前十字靭帯断裂の変形治癒 ケース7

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

13歳、女性、日本人

受傷機転:

 2023年6月10日、バスケットボールの練習試合中に自力で転倒し、左膝を捻った。

受傷後の経過:

 6月12日にMRI撮影を行い、以下の診断を得た。

左膝前十靭帯断裂(断端同士が弛んでいる。(Iharaの分類Ⅱ))

 画像から新鮮外傷と確認できるが、二年前から膝が外れるたように感じたことが数回あった。しかし、直ぐにそのような症状は消失していた。今回の診察時に関節穿刺による関節液採取は行われなかった。受傷後、膝崩れは無かった。病院でのリハビリは受けず、当院のナチュラリゼーション療法を6月24日から開始した。当院のナチュラリゼーション療法を4ケ月間継続し、10月25日に再度MRI撮影を行った。

結果:

 二回目のMRI検査では、断裂した前十字靭帯の自然治癒は確認できなかった。

考察:

 本症例では、自然治癒は確認できず、更に、後十字靭帯等へ癒着による変形治癒も殆ど確認できなかった。十分に自然治癒可能な断裂形態にもかかわらず、自然治癒が成功しなかった理由は正確には分からないが、考えられる2つの理由を挙げる。一つは、低年齢女子の靭帯は、成人や同年代の男子に比べて自然治癒の成功率は低いという研究報告がある。二つ目は、通学時の移動手段の問題である。長距離の徒歩や自転車での通学を控える旨を伝えているが、家庭の事情により、送迎が出来ない場合がある。同症例の場合は、常に送迎が出来る環境ではなかった。今後、低年齢層の治癒率を向上させるために、治療法や生活環境に新たな工夫を施す必要性がある。

参考文献:

 

前十字靭帯断裂の自然治癒からの手術 – ケース31

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

  • 国籍: ロシア
  • 性別: 男性
  • 年齢: 16歳

受傷機転:

2022年4月4日、患者はサッカーをしている際に右膝をひねり倒れる事故に遭う。その日にMRI撮影が行われた。

診断:

  • 前十字靭帯(ACL)の完全断裂(中間部の断裂、タイプ2)
  • 半月板に損傷の兆候はない。
  • 後十字靭帯(PCL)にわずかな損傷がある。

治療:

患者は2022年5月10日に当院のナチュラリゼーション療法をオンラインにて開始した。この治療中、患者は他のリハビリ運動は禁止された。治療中に膝装具は使用しなかった。治療開始から3ヶ月後、再度MRI撮影を行った。

MRI評価:

断裂した前十字靭帯は、その連続性を回復したが、その繊維は細いものであった。状態はIhara分類では、gradeIIIに分類される。ラックマンテストでは、膝の不安定性は、3段階中の2と評価された。しかしながら、大腿四頭筋は順調な回復を示していた。これらの混在する結果を踏まえ、保存療法を更に継続することになった。

事故:

2022年11月8日、父の忠告に反して、患者はバスケットボールを始めた。ゲーム開始から約15分後、膝にクリック音と激しい痛みを感じ、直ちにプレーを中止した。その後、膝が腫れだした。11月27日に撮影されたMRIでは、前十字靭帯の完全な断裂は確認されず、前回のMRI結果から大きな変化が見られなかった。

前十靭帯再建手術:

患者はまだ若いこと、膝の不安定性が残存していること、再受傷への不安から、最終的に前十字靭帯再建手術を行うことを選択した。

考察:

治療中に膝装具を使用しないことが、治癒過程に悪影響をもたらすかもしれない。また、患者が早期にスポーツ活動を再開したことが、事故発生の確率を高めたと推測される。スポーツ活動の復帰に対して、より慎重なアプローチが必要であることを示唆している。今後、症例を更に重ねていき、装具着用の有無や競技開始時期について研究していく必要がある。

参考文献:

前十字靭帯部分断裂の自然治癒 – ナチュラリゼーション療法による手術しない治療 30例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

日本人、女性、40歳
 2022年11月12日、キックボクシングの練習中に飛び蹴りをし、左足で着地した際に、左膝をに捻った。 そして、その後も約1時間練習を続けた。 患者は膝が崩れる感覚を覚えた。 11月21日、患者は最初のMRIを受けたが、古いMRIで解像度が低く、診断に有効ではなかった。 12月6日、患者は3回目のMRIを新しいMRI撮影機で撮り、以下の診断を受けた。

前十字靭帯部分断裂

 通常の日常生活を送ることにおいては、患者は何の問題も感じなかった。受傷後は、膝崩れ起こさなかった。 しかし、前方引き出しテストでは、膝に緩みが確認された。 そして、患者はキックボクシングの練習だけでなく、他のあらゆる運動も中止した。 それだけでなく、膝を完全に伸ばすこともしなかった。

 12月7日より、当院のナチュラリゼーション療法をオンラインにて開始し、それを5週間続けた。そして、 2023年1月16日、3回目のMRI検査を行った。

MRIの評価:

 部分断裂により弛んでいた線維は、その緊張を取り戻し、かつ、その直線性も回復させていた。

今後の展望と考察:

 わずか5週間の治療期間にもかかわらず、損傷した前十字靱帯は十分な回復を示していた。 推測できる理由は、完全断裂ではなく部分断裂であったことである。 もう一つの理由は、損傷した靭帯が互いに離開していなかったことである。 適切な治療を行えば、前十字靱帯部分断裂は、早期に治癒していく可能性が高い。そして、完全断裂の場合よりも早期に通常の日常生活や、さらにはスポーツに復帰することができる可能性が高い。

参考文献:

前十字靭帯断裂の自然治癒 – ナチュラリゼーション療法による手術しない治療 29例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

41歳の日本人女性。2022年7月5日、バスケットボールの試合中に右足に力を入れた際に右膝が外れた感覚を経験し、動けなくなった。後に歩行可能になったが、事故の2日後に病院を受診。診察中に関節液は吸引されなかった。7月12日にMRIスキャンを受け、以下の診断を得た。

完全な右側前十字靱帯(ACL)損傷(上部1/3)
半月板損傷はなし。

IharaのACL損傷分類によれば、これは裂けて離れたタイプのタイプ2に分類される。負傷後、膝のぐらつきは報告されなかった。彼女は負傷後の膝伸展に関する物理療法を受けていなかった。13年前に左アキレス腱断裂の手術の既往歴があった。

7月28日から、当院のオンライン療法を開始し、5ヶ月間ナチュラリゼーション療法を続けた。そして、2022年12月12日に2回目のMRIスキャンが行われた。

MRIの評価:

MRI画像の評価から、断裂した前十字靭帯が連続性を回復し、自然に治癒していたことが示された。IharaのACL治癒分類によれば、これは細くなった治癒繊維であり、グレード3に分類される。

今後の展望と考察:

MRIにより自然治癒が確認できた後、膝関節の完全伸展トレーニングと筋力トレーニングを開始した。負傷後6ヶ月で、日常生活に問題がないレベルまで回復した。現在、レクリエーションレベルのスポーツに戻ることを目指して、さらなるリハビリを行っている。

参考文献:

前十字靭帯断裂の自然治癒 – ナチュラリゼーション療法による手術しない治療 28例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

37歳、女性、カザフスタン人で現在はアメリカに在住。
 2022年2月26日にスキー中に左膝を捻った。MRI撮影により以下の診断を得た。

前十字靭帯完全断裂

 このタイプの前十字靭帯断裂は、Iharaの損傷分類によれば破断または不明なタイプ4に分類され、自然治癒するのが最も難しいタイプとされている​​。

 患者は負傷後、理学療法士の下で筋力を強化するためのリハビリテーションエクササイズや10分間のエアロバイクなどを行っていた。その後、2022年4月29日に当院のオンライン治療を通じてナチュラリゼーション療法を開始し、2ヶ月間のオンライン治療を継続した。この期間中、彼女は全ての強化トレーニングを停止し、ナチュラリゼーション療法に集中していた。2ヶ月後には再び筋力強化トレーニングを開始し、2022年11月18日に2回目のMRI撮影を行った。

MRIの評価

 2022年11月18日に2回目のMRIを受けた結果、前十字靭帯の明瞭な連続性が示された。この治癒タイプはIharaの治癒分類のグレードIに分類され、引き締まった直線型の治癒形態とされている​​。

今後の展望と考察:

 このタイプの前十字靭帯断裂は、自然治癒するのが最も難しいとされているにもかかわらず、最良の治癒形態にまで治癒していた​。その後、患者はリハビリを重ね、半年後にはハーフマラソンを完走することが出来た。

参考文献:

前十字靭帯断裂の自然治癒 – ナチュラリゼーション療法による手術しない治療 27例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

25歳、男性、インド人
 2022年4月13日、サッカーの試合中に右膝を捻った。4月15日にMRI撮影を行い、診断結果は以下の通りであった。

前十字靭帯完全断裂
外側半月板の前根部の損傷
内側半月板の中節部の損傷
内側および外側側副靭帯の損傷

 5月24日、当院のオンライン治療を通じてナチュラリゼーション療法を開始した。患者は初月に4回のオンライン治療を行い、その後3ヶ月間は自身でナチュラリゼーション療法を続けた。そして、10月2日に2回目のMRIを撮った。

MRIの評価:

 完全断裂した前十字靭帯は連続性を回復し、直線的かつ太い線維へと変化していた。この治癒形態は、Iharaの治癒分類ではタイプ1に分類される。前十字靭帯が最良の形態で治癒していたが、半月板の損傷はさらに進行していた。

今後の展望と考察:

 半月板の水平裂については、多くの場合無症状であるが、損傷が進行することは好ましくない。当患者については、更なるリハビリを継続してもらい、経過観察をしていく。

参考文献:

前十字靭帯断裂の自然治癒 – ナチュラリゼーション療法による手術しない治療 26例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

55歳、女性、日本人
 2022年3月7日、スキー中に雪の上で転倒。その際、右スキーが雪に固定され、身体が前方に押し出された。すぐに病院に運ばれてX線を撮影されたが、骨折はなかった。その時、医師によって右膝の関節液が抽出された。1週間後、MRIを撮影し、診断は次のとおりであった。

前十字靭帯完全断裂
他の靭帯の損傷なし
後部脛骨の骨挫傷

 受傷後、患者は膝崩れを経験していない。膝の完全伸展を含む理学療法も受けていなかった。2022年4月18日、当院のオンライン治療を通して、ナチュラリゼーション療法を開始した。患者はナチュラリゼーション療法を4ケ月間継続し、2回目のMRIを撮影した。

 2回目のMRIでは、患者は既に膝の不安定さを感じていなかったが、断裂した前十字靭帯の明確な自然治癒は示されなかった。患者はナチュラリゼーション療法をさらに3ケ月間継続し、さらに多くの画像を得るために別の病院で3回目のMRIを撮影した。

MRIの評価:

 1番目のMRIでは、前十字靭帯の明確な連続性は示されていないが、2番目のMRIでは連続性が示されている。3番目の冠状断では、その連続性を確認できるが変形しており、元の位置には固着していないことを示している。これが矢状断のMRIが明確な連続性を投影しない理由であろう。

今後の展望と考察:

 MRIでは、理想的な自然治癒を示していないが、断裂した前十字靭帯が部分的に連続性を獲得していることが確認できた。患者はさらなる自然治癒を期待してPRP注射を試す予定である。PRP療法は、血小板等の自然治癒を促進させる成分を血液から精製し、再度関節内へ注入する治療法である。受傷直後に注射で膝の関節液を抽出することは、自然治癒促進成分を抽出することを意味する。前十字靭帯の自然治癒を阻害する可能性があることから、この膝関節穿刺検査は慎重に行われるべきである。患者は既に、機能的には十分に回復しており、日常生活動作において不安は感じていない。

PRP注射後:

 患者は PRP 注射を合計3回試し、2023 年 8 月 31 日に再度 MRI を撮影した。矢状面断では、前十字靭帯の連続性にわずかな改善が確認できた。 この際、ラックマンテストを行ったところ、結果は陰性であった。。 予後は比較的良好で、通常通りの日常生活を送っている。

参考文献:

前十字靭帯断裂 自然治癒 25例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報と受傷機転:

44歳、男性、日本人
 2022年4月9日、柔道の練習の際、相手を投げようとしたときに、左膝を内側に捻じった。そのまま床に崩れ落ちて動けなくなった。その後、病院へ運ばれ、レントゲン撮影を行った。骨折の所見は無し。ラックマンテストは陽性であった。 膝崩れ現象あり。 4月19日にMRI検査を行い、診断は次のとおりであった。

前十字靭帯完全断裂
内側側副靭帯損傷

 患者は、手術を回避したく、代替の治療を探していたところ、当院の自然治癒療法に辿り着いた。2022年5月24日より、当院のオンライン治療を開始し、約6ケ月間継続した。そして、10月18日に2回目のMRI撮影を行った。

MRIの評価:

 断裂した前十字靭帯は連続性を示していた。 Iharaの治癒形態の分類では、グレードIIの「部分的薄化を有する直線線維」であった。担当医師は、断裂した前十字靭帯が自然治癒していると診断した。 内側側副靭帯における高信号は残存していた。

今後の展望と考察:

 上記の結果をふまえ、松本は、完全可動域訓練と筋力トレーニングを許可した。 11月17日、患者は酒に酔って歩行中に左膝を再び捻じってしまった。 幸い、前十字靭帯の再断裂は免れ、2週間程度で症状は回復していた。その後、日常生活動作は問題なく行えるようになったことから治療を終了し、その後のリハビリは患者自身で行っていくことになった。

参考文献:

中高年 前十字靭帯断裂 自然治癒 23例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報と受傷機転

59歳、男性、日本人
 2021年12月28日、スキー中に右膝を負傷。 同日、病院に運ばれ、レントゲンで骨折はなかった。 2021年1月13日、MRI撮影を行い、次のように診断された。

前十字靭帯の完全断裂
内側半月板損傷とその転移半月の関節内嵌頓

 1月17日に半月板修復手術を受け、ギプスで膝を3週間固定した。 ギプス切除後の2月12日、当院を訪れ、前十靭帯断裂の自然治癒へ向けたナチュラリゼーション療法を開始した。対面およびオンライン治療を6ケ月間行い、自宅でも毎日ナチュラリゼーションを継続した。そてし、 8月4日、2回目のMRI撮影を行った。

MRIの評価:

前十靭帯の連続性が確認できる。

今後の展望と考察:

 当院では、半月板修復手術後に前十靭帯断裂の自然治癒療法を行い、自然治癒に成功した最初の症例です。 膝を3週間固定してたため、自然治癒は困難であると予想された。実際、固定による拘縮により、可動域の回復に通常の数倍の時間を要した。 しかしながら、私の予想に反して、断裂した前十字靭帯は、無事、自然治癒に成功しました。2回目のMRIで自然治癒が観察された後、スキーに復帰するために筋力トレーニングを開始した。 同年10月には、患者は、通常の日常生活を問題なく送れるまで回復していた。

参考文献:

前十字靭帯断裂 自然治癒 22例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報と受傷機転

45歳、男性、日本人
 2022 年 2 月 5 日、スキー中に転倒し、右膝を捻った。2 月 10 日に、MRI撮影を行い、診断は次のとおりであった。

前十字靭帯完全断裂
内側側副靭帯損傷(グレード2)

 2022年2月21日より、当院の前十字靭帯断裂の自然治癒療法をオンラインにて開始した。 6ケ月間、ナチュラリゼーションの運動療法を継続し、2022年8月17日に、再度MRI撮影を行った。

MRIの評価:

前十字靭帯の連続性を確認できる。

今後の展望と考察:

 8月17日に撮影したMRIを精査すると、完全に明確ではないが、前十字靭帯の連続性が見られる。 この治癒形態は、Iharaの分類ではⅡ型に分類され、Ⅰ型の完全な治癒形態と比較すると、治癒線維は部分的に細いままである。患者は機能的な回復に関しては、非常に良好であり、2022年8月の時点では、日常生活で痛みや不自由を感じていない。患者は、スキーに復帰したいと考えており、今後も、ナチュラリゼーションだけではなく、筋力トレーニングも行っていく予定である。

参考文献: