誰でも出来るセルフ骨盤矯正

骨盤矯正とは仙腸関節を正しい位置に戻して、さらに適切に動くようにさせる事を意味します。

股関節のターンアウトによって仙腸関節は締まるのですが、今回は次のステップをご紹介します。

ターンアウトが出来ない方でも効果はありますので、ぜひご覧になって下さい。

四つ這いの姿勢で、かつ骨盤前傾であれば仙腸関節に正しい圧が加わり正しいポジションに収まります。

しかし、内転筋が稼働していないと股関節に正しい圧が加わらなくなり、仙腸関節にも正しい圧が加わりません。

その理由は、股関節を求心位に保つのが内転筋であるためです。

そこで股にボールを挟み内転筋を稼働させます。

このポジションを維持しているだけでも骨盤は矯正されていきます。

骨盤前傾をしっかり意識して行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください