バレエ革命 アラベスクの手の尺屈問題を解決しよう!

西洋と日本のバレエダンサーの一番の違いは手にあります。

それが一番現れやすいのは、後ろの手の動きです。

例えば、アラベスクを行う時の後ろの手が尺屈してしまうという問題が多くあります。

尺屈とは手首が小指側に折れてしまう動きを指します。

尺屈すると、アームスのラインが崩れてしまい美しくありません。

日本人の手のままでは、どうしても尺屈しやすいのです。

西洋のダンスを習得するには、西洋の手を手に入れなければいけません。

ナチュラリゼーションを行って、手を自由にすることでこの問題は解決されるでしょう。

ダンスにおいて手は一番大切な所なので、正確に学ぶためにもナチュラリゼーションレッスンを受けてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください