前十字靭帯断裂の変形治癒 ケース4

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

33歳、男性、マレーシア人

受傷機転:

 2022年7月21日、患者はバドミントンのプレー中に、 目の前に落ちたシャトルを拾おうと右足を前に出したところ、右側に倒れた。 同日中に病院に行ったが、すぐにはMRI検査を受けられなかった。 膝関節穿刺検査は行われいない。 その後、患者は数回鍼治療を受け、膝の完全伸展を含む2週間の理学療法を受けた。 9月8日にMRI検査を受け、次のように診断された。

前十字靭帯完全断裂
(近位部が断裂し、I型に分類され、断裂端が向かい合った状態)
内側側副靭帯捻挫
外側半月板断裂

 2022年9月17日から、当院のオンラインでのナチュラリゼーション治療を開始した。可動域を制限する機能性膝装具を装着せずに3か月間継続した。 2023年5月9日、2回目のMRI検査を受けた。

考察:

 このタイプの前十字靭帯断裂は、自然治癒し易いにもかかわらず、期待された結果は得られなかった。 失敗に至った原因を 3 つ挙げる。 1つ目は、彼が機能的な装具を着用していなかったということ。 次に、治療開始が受傷から2か月後と少し遅かったこと。 第三に、治療開始前に膝を完全伸展させる理学療法を実施したこと。 今回の失敗を踏まえて、今後の治療計画を再検討していく。

参考文献:

前十字靭帯断裂の自然治癒 – ナチュラリゼーション療法による手術しない治療 29例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

41歳の日本人女性。2022年7月5日、バスケットボールの試合中に右足に力を入れた際に右膝が外れた感覚を経験し、動けなくなった。後に歩行可能になったが、事故の2日後に病院を受診。診察中に関節液は吸引されなかった。7月12日にMRIスキャンを受け、以下の診断を得た。

完全な右側前十字靱帯(ACL)損傷(上部1/3)
半月板損傷はなし。

IharaのACL損傷分類によれば、これは裂けて離れたタイプのタイプ2に分類される。負傷後、膝のぐらつきは報告されなかった。彼女は負傷後の膝伸展に関する物理療法を受けていなかった。13年前に左アキレス腱断裂の手術の既往歴があった。

7月28日から、当院のオンライン療法を開始し、5ヶ月間ナチュラリゼーション療法を続けた。そして、2022年12月12日に2回目のMRIスキャンが行われた。

MRIの評価:

MRI画像の評価から、断裂した前十字靭帯が連続性を回復し、自然に治癒していたことが示された。IharaのACL治癒分類によれば、これは細くなった治癒繊維であり、グレード3に分類される。

今後の展望と考察:

MRIにより自然治癒が確認できた後、膝関節の完全伸展トレーニングと筋力トレーニングを開始した。負傷後6ヶ月で、日常生活に問題がないレベルまで回復した。現在、レクリエーションレベルのスポーツに戻ることを目指して、さらなるリハビリを行っている。

参考文献:

前十字靭帯断裂の自然治癒 – ナチュラリゼーション療法による手術しない治療 28例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

37歳、女性、カザフスタン人で現在はアメリカに在住。
 2022年2月26日にスキー中に左膝を捻った。MRI撮影により以下の診断を得た。

前十字靭帯完全断裂

 このタイプの前十字靭帯断裂は、Iharaの損傷分類によれば破断または不明なタイプ4に分類され、自然治癒するのが最も難しいタイプとされている​​。

 患者は負傷後、理学療法士の下で筋力を強化するためのリハビリテーションエクササイズや10分間のエアロバイクなどを行っていた。その後、2022年4月29日に当院のオンライン治療を通じてナチュラリゼーション療法を開始し、2ヶ月間のオンライン治療を継続した。この期間中、彼女は全ての強化トレーニングを停止し、ナチュラリゼーション療法に集中していた。2ヶ月後には再び筋力強化トレーニングを開始し、2022年11月18日に2回目のMRI撮影を行った。

MRIの評価

 2022年11月18日に2回目のMRIを受けた結果、前十字靭帯の明瞭な連続性が示された。この治癒タイプはIharaの治癒分類のグレードIに分類され、引き締まった直線型の治癒形態とされている​​。

今後の展望と考察:

 このタイプの前十字靭帯断裂は、自然治癒するのが最も難しいとされているにもかかわらず、最良の治癒形態にまで治癒していた​。その後、患者はリハビリを重ね、半年後にはハーフマラソンを完走することが出来た。

参考文献:

前十字靭帯断裂の自然治癒 – ナチュラリゼーション療法による手術しない治療 27例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報:

25歳、男性、インド人
 2022年4月13日、サッカーの試合中に右膝を捻った。4月15日にMRI撮影を行い、診断結果は以下の通りであった。

前十字靭帯完全断裂
外側半月板の前根部の損傷
内側半月板の中節部の損傷
内側および外側側副靭帯の損傷

 5月24日、当院のオンライン治療を通じてナチュラリゼーション療法を開始した。患者は初月に4回のオンライン治療を行い、その後3ヶ月間は自身でナチュラリゼーション療法を続けた。そして、10月2日に2回目のMRIを撮った。

MRIの評価:

 完全断裂した前十字靭帯は連続性を回復し、直線的かつ太い線維へと変化していた。この治癒形態は、Iharaの治癒分類ではタイプ1に分類される。前十字靭帯が最良の形態で治癒していたが、半月板の損傷はさらに進行していた。

今後の展望と考察:

 半月板の水平裂については、多くの場合無症状であるが、損傷が進行することは好ましくない。当患者については、更なるリハビリを継続してもらい、経過観察をしていく。

参考文献:

前十字靭帯断裂 自然治癒 25例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報と受傷機転:

44歳、男性、日本人
 2022年4月9日、柔道の練習の際、相手を投げようとしたときに、左膝を内側に捻じった。そのまま床に崩れ落ちて動けなくなった。その後、病院へ運ばれ、レントゲン撮影を行った。骨折の所見は無し。ラックマンテストは陽性であった。 膝崩れ現象あり。 4月19日にMRI検査を行い、診断は次のとおりであった。

前十字靭帯完全断裂
内側側副靭帯損傷

 患者は、手術を回避したく、代替の治療を探していたところ、当院の自然治癒療法に辿り着いた。2022年5月24日より、当院のオンライン治療を開始し、約6ケ月間継続した。そして、10月18日に2回目のMRI撮影を行った。

MRIの評価:

 断裂した前十字靭帯は連続性を示していた。 Iharaの治癒形態の分類では、グレードIIの「部分的薄化を有する直線線維」であった。担当医師は、断裂した前十字靭帯が自然治癒していると診断した。 内側側副靭帯における高信号は残存していた。

今後の展望と考察:

 上記の結果をふまえ、松本は、完全可動域訓練と筋力トレーニングを許可した。 11月17日、患者は酒に酔って歩行中に左膝を再び捻じってしまった。 幸い、前十字靭帯の再断裂は免れ、2週間程度で症状は回復していた。その後、日常生活動作は問題なく行えるようになったことから治療を終了し、その後のリハビリは患者自身で行っていくことになった。

参考文献:

子供の前十字靭帯損傷 自然治癒 24例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報と受傷機転:

8歳、男性、日本人
 2021年11月30日、サッカーの試合中に、左膝を捻った。 同日、病院に運ばれ、レントゲン撮影を行った。 同年12月11日、MRI撮影を行い、診断は次のとおりであった。

前十字靭帯損傷
顆間隆起の剥離骨折の疑い

 担当医師からは、患者の年齢が若すぎて、前十字靭帯の再建手術を行うと、骨の成長を妨げるリスクが高いため、手術適応外と説明を受けた。そして、骨の成長が止まる十代後半になってからの手術を勧められた。しかも、それまでの約10年間、激しい運動は禁止という説明を受けた。翌年1月18日、患者とその家族は当院を訪れ、前十字靭帯損傷の自然治癒療法を開始した。尚、膝の動揺性を検査するラックマンのテストは陽性であった。 その後、対面での治療とオンライン治療を2ケ月間継続し、同年3月30日に、2回目のMRI撮影を行った。

 MRI画像では、前十字靭帯の明確な連続性は確認できなかった。しかし、ラックマンテストは、前回陽性だったものが、今回は陰性となった。 その後、ナチュラリゼーションの運動療法を継続し、8月17日に 3回目の MRI撮影を行った。

MRIの評価:

 T1の写真(2、3,4枚目)では分かりにくいが、T2の写真(1枚目)では、前十字靭帯の明確な連続性を確認できる。

今後の展望と考察:

 今回のMRIは、旧型(1.5テスラ)であるため解像度が低く、正確な画像診断を行うのは困難であった。しかし、MRIとラックマンのテストの総合評価から、前十字靭帯は自然治癒したと推測できる。 受傷から約10カ月で膝の可動域は完全に回復し、機能的な問題もなく、学校の体育の授業に復帰した。 怪我から1年後、患者は、サッカーの練習に復帰した。

参考文献:

Tsuchida S et al. Knee ligament injuries in a seven year old child. The Journal of Kansai Arthroscopy and Knee Scociety. 2008.vol.20.no.1.

