第11弾!前十字を治せないなんて恥である。2016.12.15

最新号、『第45弾!十年間の集大成』はこちらから。

こんにちは、まつじゅんです。

12月になって、すっかり冬めいてきましたね。

流石の裸足まつじゅんも流石に冬はツライです。

底冷えする京都の冬で裸足は厳しい。。。

でも、もうすぐケニア!

冬のないケニアで裸足三昧を楽しんできますw

それまでは京都で接骨院業務ですかね。

いや、もう接骨院業務はしていないと言っていい程していません。

命の危機に関わるような重篤な外傷以外はすべて治せるようになった今、

もう治すことに飽きてしまった?

アキレス腱断裂でさえ、もう来院無しでメールだけで済ましてしまう今日この頃。

しかし、まだ治療家を辞められない。

まだ治していないものがある。

そう、膝の十字靭帯断裂を私はまだ治せない。

恥だ、末代までの恥である。

治せるセラピスト講座なんて良く偉そうに言ったもんだね、まつじゅんくん!

この劣等感をずっと背負ってきた。

実はその劣等感をまた深く感じ始めていた今日この頃。

と思っていたら昨日、前十字靭帯断裂の患者さんがやってきました。

治療するとかしないとか、

何%の確率で治るとか治らないとか?

そうじゃない。

やれ。

という神からの指令なのだ。

治らなければその人の一生を背負えばいい。

新しい時代を切り開くには覚悟が必要だ。

私は唯我独尊に見えるかもしれないが、私は私なりに壁を越えようと日々闘っている。

と言うわけで、前十字靭帯断裂の治療経過もこれから書いていこうと思います。

では、またお会いしませう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください