バレエ革命 なぜ日本人はターンアウト出来ないのか?

バレエを習っている方の大きな悩みの一つに、どうすればターンアウトが出来るのか?という悩みがあります。

ターンアウトが上手く出来ないのは遺伝だと決めつけていませんか?

西洋人と日本人では生活習慣が違いますね。

違うという事は、体の使い方も違うという事です。

一番の違いは手の使い方にあります。

西洋人は手を外向きに、逆に日本人は内向きに使う文化があります。

元々踊りというのは、その民族の生活習慣から生まれています。

ですから、手を内向きに使う日本人は西洋のダンスには向かないのです。

あえて西洋の手を作らないと、日本人は上手にバレエを習得出来ません。

私の提唱している『手のターンアウト』を行うと、西洋の手を手に入れる事が出来ます。

股関節と手の動きは連動しているというこの発見は、悩めるバレエダンサーに希望を与えるものです。

ナチュラリゼーションを行うと、バレエは本当は体に優しいものだと気付くはずです。

レッツ、ナチュラリゼーション。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください