前十字靭帯部分断裂の自然治癒 – ナチュラリゼーション療法による手術しない治療 30例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

日本人、女性、40歳
 2022年11月12日、キックボクシングの練習中に飛び蹴りをし、左足で着地した際に、左膝をに捻った。 そして、その後も約1時間練習を続けた。 患者は膝が崩れる感覚を覚えた。 11月21日、患者は最初のMRIを受けたが、古いMRIで解像度が低く、診断に有効ではなかった。 12月6日、患者は3回目のMRIを新しいMRI撮影機で撮り、以下の診断を受けた。

前十字靭帯部分断裂

 通常の日常生活を送ることにおいては、患者は何の問題も感じなかった。受傷後は、膝崩れ起こさなかった。 しかし、前方引き出しテストでは、膝に緩みが確認された。 そして、患者はキックボクシングの練習だけでなく、他のあらゆる運動も中止した。 それだけでなく、膝を完全に伸ばすこともしなかった。

 12月7日より、当院のナチュラリゼーション療法をオンラインにて開始し、それを5週間続けた。そして、 2023年1月16日、3回目のMRI検査を行った。

MRIの評価:

 部分断裂により弛んでいた線維は、その緊張を取り戻し、かつ、その直線性も回復させていた。

今後の展望と考察:

 わずか5週間の治療期間にもかかわらず、損傷した前十字靱帯は十分な回復を示していた。 推測できる理由は、完全断裂ではなく部分断裂であったことである。 もう一つの理由は、損傷した靭帯が互いに離開していなかったことである。 適切な治療を行えば、前十字靱帯部分断裂は、早期に治癒していく可能性が高い。そして、完全断裂の場合よりも早期に通常の日常生活や、さらにはスポーツに復帰することができる可能性が高い。

参考文献:

前十字靭帯断裂の自然治癒 ケース7

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

17歳、男性、アメリカ人高校生
2020年10月23日、バスケットボールをしている最中に左膝を負傷した。 MRI写真は10月29日に撮影され、診断は前十字靭帯の完全断裂であった。

赤い矢印は断裂している部分を示しています。


2020年11月20日から自然治癒を目的としたオンライン治療を開始した。約4ヶ月間治療を継続し、2021年4月11日に2回目のMRI撮影を同じ病院で受け、次のように診断された。

前十字靭帯後部束の完全断裂
前十字靭帯前部束には連続性があった。

担当医師は、前十字靭帯が自然治癒していることは認めなかったが、前十字靭帯の完全断裂という診断が、5ケ月後には部分断裂となった。 彼は、最初の診断が誤診でったかもしれないとほのめかした。 2回目のMRI画像を次に示します。私の観察では、断裂した前十字靭帯の自然治癒が進んでいることを確認した。

靭帯の連続性が確認できました。

ナチュラリゼーションをベースにした運動療法を4ヶ月続けた後、左膝関節の可動域は完全に回復し、 痛みを伴わずに通常の日常生活を送ることが出来るようになった。 現在は、運動強度を徐々に上げて、3ヶ月後の競技復帰を目指している。