コンテンツへスキップ

アキレス腱断裂の保存療法 症例報告1 The coservative therapy for achilles tendon rupture. Case 1.

アキレス腱断裂に対する保存療法を用いた症例を報告いたします。

43歳 女性

2018年10月11日にバレーボールのトスを上げた瞬間に右アキレス腱を断裂した。

翌日に来院し保存療法を開始。

ギプス固定をせず、自作の歩行装具による歩行訓練をすぐに開始した。

装具のヒールは3㎝、再断裂の予防の為に背屈制限のテーピングを行った。

治療開始から1ヶ月後、自宅で足を踏み外して再断裂したが、そのまま同じ治療を継続した。

受傷後3ヶ月の様子

再断裂もしても慌てず、同じ治療を継続する事が大切です。

今回のケースは装具が取れるまで3ヶ月掛かりましたが、順調にいけば2ヶ月で装具は取れます。

予定では受傷後6ヶ月でジョギングが再開出来ます。

以上が治療開始3ヶ月後の症例報告です。

Case 1

woman, 43 year old.

On October,11,2018 she ruptured her right achilles tendon when she was playing volleyball.

I applied a conservative therapy,which allowed her to walk with a brace from the next day of my examination.  I also applied her the taping to restrict dorsi-flexion.

One month after the rupture, she re-ruptured the same achilles tendon by the easy stumbled during walking. However,we re-tried the same therapy and kept going the therapy.

The movie above shows her recovery 3 months after the first  rupture.Thompson test shows the natural recovery from the achilles tendon rupture.

Our plan is that she will start jogging in the next 3 moths,which is 6 months after the first rupture.

 

 

matsujun0218 すべて表示

Innovator of physical exercises and therapy method.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。