コンテンツへスキップ

第54弾!治療法選択の自由、アハハン。2018.10.1

松本淳のナチュラルセラピスト講座最新号はこちらから

こんにちは、松本淳です。

いやぁ、貴乃花引退のニュースは衝撃ですね。

戦う人というのは常に敵がいて、負けると排除されるんですね。

ずっと動物の動画見てて思うんですが、人間も動物もやはり『種の保存』という本能に従っているんですね。

ライオンの群れではボスは一匹で、縄張りを冒すものは全て殺す訳です。

群れの中では誰が何番かという個の保存、群れや多種との争いでは群れの保存しか考えないのです。

世の中に善悪など無くて、種の保存という本能を持った種同士の争いなんですね。

人間は賢いので、言い分や言い訳を創造出来ますが、結局は種の保存に従っています。

残念ですけど貴乃花は、群れの戦いに負けた訳です。

ライオンにはライオンの正義があり、ハイエナにはハイエナの正義がある。

俺が捕まえた獲物を横取りするハイエナは間違っとる!

ライオンだけに独り占めされたら我々は生きていけない!

善悪なんて相対的なもので、どの種、どの群れ、どの時代に属しているかで全く違うもの。

しかし、我々はホモサピエンス(homo sapiens)なので賢さを持っています。

善悪は相対的ですが、優劣は絶対的なものです。

種や群れといったコミュニティー同調圧力に支配されて、優劣の判断を誤る事は愚かな事です。

我々人間は、自分が属しているものが正しいと思いたい。

あなたが鍼灸師なら鍼灸が一番だと思いたい。

あなたが医者なら手術が一番だと思いたい。

あなたがヨガをしていたらヨガが一番だと思いたい。

私もナチュラリゼーションが一番だと思いたい。

この思いに縛られると優劣の判断を誤ります。

去年の夏にアキレス腱断裂をしたランナーの方がいまして、私に電話だけくれた事がありました。

一度電話だけくれて、その後来る事はありませんでした。

後で分かったんですが、その方は私とアンチのグループに属している方でした。

その方は私の所に来る以外の道を模索し、独自の治療法を選びました。

一年以上経って、結局ちゃんと治らなかったんですね。

アンチグループの方達は私以外の治療法を選んだ彼を応援していましたけどね。

これは最近あった、コミュニティ同調圧力に支配されて、治療法の選択を誤った例です。

腰痛や五十肩程度の治療では、なかなか優劣は分かりませんが、アキレス腱断裂や前十字靭帯断裂などの大きい怪我では、結果の優劣は明確になってきます。

そのような大きい怪我は病院へ行きますから、世の中は病院で治療を受けた人ばかりになります。

病院で治療を受けた人コミュニティの中では、その治療を良しとする同調圧力を受ける事になります。

腰痛程度なら、治療院 3対7 病院くらいのコミュニティバランスになると思いますが、前十字靭帯断裂などは、私 1対100万 病院くらいのバランスになって到底勝ち目はありません。

このコミュニティバランスでは、私は完敗します。

しかし、結果の優劣は示されます。

コミュニティに支配されず、優の治療を選べた人が得をする。

トレーニング法もしかりで、トップアスリートのガチンコの世界でやらないと優劣が付きませんね。

まあ、それはそうと、もう十月ですね。

今年のプロフェッショナルセミナーももう終盤に入ってきました。

初めての一年間プログラムですが、一年やると優劣は付きますね。

好き嫌いじゃないですよ、優劣です、はい。

2019年のプロフェッショナルセミナーも参加者募集中です。

百聞は一見にしかず。

百聞は一セミナーにしかずです。

お待ちしています。

Vi naturallizzate!

matsujun0218 すべて表示

Innovator of physical exercises and therapy method.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。