子供の前十字靭帯断裂 自然治癒療法 ケース15

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

12歳、男性、インド人
2021年9月20日、レッグカールの筋力測定中に、医師の不注意によって右膝を負傷した。 10月4日のMRI撮影を行い、次のような診断を担当医師が下した。
前十字靭帯の完全断裂。 大腿骨付着部の断裂であった。後十字靭帯、内側側副靭帯、外側側副靭帯、半月板に損傷は無かった。

2021年10月22日から、当院のオンライン治療を開始した。ナチュラリゼーションと呼ばれる進化発生学に基づいた運動療法を約4ヶ月継続したのち、2022年3月2日に、再度、MRI画像を撮影した。

担当医師によるMRI画像診断を以下に示す。
前十字靭帯の大腿骨付着部に僅かに高信号が見らるが、連続性を保っている。線維の一部が、大腿骨外側顆内側面と癒着している。脛骨付着部では、前内側線維、後外側線維ともに連続性を保っている。

上記の診断結果により、変形治癒している箇所があるものの、断裂した前十靭帯の自然治癒が概ね始まっていることを確認した。今後は、運動強度を段階的に上げていき、彼の希望するテニス競技への復帰を目指していくことになった。

当院の前十字靭帯断裂の自然治癒療法の症例では、この12歳というケースが最年少です。(2022年3月末時点)小児期の前十字靭帯断裂患者への再建手術は、骨の成長を妨げるリスクがあるため、回避される傾向が高いのが現実です。 そのため、小児の前十靭帯断裂に対しては、現在のところ、有効な治療法がありません。治療法も無く、骨の成長が止まるまで激しいスポーツを禁止される子供たちの多くは絶望してきました。今後は、小児の前十字靭帯断裂の自然治癒症例数を蓄積していき、ナチュラリゼーション療法の有効性を示していきたいと願っています。

参考文献

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

前十字靭帯断裂の自然治癒 ケース14

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

22歳、男性、日本人
2021年8月21日、サッカーの練習中に、味方と衝突しそうになり、左足一本で踏ん張った際に、左膝を捻った。(非接触型)整形外科を受診し、8月25日にMRI撮影を行い、前十字靭帯断裂と診断された。

2021年10月2日から、当院の自然治癒療法を開始した。ナチュラリゼーションと呼ばれる進化発生学に基づいた運動療法を4ヶ月継続したのち、新たにMRI画像を撮影した。

断裂した前十字靭帯の連続性が確認され、自然治癒していることも確認された。ジョギングと筋力トレーニングの許可を出し、コンディションが整い次第、スポーツへの復帰が可能であると伝えた。

参考文献

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

前十字靭帯断裂の自然治癒 ケース13

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

21歳、男性、ラグビー選手、日本人
2021年5月12日、ラグビーの練習中に、左にフェイントを切る際、右膝を捻った。(非接触型)整形外科を受診し、5月13日にMRI撮影を行い、前十字靭帯断裂と診断された。

2021年5月15日から、当院の自然治癒療法のオンライン治療を開始した。ナチュラリゼーションと呼ばれる進化発生学に基づいた運動療法を4ヶ月継続したのち、新たにMRI画像を撮影した。

断裂した前十字靭帯の連続性が確認され、自然治癒していることも確認された。これにより、競技復帰へ向けてアスレチックリハビリテーションを開始し、運動強度を段階的に上げていくことを許可した。受傷7カ月が過ぎた12月26日、全国大学ラグビー選手権準々決勝において公式戦復帰を果たし、トライを決めた。

前十字靭帯断裂の自然治癒 ケース12

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

46歳、女性、日本人
2021年8月30日、柔術の練習中に、左膝を捻った。整形外科を受診し、9月3日にMRI撮影を行い、前十字靭帯断裂と診断された。

2021年9月20日から、当院の自然治癒療法のオンライン治療を開始した。ナチュラリゼーションと呼ばれる進化発生学に基づいた運動療法を3ヶ月継続したのち、新たにMRI画像を撮影した。

断裂した前十字靭帯の連続性が確認され、自然治癒していることも確認された。これにより、リハビリ過程における運動強度を上げていくことを許可し、受傷以前の運動レベルに戻していくためのリハビリを開始した。前十字靭帯断裂から2ヶ月以内にナチュラリゼーション療法を開始し、これを3ヶ月以上継続したは、11件中11件ともMRI画像において、自然治癒が確認された。

72歳男性、前十字靭帯断裂から自然治癒した症例

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

72歳、男性、日本人
2021年5月1日、登山中に足を滑らせ転倒した。同日に、整形外科を受診し、MRI検査を行った結果、右膝前十字靭帯断裂と診断された。担当医師からは、年齢的に手術は負担が大きいことから、保存療法を提案された。

5月14日から、前十字靭帯の自然治癒へ向けて松本じゅん接骨院のオンライン治療を開始した。週1回のオンライン治療と毎日のナチュラリゼーション運動療法を4ヶ月間継続した後、再度MRI検査を行った。9月14日のMRI検査では、断裂した前十字靭帯は連続性を示し、自然治癒が始まっていることが確認された。72歳という年齢から、前十字靭帯の自然治癒は厳しいと思われたが、当初の予想は覆された。これより、運動強度を段階的に上げていき、数か月後には登山活動に復帰する予定である。

オンライン治療の様子

前十字靭帯断裂の自然治癒   ケース10  

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

16歳、男性、日本人
2021年3月21日に、部活動のハンドボールの練習中、個人でフェイント動作をした際、左膝を捻り倒れこんだ。翌日に整形外科を受診し、MRI撮影を行った結果、前十字靭帯断裂、内側半月板損傷と診断された。骨がまだ成長過程であることから、この段階では手術はせず、経過観察していく方針が選ばれた。

受傷から7週間後の5月9日に、松本じゅん接骨院を受診し、前十字靭帯断裂の自然治癒を目的としたナチュラリゼーション療法を開始した。週一回の受診の他、毎日、自宅や部活動でナチュラリゼーションの運動療法を継続した。ナチュラリゼーション療法の開始から4ヶ月後の9月4日、初診とは別の病院でMRI撮影を行った。画像診断専門医の診断では、前十字靭帯の7〜8割は連続性を有しており、微小断裂であるとのことであった。これをもって、断裂した前十字靭帯が自然治癒を始めていることを確認し、患者のスポーツ活動復帰へ向けたリハビリを開始した。これより3〜4ヶ月間、段階的に運動強度を高めて行き、競技復帰する予定である。

前十字靭帯の連続性を確認できた。

9月28日にランニングをしていた際、左膝を捻ってしまった。同日に病院でMRI撮影を行い、前十字靭帯断裂と診断された。数日間の安静を経た後、再断裂した前十字靭帯の自然治癒療法を再開した。

自然治癒療法をさらに約3カ月間行い、MRI撮影を行った。

2021年9月4日のMRIで確認されたような、前十字靭帯の連続性は明確には確認できなかった。前十字靭帯の脛骨側の断端部が後十字靭帯と癒着していることが確認された。患者には、膝崩れなどの症状は無く、機能的には順調に回復していることから、このまま保存療法を継続していくこで同意した。運動強度を段階的に上げていき、2ヶ月後の3月5日に再度MRI撮影を行った。

残念ながら、今回も前十字靭帯の連続性は確認されなかった。今後は、さらに運動強度を上げていき、競技復帰を目指しながら経過を観察していくことで同意した。

考察
前十字靭帯断裂から一度は自然治癒したものの、再断裂を起こしてしまい、初めての再断裂の自然治癒は成功しなかった。再断裂の原因は明確には指摘できないが、気になった点が二つあった。一つは、自然治癒療法の開始が受傷7週間経過しており遅かったこと。その期間、装具やサポーターで可動域が制限されていたことで、治療開始から自然治癒までの期間においても、屈曲制限が残存していた。二つ目は、9月4日の自然治癒が確認されたMRIでは、まだ綺麗な自然治癒とは言えず、後十字靭帯とも癒着していると思われる変形治癒であったことである。個人的な感想としては、治療開始までの7週間の間に、可動域制限された環境で、靭帯の癒着が起こっていたのではないかと考えている。前十字靭帯断裂が自然治癒しても、その後、再断裂の可能性はあり、それを如何に予防していくかが今後の命題である。

前十字靭帯断裂の自然治癒 ケース9

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

24歳、男性、日本人
2020年12月20日に、バスケットボールのプレイ中に対戦相手とぶつかった後、圧し掛かられ、右膝を捻じったまま崩れ落ちた。翌日のMRI検査で前十字靭帯断裂と診断された。

2021年1月15日より、松本じゅん接骨院にて自然治癒に向けた治療を開始した。当院での治療を約四ヶ月継続した後、二回目のMRIを撮影した。

画像診断専門医によれば、前十字靭帯は連続性を有しているとの診断であった。
今回、明らかな事は、画像診断専門家でなくとも、断裂した靭帯が自然治癒していると確認できる程、明確な画像であったことである。今回、自然治癒をMRIで確認できので、スポーツ活動への復帰へ向けたリハビリ運動を開始した。

前十字靭帯断裂の自然治癒 ケース7

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

17歳、男性、アメリカ人高校生
2020年10月23日、バスケットボールをしている最中に左膝を負傷した。 MRI写真は10月29日に撮影され、診断は前十字靭帯の完全断裂であった。

赤い矢印は断裂している部分を示しています。


2020年11月20日から自然治癒を目的としたオンライン治療を開始した。約4ヶ月間治療を継続し、2021年4月11日に2回目のMRI撮影を同じ病院で受け、次のように診断された。

前十字靭帯後部束の完全断裂
前十字靭帯前部束には連続性があった。

担当医師は、前十字靭帯が自然治癒していることは認めなかったが、前十字靭帯の完全断裂という診断が、5ケ月後には部分断裂となった。 彼は、最初の診断が誤診でったかもしれないとほのめかした。 2回目のMRI画像を次に示します。私の観察では、断裂した前十字靭帯の自然治癒が進んでいることを確認した。

靭帯の連続性が確認できました。

ナチュラリゼーションをベースにした運動療法を4ヶ月続けた後、左膝関節の可動域は完全に回復し、 痛みを伴わずに通常の日常生活を送ることが出来るようになった。 現在は、運動強度を徐々に上げて、3ヶ月後の競技復帰を目指している。

前十字靭帯完全断裂の症例報告 ケース4 ACL tear case 4

注目

ACL Online Therapy

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

日本人 男性 28歳
職業 空手家
2019年6月に空手の試合中に左膝前十字靭帯を損傷した。手術をしない治療法を探して8月に当院を受診した。受傷後2ヶ月を経過していたがナチュラリゼーションによる保存的再生療法を開始。約3ヶ月の治療経過を報告する。8月の初診時の問診では、日常生活には不安は無いとのことであったが、左膝の可動域が若干制限されていた。徒手治療により可動域制限を取り、ナチュラリゼーション療法を開始。毎日1〜2時間のメニューを3ヶ月間継続した。6月5日と11月14日のMRIを比較すると、断裂した前十字靭帯が修復してきていることを確認した。11月来院時の報告では、空手の練習を既に開始しており、患部に痛みや違和感を感じることなく生活出来ている。練習強度を段階的に上げていくことを許可した。今後も経過観察をしていくことで確認。

2020年2月27日に撮影したMRIを下に示す。前十字靭帯の明らかな連続性を確認した。受傷後8ヶ月、治療開始から6ヶ月で前十字靭帯損傷が自然治癒したことを認識した。患者は既に空手の試合に向けて強度の高い練習を違和感無く行ってきた。競技復帰への許可を出した。

受傷後8ヶ月 8 months after the injury

Patient information
Japanese, 28 year old, male, Kyokushin Karate Athlete
He ruptured his left anterior cruciate ligament during a karate competition in June, 2019. He wished his recovery without a surgery, and he found the Naturalization therapy. He first visited me in August. His left knee had some restriction of its range of motion, and also had some instability in the joint. He started the Naturalization therapy, and I told him to do the exercises specialized for healing ACL for 1-2 hours every day. He has been continuing the exercises for three months. The MRI pictures above show that the torn ACL started to heal gradually. According to his report, he started practicing Karate, and he doesn’t have any pain or complication for doing it. I permitted him to increase the intensity of Karate practice. We still continue to see the further healing and improvements at least for another 6 months.

The last MRI picture above was taken 8 months after the injury, and it shows almost complete healing of the torn ACL. On the functional meaning, he has practiced Karate with competitive intensity for 3 months without any complication.
On this day, I permitted him to attend a competition.

前十字靭帯完全断裂の症例報告 ケース3 Natural Healing of ACL tear – case 3

注目

ACL Online Therapy

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

インド系マレーシア人 41歳 男性

2018年12月に右膝前淳十字靭帯を完全断裂した。

受傷後1ヶ月目からインターネット上のみで治療を開始した。

治療開始から3ヶ月間は2週間に一回の動画セッションを行った。

4ヶ月目以降は月に一回の動画セッションを行った。

セッションでは、カウンセリングと運動療法の指導を行った。

左が受傷直後、右が受傷6ケ月のMRI

治療開始が受傷後1ヶ月という急性期が過ぎつつあるということと、前十字靭帯の断裂の仕方が今までに見たことのない複雑さを呈していたことから、解剖学的自然治癒は困難であると予想していた。私の予想に反して、6ヶ月目のMRIにおいて、はっきりと靭帯の連続性が確認されたことは驚きであった。機能的には、患側に筋力低下が見られるものの、日常生活においては問題ないレベルまで回復している。患側の筋力が戻るまでリハビリは継続していく予定である。

Patient information

Born in India and working in Malaysia, Male, 41 year old

He ruptured his right ACL completely in December,2018. He started the Naturalization Therapy from the one month after the injury. We had the internet sessions through the Skype once in every 2 weeks for  the first 3 months and once in 1 month from the 4 months. At first, there were the difficulties for the anatomical healing, because it was the severe and complete ACL tear  which had torn in the unusual way. Moreover, it was late that he started my therapy because the acute period was almost passing. Contrary to my expectations, the MRI shows that his completely torn ACL has healed clearly and anatomically. The Naturalization Therapy enables the ACL tear to heal naturally without any complication. As long as the blood supply and the anatomic reduction are secured, the natural healing process will work even on the ACL.