中高年 前十字靭帯断裂 自然治癒 23例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報と受傷機転

59歳、男性、日本人
 2021年12月28日、スキー中に右膝を負傷。 同日、病院に運ばれ、レントゲンで骨折はなかった。 2021年1月13日、MRI撮影を行い、次のように診断された。

前十字靭帯の完全断裂
内側半月板損傷とその転移半月の関節内嵌頓

 1月17日に半月板修復手術を受け、ギプスで膝を3週間固定した。 ギプス切除後の2月12日、当院を訪れ、前十靭帯断裂の自然治癒へ向けたナチュラリゼーション療法を開始した。対面およびオンライン治療を6ケ月間行い、自宅でも毎日ナチュラリゼーションを継続した。そてし、 8月4日、2回目のMRI撮影を行った。

MRIの評価:

前十靭帯の連続性が確認できる。

今後の展望と考察:

 当院では、半月板修復手術後に前十靭帯断裂の自然治癒療法を行い、自然治癒に成功した最初の症例です。 膝を3週間固定してたため、自然治癒は困難であると予想された。実際、固定による拘縮により、可動域の回復に通常の数倍の時間を要した。 しかしながら、私の予想に反して、断裂した前十字靭帯は、無事、自然治癒に成功しました。2回目のMRIで自然治癒が観察された後、スキーに復帰するために筋力トレーニングを開始した。 同年10月には、患者は、通常の日常生活を問題なく送れるまで回復していた。

参考文献:

前十字靭帯断裂の自然治癒 21例目レポート

注目

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

前十字靭帯断裂自然治癒の症例集

患者情報と受傷機転

41歳、女性、アメリカ人
 2022 年 2 月 4 日、彼女は、スキー中に左膝を捻って負傷した。2 月 10 日に、彼女は MRI検査を行い、診断は次のとおりであった。

前十字靭帯完全断裂

 2022年2月27日から、当院の前十字靭帯断裂自然治癒療法のオンライン治療を開始した。 彼女は 4ケ月間ナチュラリゼーション療法を続け、2022 年 7 月 5 日に二回目の MRI撮影を行った。

MRI レポート

 わずかに浮腫の徴候が前十字靭帯で検出され、中外1/3 で厚さがわずかに減少しているように見える。 おそらく小包の裂傷と残留靭帯のわずかな浮腫の持続を伴う「緊張」であろう。 ただし、靭帯構造は、遠位挿入路の適度な周囲の滑膜肥厚と靭帯周囲の液体層とともに、その全過程に沿ってはっきりと見える。(原文)

今後の展望と考察

 上記のMRIレポートによると、断裂した前十字靭帯は自然治癒し始めている。しかしながら、治癒過程は継続中であり、それが完了するまでにはしばらく時間がかかると予想される。 2回目のMRI撮影後、松本は、彼女に膝の全可動域訓練と、大腿四頭筋の筋力トレーニングを許可した。 彼女は、まだ患側の膝に脱力感を感じているが、日常生活に問題はないレベルまで回復している。 彼女は、スキーに復帰する意思があり、今後も、ナチュラリゼーション療法と筋力トレーニングを継続していく予定である。

患者インタビュー動画

参考文献

Ihara H, Miwa M, Deya K, Torisu K. MRI of anterior cruciate ligament healing. J Comput Assist Tomogr. 1996 Mar-Apr;20(2):317-21. doi
Pitsillides A, Stasinopoulos D, Giannakou K. Healing potential of the anterior cruciate ligament in terms of fiber continuity after a complete rupture: A systematic review. J Bodyw Mov Ther. 2021 Oct;28:246-254. doi

前十字靭帯完全断裂の自然治癒 症例報告 ケース4 ACL tear case 4

注目

ACL Online Therapy for natural healing

ACL tears heal without surgery

前十字靭帯断裂の自然治癒療法

患者情報と受傷機転

日本人 男性 28歳
職業 空手家
 2019年6月に空手の試合中に左膝前十字靭帯を損傷した。手術をしない治療法を探して8月に当院を受診した。受傷後2ヶ月を経過していたがナチュラリゼーションによる保存的再生療法を開始。約3ヶ月の治療経過を報告する。8月の初診時の問診では、日常生活には不安は無いとのことであったが、左膝の可動域が若干制限されていた。徒手治療により可動域制限を取り、ナチュラリゼーション療法を開始。毎日1〜2時間のメニューを3ヶ月間継続した。6月5日と11月14日のMRIを比較すると、断裂した前十字靭帯が修復してきていることを確認した。11月来院時の報告では、空手の練習を既に開始しており、患部に痛みや違和感を感じることなく生活出来ている。練習強度を段階的に上げていくことを許可した。今後も経過観察をしていくことで確認。

 2020年2月27日に撮影したMRIを下に示す。前十字靭帯の明らかな連続性を確認した。受傷後8ヶ月、治療開始から6ヶ月で前十字靭帯損傷が自然治癒したことを認識した。患者は既に空手の試合に向けて強度の高い練習を違和感無く行ってきた。競技復帰への許可を出した。

受傷後8ヶ月 8 months after the injury

Patient information

Japanese, 28 year old, male, Kyokushin Karate Athlete
He ruptured his left anterior cruciate ligament during a karate competition in June, 2019. He wished his recovery without a surgery, and he found the Naturalization therapy. He first visited me in August. His left knee had some restriction of its range of motion, and also had some instability in the joint. He started the Naturalization therapy, and I told him to do the exercises specialized for healing ACL for 1-2 hours every day. He has been continuing the exercises for three months. The MRI pictures above show that the torn ACL started to heal gradually. According to his report, he started practicing Karate, and he doesn’t have any pain or complication for doing it. I permitted him to increase the intensity of Karate practice. We still continue to see the further healing and improvements at least for another 6 months.

The last MRI picture above was taken 8 months after the injury, and it shows almost complete healing of the torn ACL. On the functional meaning, he has practiced Karate with competitive intensity for 3 months without any complication.
On this day, I permitted him to attend a competition.

References:

前十字靭帯断裂の自然治癒 症例報告 ケース2 Natural Healing of ACL tear – case 2.

注目

前十字靭帯損傷の自然治癒療法

2018年11月に右膝前十字靭帯断裂と内側半月板損傷を合併した症例に関する受傷3ヶ月後の症例報告です。

受傷から1ヶ月過ぎてのナチュラリゼーション療法の開始でしたが、治療開始2ヶ月のMRI画像診断で、損傷靭帯が回復過程にあるとの報告を受けました。

日常生活での支障は全く無いことから、ジョギングの開始を許可しました。

The MRI pictures of ACL tear from 11 days though 3 months. Natural healing is seen here. I permit the patient to start jogging.

ACL Online Therapy

同症例の受賞後5ヶ月目のレポートです。

4ヶ月目(左)と5カ月目(右)のMRI画像をアップします。

The following is the report of 5 months after the incident .

The MRI of 4 months(left) and 5 months(right) are listed below.

少しずつ断裂した靭帯の連続性が太くなっていることが確認できます。

The continuation of the ACL has been strengthened slightly.

次に受傷4ヶ月目の、レバーアームテストによる徒手検査と運動機能評価の動画をアップします。レバーアームテストでは、足が床から持ち上がると靭帯に連続性があることを示し、断裂していると足は持ち上がりません。受傷4ヶ月目では、わずかながら足は持ち上がりました。

The video below shows the assessments of the Lever arm test and the physical abilities.(4 months) In this test, the lift of the foot signs the continuation of the ACL. The video shows the slight lift of the foot.

次に受傷5ヶ月目の、レバーアームテストと運動機能評価(走力)の動画をアップします。レバーアームテストでは、4ヶ月目よりも明確に足が持ち上がりました。これは断裂靭帯が確実に修復されていることを示しています。受傷3ヶ月目からジョギングを開始し、5ヶ月目では、全速力の約80%でのランニングが可能になりました。当患者は陸上選手であり、この経過であれば受傷6ヶ月での競技復帰を予定しています。

The same test was executed 5 months after the incident. It shows that the foot was lifted more evidently, which means the healing of the ACL has progressed. He recovered his running ability up to 80 % of his maximum. He plans to return to his athletics in 6 months after the incident. His specialty is track & field.

受傷6ヶ月目のMRIと徒手検査の結果は、5ヶ月目と殆ど変化はありませんでした。
次回のMRI撮影は、受傷後1年後に予定しています。
受傷6ヶ月目で、患者から陸上の競技会に復帰すると報告がありました。
機能不全の自覚症状はなし、走力も100%近く戻っているとの自己報告がありました。
患者がインタビューに応じてくれたので、その動画をアップ致します。

6 months after the injury,there were no difference in the MRI and the physical assessment compared to the last ones. However,he has trained himself enough during the last month,and he says that his running ability has come back almost to his 100% and decided to return to the T&F race in the next month.