体操競技 なぜ肩を痛めるのか?

体操競技において、肩の痛みは非常に多い障害です。

体操に怪我は付き物と諦めていても何も始まりません。

疲労や間違った使い方によって腕は内に内に捻じれていきます。

肩が内に捻じれていると、肩は引っ掛ってスムーズに挙がりません。

肩関節を正常に保つには、この捻じれを直す『手のターンアウト』が必要なのです。

手のターンアウトは、肩の痛みの予防や克服だけではなく、肩を柔らかくする効果もあります。

肩が硬いのは生まれつきではなく、使い方の問題だったのです。

詳しくは、ナチュラリゼーションのレッスンで体験してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください