前十字靭帯断裂の自然治癒   ケース10  

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

16歳、男性、日本人
2021年3月21日に、部活動のハンドボールの練習中、個人でフェイント動作をした際、左膝を捻り倒れこんだ。翌日に整形外科を受診し、MRI撮影を行った結果、前十字靭帯断裂、内側半月板損傷と診断された。骨がまだ成長過程であることから、この段階では手術はせず、経過観察していく方針が選ばれた。

受傷から7週間後の5月9日に、松本じゅん接骨院を受診し、前十字靭帯断裂の自然治癒を目的としたナチュラリゼーション療法を開始した。週一回の受診の他、毎日、自宅や部活動でナチュラリゼーションの運動療法を継続した。ナチュラリゼーション療法の開始から4ヶ月後の9月4日、初診とは別の病院でMRI撮影を行った。画像診断専門医の診断では、前十字靭帯の7〜8割は連続性を有しており、微小断裂であるとのことであった。これをもって、断裂した前十字靭帯が自然治癒を始めていることを確認し、患者のスポーツ活動復帰へ向けたリハビリを開始した。これより3〜4ヶ月間、段階的に運動強度を高めて行き、競技復帰する予定である。

前十字靭帯の連続性を確認できた。

9月28日にランニングをしていた際、左膝を捻ってしまった。同日に病院でMRI撮影を行い、前十字靭帯断裂と診断された。数日間の安静を経た後、再断裂した前十字靭帯の自然治癒療法を再開した。

自然治癒療法をさらに約3カ月間行い、MRI撮影を行った。

2021年9月4日のMRIで確認されたような、前十字靭帯の連続性は明確には確認できなかった。前十字靭帯の脛骨側の断端部が後十字靭帯と癒着していることが確認された。患者には、膝崩れなどの症状は無く、機能的には順調に回復していることから、このまま保存療法を継続していくこで同意した。運動強度を段階的に上げていき、2ヶ月後の3月5日に再度MRI撮影を行った。

残念ながら、今回も前十字靭帯の連続性は確認されなかった。今後は、さらに運動強度を上げていき、競技復帰を目指しながら経過を観察していくことで同意した。

考察
前十字靭帯断裂から一度は自然治癒したものの、再断裂を起こしてしまい、初めての再断裂の自然治癒は成功しなかった。再断裂の原因は明確には指摘できないが、気になった点が二つあった。一つは、自然治癒療法の開始が受傷7週間経過しており遅かったこと。その期間、装具やサポーターで可動域が制限されていたことで、治療開始から自然治癒までの期間においても、屈曲制限が残存していた。二つ目は、9月4日の自然治癒が確認されたMRIでは、まだ綺麗な自然治癒とは言えず、後十字靭帯とも癒着していると思われる変形治癒であったことである。個人的な感想としては、治療開始までの7週間の間に、可動域制限された環境で、靭帯の癒着が起こっていたのではないかと考えている。前十字靭帯断裂が自然治癒しても、その後、再断裂の可能性はあり、それを如何に予防していくかが今後の命題である。

前十字靭帯断裂の自然治癒 ケース9

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

24歳、男性、日本人
2020年12月20日に、バスケットボールのプレイ中に対戦相手とぶつかった後、圧し掛かられ、右膝を捻じったまま崩れ落ちた。翌日のMRI検査で前十字靭帯断裂と診断された。

2021年1月15日より、松本じゅん接骨院にて自然治癒に向けた治療を開始した。当院での治療を約四ヶ月継続した後、二回目のMRIを撮影した。

画像診断専門医によれば、前十字靭帯は連続性を有しているとの診断であった。
今回、明らかな事は、画像診断専門家でなくとも、断裂した靭帯が自然治癒していると確認できる程、明確な画像であったことである。今回、自然治癒をMRIで確認できので、スポーツ活動への復帰へ向けたリハビリ運動を開始した。

前十字靭帯断裂の自然治癒 ケース7

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

17歳、男性、アメリカ人高校生
2020年10月23日、バスケットボールをしている最中に左膝を負傷した。 MRI写真は10月29日に撮影され、診断は前十字靭帯の完全断裂であった。

赤い矢印は断裂している部分を示しています。


2020年11月20日から自然治癒を目的としたオンライン治療を開始した。約4ヶ月間治療を継続し、2021年4月11日に2回目のMRI撮影を同じ病院で受け、次のように診断された。

前十字靭帯後部束の完全断裂
前十字靭帯前部束には連続性があった。

担当医師は、前十字靭帯が自然治癒していることは認めなかったが、前十字靭帯の完全断裂という診断が、5ケ月後には部分断裂となった。 彼は、最初の診断が誤診でったかもしれないとほのめかした。 2回目のMRI画像を次に示します。私の観察では、断裂した前十字靭帯の自然治癒が進んでいることを確認した。

靭帯の連続性が確認できました。

ナチュラリゼーションをベースにした運動療法を4ヶ月続けた後、左膝関節の可動域は完全に回復し、 痛みを伴わずに通常の日常生活を送ることが出来るようになった。 現在は、運動強度を徐々に上げて、3ヶ月後の競技復帰を目指している。

前十字靭帯完全断裂の症例報告 ケース4 ACL tear case 4

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

日本人 男性 28歳
職業 空手家
2019年6月に空手の試合中に左膝前十字靭帯を損傷した。手術をしない治療法を探して8月に当院を受診した。受傷後2ヶ月を経過していたがナチュラリゼーションによる保存的再生療法を開始。約3ヶ月の治療経過を報告する。8月の初診時の問診では、日常生活には不安は無いとのことであったが、左膝の可動域が若干制限されていた。徒手治療により可動域制限を取り、ナチュラリゼーション療法を開始。毎日1〜2時間のメニューを3ヶ月間継続した。6月5日と11月14日のMRIを比較すると、断裂した前十字靭帯が修復してきていることを確認した。11月来院時の報告では、空手の練習を既に開始しており、患部に痛みや違和感を感じることなく生活出来ている。練習強度を段階的に上げていくことを許可した。今後も経過観察をしていくことで確認。

2020年2月27日に撮影したMRIを下に示す。前十字靭帯の明らかな連続性を確認した。受傷後8ヶ月、治療開始から6ヶ月で前十字靭帯損傷が自然治癒したことを認識した。患者は既に空手の試合に向けて強度の高い練習を違和感無く行ってきた。競技復帰への許可を出した。

受傷後8ヶ月 8 months after the injury

Patient information
Japanese, 28 year old, male, Kyokushin Karate Athlete
He ruptured his left anterior cruciate ligament during a karate competition in June, 2019. He wished his recovery without a surgery, and he found the Naturalization therapy. He first visited me in August. His left knee had some restriction of its range of motion, and also had some instability in the joint. He started the Naturalization therapy, and I told him to do the exercises specialized for healing ACL for 1-2 hours every day. He has been continuing the exercises for three months. The MRI pictures above show that the torn ACL started to heal gradually. According to his report, he started practicing Karate, and he doesn’t have any pain or complication for doing it. I permitted him to increase the intensity of Karate practice. We still continue to see the further healing and improvements at least for another 6 months.

The last MRI picture above was taken 8 months after the injury, and it shows almost complete healing of the torn ACL. On the functional meaning, he has practiced Karate with competitive intensity for 3 months without any complication.
On this day, I permitted him to attend a competition.

前十字靭帯完全断裂の症例報告 ケース3 Natural Healing of ACL tear – case 3

注目

ACL Online Therapy

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

インド系マレーシア人 41歳 男性

2018年12月に右膝前淳十字靭帯を完全断裂した。

受傷後1ヶ月目からインターネット上のみで治療を開始した。

治療開始から3ヶ月間は2週間に一回の動画セッションを行った。

4ヶ月目以降は月に一回の動画セッションを行った。

セッションでは、カウンセリングと運動療法の指導を行った。

左が受傷直後、右が受傷6ケ月のMRI

治療開始が受傷後1ヶ月という急性期が過ぎつつあるということと、前十字靭帯の断裂の仕方が今までに見たことのない複雑さを呈していたことから、解剖学的自然治癒は困難であると予想していた。私の予想に反して、6ヶ月目のMRIにおいて、はっきりと靭帯の連続性が確認されたことは驚きであった。機能的には、患側に筋力低下が見られるものの、日常生活においては問題ないレベルまで回復している。患側の筋力が戻るまでリハビリは継続していく予定である。

Patient information

Born in India and working in Malaysia, Male, 41 year old

He ruptured his right ACL completely in December,2018. He started the Naturalization Therapy from the one month after the injury. We had the internet sessions through the Skype once in every 2 weeks for  the first 3 months and once in 1 month from the 4 months. At first, there were the difficulties for the anatomical healing, because it was the severe and complete ACL tear  which had torn in the unusual way. Moreover, it was late that he started my therapy because the acute period was almost passing. Contrary to my expectations, the MRI shows that his completely torn ACL has healed clearly and anatomically. The Naturalization Therapy enables the ACL tear to heal naturally without any complication. As long as the blood supply and the anatomic reduction are secured, the natural healing process will work even on the ACL.

前十字靭帯損傷の予後を早期に判断するための考察。ケース2

前十字靭帯損傷の自然治癒療法

前十字靭帯の栄養血管である中膝動脈の状態を確認することで、より早期に前十字靭帯損傷の予後を予想できると考えています。以下のMRIでは靭帯は損傷しているが、中膝動脈の大腿骨枝は確認できる。このケースは自然治癒が十分可能であると判断しています。

受傷後2ヶ月目

中膝動脈の存在は確認できるが、大腿骨との連続性が不鮮明である。

dohyabu2018-12-22-01_LI

受傷後4ヶ月目

中膝動脈の大腿骨との連続性が十分に確認できる。

ohyabu2019-3-23-1_LI

損傷した前十字靭帯が自然修復してくための絶対条件として、乏しいとさる中膝動脈の靭帯への血流を確保する必要がある。当院では、前十字靭帯損傷の保存的治療の初期治療として、血流確保を重点に行ってきた。

尚、上のMRIは血管の状態を確認できる断面であり、靭帯の連続性を確認する断面はより外側に位置していることに注意が必要である。上の受傷4ヶ月目の画像の4mm外側の断面を次に示す。

ohyabu2019-3-23-3

損傷靭帯の連続性は改善しており、今後の経過観察結果は以後報告していく予定です。

前十字靭帯断裂の症例報告 ケース2 Natural Healing of ACL tear – case 2.

注目

前十字靭帯損傷の自然治癒療法

2018年11月に右膝前十字靭帯断裂と内側半月板損傷を合併した症例に関する受傷3ヶ月後の症例報告です。

受傷から1ヶ月過ぎてのナチュラリゼーション療法の開始でしたが、治療開始2ヶ月のMRI画像診断で、損傷靭帯が回復過程にあるとの報告を受けました。

日常生活での支障は全く無いことから、ジョギングの開始を許可しました。

The MRI pictures of ACL tear from 11 days though 3 months. Natural healing is seen here. I permit the patient to start jogging.

ACL Online Therapy

同症例の受賞後5ヶ月目のレポートです。

4ヶ月目(左)と5カ月目(右)のMRI画像をアップします。

The following is the report of 5 months after the incident .

The MRI of 4 months(left) and 5 months(right) are listed below.

少しずつ断裂した靭帯の連続性が太くなっていることが確認できます。

The continuation of the ACL has been strengthened slightly.

次に受傷4ヶ月目の、レバーアームテストによる徒手検査と運動機能評価の動画をアップします。レバーアームテストでは、足が床から持ち上がると靭帯に連続性があることを示し、断裂していると足は持ち上がりません。受傷4ヶ月目では、わずかながら足は持ち上がりました。

The video below shows the assessments of the Lever arm test and the physical abilities.(4 months) In this test, the lift of the foot signs the continuation of the ACL. The video shows the slight lift of the foot.

次に受傷5ヶ月目の、レバーアームテストと運動機能評価(走力)の動画をアップします。レバーアームテストでは、4ヶ月目よりも明確に足が持ち上がりました。これは断裂靭帯が確実に修復されていることを示しています。受傷3ヶ月目からジョギングを開始し、5ヶ月目では、全速力の約80%でのランニングが可能になりました。当患者は陸上選手であり、この経過であれば受傷6ヶ月での競技復帰を予定しています。

The same test was executed 5 months after the incident. It shows that the foot was lifted more evidently, which means the healing of the ACL has progressed. He recovered his running ability up to 80 % of his maximum. He plans to return to his athletics in 6 months after the incident. His specialty is track & field.

受傷6ヶ月目のMRIと徒手検査の結果は、5ヶ月目と殆ど変化はありませんでした。
次回のMRI撮影は、受傷後1年後に予定しています。
受傷6ヶ月目で、患者から陸上の競技会に復帰すると報告がありました。
機能不全の自覚症状はなし、走力も100%近く戻っているとの自己報告がありました。
患者がインタビューに応じてくれたので、その動画をアップ致します。

6 months after the injury,there were no difference in the MRI and the physical assessment compared to the last ones. However,he has trained himself enough during the last month,and he says that his running ability has come back almost to his 100% and decided to return to the T&F race in the next month.

前十字靭帯の保存的癒合の最新レポート ケース1

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂に対するナチュラリゼーション療法の7ヶ月目の経過を報告します。

3ヶ月目のMRIで画像上では癒合が確認出来ましたが、実際の運動機能はどうなのか?と疑問を持っていた方もいたでしょう。

私も患者がどの程度、機能を回復しているのか大変興味を持っていました。

遠方の方なので、今回の診察は4ヶ月ぶりです。

前回の3ヶ月目では、日常生活では問題は無いが、時々膝に違和感を感じる事があったようです。

それでも、3ヶ月目から肉体労働を始められて、4ヶ月目位までは作業中に違和感を感じた事もあったようです。

しかし、5ヶ月目以降は日常生活でも肉体労働でも、痛みや違和感は無いようでした。

そして、7ヶ月目の今回は、画像と運動機能を評価したものを簡単に動画にまとめてみました。

7ヶ月目のMRI画像では、3ヶ月目よりはっきりと断裂した靭帯が修復しているのを確認できました。

前方引出しテストという、関節の緩さを確認するテストでも、全く異常が見られませんでした。

これには私は驚きました。

私の予想では、関節の緩さは残るだろうと予測していたからです。

大腿四頭筋の筋委縮も無く、視覚では左右差は全く確認出来ませんでした。

次に、運動機能を評価しました。

屈伸運動や、片足ジャンプ、サイドステップ等を評価しましたが、殆ど異常は見られませんでした。

こんなに綺麗に治るものかと驚きを隠せませんでした。

前十字靭帯再建術では、あんなにも苦しいリハビリを経て、しかも、後遺症が残り再断裂率も高いのですが。

この患者は、最初の1ヶ月位は不便な状態でしたが、それ以降は何の苦痛も経験せずに現在に至っています。

最初の3ヶ月は、毎日2時間ナチュラリゼーションをやってもらいましたが。

今回の症例を見て思った事は、前十字靭帯断裂でも保存的癒合治療を行えば、半年でスポーツに復帰できるかもしれません。

手術よりも早く、そして後遺症も無いかもしれません。

受傷から2週間以内にナチュラリゼーション療法を開始すれば、およそ3ヶ月で靭帯は再生していきます。

治療の第一オプションは、まずナチュラリゼーション療法によって、靭帯の自然再生を試みる。

自然再生が失敗した場合に、第二オプションとして再建術を検討する事がベストであると考えています。

十字靭帯損傷の疑いがある方は、二週間以内にご相談下さいませ。

お問い合わせ先

松本じゅん接骨院

075-741-6595

ivanivankov@yahoo.co.jp

前十字靭帯断裂の自然治癒に成功。ケース1

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂の自然治癒に初めて成功しました。

手術をしない保存療法ですが、切れたままにしておくのではなく、断裂した靭帯を癒合させる治療を行ってきました。

保存的修復の先駆者である井原秀俊医師やモハメッド・カリファ氏の文献を参考に、新しい治療法の開発に取り組んでいます。

ナチュラリゼーションと名付けたヒトの運動発達をベースにした運動療法によって、膝が失った本来の運動を再獲得し、断裂した靭帯が再生していくものと考えております。この治療では一切の装具やテーピングを使いません。ナチュラリゼーションによって獲得される人間本来の動的安定性は、装具のそれを凌駕するものと考えています。本来は骨が柱であり、筋肉と靭帯は自然のサポーターなのです。

十字靭帯損傷の受傷から2ヶ月以内に適切な応急処置と早期にナチュラリゼーションを開始すれば、約3ヶ月で靭帯は再生し始め、一年程で強い組織に変換されていきます。手術をするかしないかという二者択一ではなく、自然治癒する可能性がある3ヶ月間は、まずは保存療法を試みる価値はあると考えています。

受傷3日後のMRI画像

0month

受傷後約3カ月のMRI画像

3month

十字靭帯損傷に対するナチュラリゼーション療法は、松本じゅん接骨院でのみ行われています。

お問い合わせ先

松本じゅん接骨院

ivanivankov@yahoo.co.jp