体操競技 なぜ肘が伸びきらないのか?

体操競技において、肘が伸びきらない事は致命的な欠陥と言えます。

肘が伸びきらないと倒立が決まらない、またバーを押しきれないという技術的欠陥を生みます。

肘が伸びきらない事を生まれつきだと思っている人はいませんか?

それは間違いで、肘というのは誰しも完全に伸びて曲がる構造になっています。

手の使い過ぎや、間違った使い方によって前腕は内側に捻じれていきます。

この捻じれがあると肘が完全に伸びきりません。

私が提唱している手のターンアウトはその捻じれを解消します。

是非、日々のトレーニングに手のターンアウトを取り入れましょう。

詳しくは、ナチュラリゼーションのレッスンを受講される事をお勧めします。

通信講座生も募集中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください