00-14:50(110 min.)
class 2: 15:00-16:20(80 min.)
class 3: 16:30-17:50(80 min.)

Place: My Lesson Shinjuku C studio

Fee: 25,000 yen(80 min.), 30,000 yen(110 min.)

Entry qualification: Anyone

Shiga seminar is always open at Jun Matsumoto Natural Therapy Office.

How to entry: Please send the information of your name and the course of your preference via email ivanivankov@yahoo.co.jp

I sincerely appreciate for your interest in Evo-Devo Exercises.

Jun Matsumoto

Spontaneous Healing of a Complete ACL Rupture – Case 17

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

37 year old, male, Australian living in Austria
He injured left knee while rock climbing on the 3rd November 2021. He fell akwardly from a very low height and his weight went on my knee in a bad direction. Two weeks later, he went to the MRI scanning, and the diagnosis was:
Complete ACL Tear
Medial meniscus tear
Lateral meniscus tear

On December 8th,2021, he started the online therapy for the natural healing of the ACL tear with Jun Matsumoto. He continued doing the Evo-Devo Exercises for four months, and he took the next MRIs on April 25,2022.

The MRI report indicates:

“Regular positioning of the patella in the femoropatellar compartment, the retropetallar cartilage shows a deep cartilage ulceration at the medial facet, which is slightly increasing compared to the previous examination, reaching the cartilage-bone lamella.
The trochlear cartilage is continuous. The medial and lateral retinaculum patellae are unremarkable.

Infrapatellar fat body in regular formation. In the lateral femorotibial compartment ubiquitous cartilage cover, the lateral meniscus shows a circumscribed linearity at the posterior horn IMA 8-27, this was already present in the previous examination, but currently appears somewhat expanded and reaches the tibial meniscus surface.

In the medial femorotibial compartment there is a cartilage cover throughout, the medial meniscus at the posterior horn appears clearly more elevated than in the previous examination, but there is no evidence of a dislocated meniscus fragment.

The posterior cruciate ligament is continuous. After rupture of the anterior cruciate ligament, the latter is still edematised, but individual fibrous strands show signs of continuity.

Significant decrease in knee joint swelling. Angelegte Baker-Zyste. Baker’s cyst in place. Typical flow-void popliteal.”

Future prospects

Even though the meniscus tears still remain unhealed, the torn ACL is successfully healing naturally. Jun Matsumoto ordered him to start strengthening the leg muscles, and agreed to follow-up the further prognosis.

References:

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

前十字靭帯断裂の自然治癒 ケース16

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

31歳、男性、日本人
2021年9月20日、バドミントンのプレー中、ジャンプで着地した際に左膝を捻った。2週間後、MRI撮影に行い、以下の診断結果を得た。
前十字靭帯断裂
内側半月板後節の損傷
外側半月板後節の損傷

2021年10月28日より、当院のオンライン治療を開始し、ナチュラリゼーション療法を約4ヶ月間継続した後、2022年2月25日にMRI撮影を行った。

MRIの診断結果:
ACL部分断裂
内側半月板後節の損傷
外側半月板後節の断裂

2021/10/05と2022/02/25のMRIを比較すると、断裂した前十字靭帯が自然治癒し始めていることが確認された。両半月板の断裂は、現時点では変化していなかった。患者には、前十字靭帯の連続性がより安定して回復するまで、ナチュラリゼーション療法を続けるように指示した。左膝の可動域は完全に回復し、膝の不安定感は無くなっていた。普通に歩けるようになり、日常生活も普通にも不自由なく過ごせるまでに回復していた。今後、ナチュラリゼーション療法の他、筋力トレーニングも行うよう指示し、経過観察していくことになった。

参考文献

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

Non-Surgical Treatment of a Complete ACL Tear – case 16

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

Patient information:

31 year old, male, Japanese
On September 20th, 2021, he was playing badminton, and when he landed on his left knee from jumping, he twisted it. Two weeks later, he went to the MRI scanning, and the diagnosis was:
Complete ACL tear
Tear of the posterior segment of the Medial Meniscus
Tear of the posterior segment of the Lateral Meniscus

On October 28th,2021, he started the online therapy for the natural healing of the ACL tear with Jun Matsumoto. He continued doing the Evo-Devo Exercises for four months, and he took the next MRIs on February 25,2022.

The MRI report indicates:

Partial ACL tear

By comparing the MRIs of 2021/10/05 and 2022/02/25, the torn ACL starts healing spontaneously and growing intact. The torn ACL is still in healing process. However, the both meniscii tears remain unhealed yet at this moment. Jun Matsumoto ordered him to continue doing he Evo-Devo EX until the continuation of the ACL becomes more firm. The patient recovered the full range of motion of the left knee, and he doesn’t feel any instability of the knee. He can walk normally and have the normal daily activities so far.

Reference

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi


第66弾!利他的な遺伝子 2019.4.15

松本淳のナチュラルセラピスト講座最新号はこちらから

こんにちは、松本淳です。

春真っ盛りですね。

京都では、もう桜が散り始めています。

先週開催した、代々木セミナーは、見事な桜ナチュラリゼーションでした。

代々木セミナーの早朝は、春から実業団ランナーになったKさん。

次は、プロフェッショナルセミナーを4時間してから、プライベートレッスンを2コマやりました。

一人は大学生のラグビー選手で、高校生のころからツイッターで何度も質問をしてきた子です。

通信講座も一年間やっていたらしく、初めてレッスンに来てくれました。

ナチュラリゼーションはまだまだ普及していませんが、こういう子に出会うとやってきて良かったなぁと思います。

もう一人は、バレエ留学を経験して、日本のバレエ団に入団したのですが、腰痛が酷くてすぐに退団された方。

もっと早く出会っていたら、痛みなく元気に踊れていたのにと残念に思いました。

綺麗な歯並びに小さいお口、一目見て歯科矯正してたんだなと分かりました。

歯科矯正の後遺症で顎の位置が変わり、背骨のバランスを崩していたんですね。

若いころから治療院通いで痛みを誤魔化してきたらしいのです。

治療院は何をしとるのだ!

一方、実業団に入ったばかりのKさんは、毎週定期的にマッサージを受けさせられると困惑していました。

私はどこも痛くないし、マッサージを受けると調子が悪くなると言っても強制的に受けさせられるというのです。

彼女はナチュラリゼーションを3年半もやってきて、既にマッサージを必要としない体になっているのです。

その話を中級コースですると、受講生の一人が言いました。

『あ、それうちの会社のスタッフが治療しているチームですよ。』

なんじゃそりゃ!

治療ってなんなんすか?ゴッドハンド先生!

治療家にとっての仕事は、治療することなんですよ。

相手のためではない、自分のため。

自分のためというのは、悪いことなのか?

相手のために、自分を犠牲にしないといけないのか?

最近、私は遺伝子の勉強をしています。

30年以上前に世界的ベストセラーになった、『利己的な遺伝子』という本を読んでいます。

「遺伝子は自己を最大限に増やすことしか考えていない。」という趣旨のことが書かれています。

つまり、他人よりも自己の保存が生物の根源的な本能であるということです。

親は自分の子供は自分の1/2の遺伝子を持っています。

自分の遺伝子を残すという意味では、二人の子供のために自己犠牲で死ぬと、遺伝子の保存率はプラスマイナス0になります。

いとこは1/8しか遺伝子を共有していないので、8人のいとこのために自己犠牲で死んでプラスマイナス0になります。

生物とういうのは、血縁の近縁度が近ければ近い程に、利他的な行動ができるらしいのです。

利他的行動というのは、自分の利益よりも他人の利益を優先して行う行動のことです。

母親が子供のために、自分の食べ物を分け与えるという行為は、利他的行動といえます。

これは、遺伝子を最大限に残していくための、遺伝子にとっては利己的な行動なのです。

しかし、あかの他人との近縁度は分からないので、基本的に利他的行動はとりません。

見ず知らずの人を、命をかけて守れないですよね。

同じ日本人であれば、数千分の一くらいで近縁度があるかもしれませんが、限りなくゼロに近いですね。

ですから、他人である患者の利益のために、治療家が自己の利益を棄てるという行為はありえないのです。

売り上げ第一!、患者は永遠に通わせろ!というのが、遺伝子的には正解であり、当然のことなのです。

しかし、世の中にはまれに、他人に対しても利他的行動ができる人がいます。

キリストやマザー・テレサのような人たちをイメージしてください。

迷子や行方不明者を探すボランティアおじいちゃんでも同じです。

自己遺伝子の保存という観点で考えると、他人に対しての利他的遺伝子はメリットがないので子孫を残せないということになります。

子孫を残せない利他的遺伝子は、とっくに絶滅しているはずなのですが、絶滅していないのはなぜか?

これは私の考えですが、ヒトは戦争をする種であるために、利他的遺伝子を残しておかないと絶滅するということではないでしょうか。

永遠に殺し合うと、ヒトは最後は一人になって絶滅するはずです。

その中で、沢山の他人のために自己犠牲を払って生きる人々がいることで、戦争による絶滅を回避してきたと考えます。

しかし、その利他的遺伝子自身にもメリットがないと、この遺伝子は絶滅していたはずです。

利他的遺伝子のメリットとは何か?

ヒトであるかぎり、他人であっても近縁度はゼロではないのです。

もし他人の近縁度の平均値が1/1万だとしたら、1万人を自己犠牲で救って初めて利他的遺伝子は遺伝的メリットを得ると言えます。

おそらく私は、この利他的遺伝子を持っているのかなと想像しています。

私の話に共感する人たちも持っているかもしれません。

ごく一部の人しか持っていないマイナー遺伝子なので、大多数の人からは馬鹿にされるかもしれません。

他人の利益を考える馬鹿と。

考え方を変えた方が楽なのは分かるんですけど、遺伝子なので変えられないんですよ。

この遺伝子を残すためには、1万人以上を救うしか道はないのです。

まあ、そんなことを考えている今日この頃です。

では、皆様またお会いしましょう!

Ci vediamo!

2022年5月22日の新宿ナチュラリゼーションのご案内 Evo-Devo Exercises seminar on May 22,2022

注目

5月22日(日)新宿ナチュラリゼーションEVOセミナー

ナチュラリゼーションEVO.のスタジオレッスン。あらゆる競技のアスリートから体にお悩みのある一般の方までご参加頂けます。

会場:Rental Studio My lesson 新宿 Cスタジオ  新宿御苑前駅 2番出口 徒歩1分 

①13:00~14:50(110分)
②15:00~16:20(80分)
③16:30~17:50(80分)

受講料(税込)
プライベートレッスン 
80分:25,000円
110分:30,000円
大学生以下は5,000円割引です。
キャンセルは7日前までは無料です。6日〜前日はレッスン料の半額、当日は全額のご負担をお願い致します。悪天候により中止になった場合は、この限りではありません。

『お支払いについて』
クレジットカード・PayPal・PayPayの他、銀行振込でお支払い頂けます。
PayPalでのお支払いは、上のフォームをご利用ください。クレジットカードでのお支払いはリンクを送りますので、メッセージを送ってください。
PayPayでのお支払いは、PayPay idまたは携帯電話番号をメッセージで送ってください。
銀行振込でのお支払いは、次の口座までお振込みください。
三菱UFJ銀行 
京都支店
普通 3639007
名義 マツモトジュン

お預かりした個人情報はお申込みいただいたサービスの提供以外に利用しません。

『メールでお問い合わせ』
ivanivankov@yahoo.co.jp

『公式LINEからお問い合わせ』

松本じゅん接骨院公式LINEアカウント

Evolutionary and Developmental Exercises Seminar will be held in Tokyo. In this seminar you can learn the essences of Evo-Devo Exercises step by step. Evo-Devo Exercises are the name of the exercises which are based on the evolution and the development of human beings. Many of the musculoskeletal disorders are caused by the lack of  the development movements during 0-year old age. In this seminar, you will learn:

  1. Learn the 0-year old exercises precisely, and why those are important for our healthy life.
  2. How to overcome musculoskeletal disorders by Evo-Devo Exercises approach.
  3. How to improve physical abilities by Evo-Devo Exercises.

Evo-Devo Exercises involve all of the body parts and let them move with natural coordination. As you complete all of the exercises, you will retrieve natural body and movements.

Tokyo seminar

Date: May 22, 2022
class 1: 13:00-14:50(110 min.)
class 2: 15:00-16:20(80 min.)
class 3: 16:30-17:50(80 min.)

Place: My Lesson Shinjuku C studio

Fee: 25,000 yen(80 min.), 30,000 yen(110 min.)

Entry qualification: Anyone

Shiga seminar is always open at Jun Matsumoto Natural Therapy Office.

How to entry: Please send the information of your name and the course of your preference via email ivanivankov@yahoo.co.jp

I sincerely appreciate for your interest in Evo-Devo Exercises.

Jun Matsumoto

子供の前十字靭帯断裂 自然治癒療法 ケース15

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

12歳、男性、インド人
 2021年9月20日、レッグカールの筋力測定中に、医師の不注意によって右膝を負傷した。 10月4日にMRI撮影を行い、次のような診断を担当医師が下した。
前十字靭帯の完全断裂。 大腿骨付着部の断裂であった。後十字靭帯、内側側副靭帯、外側側副靭帯、半月板に損傷は無かった。

2021年10月22日から、当院のオンライン治療を開始した。ナチュラリゼーションと呼ばれる進化発生学に基づいた運動療法を約4ヶ月継続したのち、2022年3月2日に、再度、MRI画像を撮影した。

担当医師によるMRI画像診断を以下に示す。
前十字靭帯の大腿骨付着部に僅かに高信号が見られるが、連続性を保っている。線維の一部が、大腿骨外側顆内側面と癒着している。脛骨付着部では、前内側線維、後外側線維ともに連続性を保っている。

上記の診断結果により、変形治癒している箇所があるものの、断裂した前十靭帯の自然治癒が概ね始まっていることを確認した。今後は、運動強度を段階的に上げていき、彼の希望するテニス競技への復帰を目指していくことになった。

当院の前十字靭帯断裂の自然治癒療法の症例では、この12歳というケースが最年少です。(2022年3月末時点)小児期の前十字靭帯断裂患者への再建手術は、骨の成長を妨げるリスクがあるため、回避される傾向が高いのが現実です。 そのため、小児の前十靭帯断裂に対しては、現在のところ、有効な治療法がありません。治療法も無く、骨の成長が止まるまで激しいスポーツを禁止される子供たちの多くは絶望してきました。今後は、小児の前十字靭帯断裂の自然治癒症例数を蓄積していき、ナチュラリゼーション療法の有効性を示していきたいと願っています。

参考文献

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi