コンテンツへスキップ

前十字靭帯完全断裂の症例報告 ケース4 ACL tear case 4

日本人 男性 28歳
職業 空手家
2019年6月に空手の試合中に左膝前十字靭帯を損傷した。手術をしない治療法を探して8月に当院を受診した。受傷後2ヶ月を経過していたがナチュラリゼーションによる保存的再生療法を開始。約3ヶ月の治療経過を報告する。8月の初診時の問診では、日常生活には不安は無いとのことであったが、左膝の可動域が若干制限されていた。徒手治療により可動域制限を取り、ナチュラリゼーション療法を開始。毎日1〜2時間のメニューを3ヶ月間継続した。6月5日と11月14日のMRIを比較すると、断裂した前十字靭帯が修復してきていることを確認した。11月来院時の報告では、空手の練習を既に開始しており、患部に痛みや違和感を感じることなく生活出来ている。練習強度を段階的に上げていくことを許可した。今後も経過観察をしていくことで確認。

Patient information:
Japanese, 28 year old, male, Kyokushin Karate Athlete
He ruptured his left anterior cruciate ligament during a karate competition in June, 2019. He wished his recovery without a surgery, and he found the Naturalization therapy. He first visited me in August. His left knee had some restriction of its range of motion, and also had some instability in the joint. He started the Naturalization therapy, and I told him to do the exercises specialized for healing ACL for 1-2 hours every day. He has been continuing the exercises for three months. The MRI pictures above show that the torn ACL started to heal gradually. According to his report, he started practicing Karate, and he doesn’t have any pain or complication for doing it. I permitted him to increase the intensity of Karate practice. We still continue to see the further healing and improvements at least for another 6 months.

matsujun0218 すべて表示

Innovator of physical exercises and therapy method.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。